若林慎一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若林 慎一郎(若林愼一郎、わかばやし しんいちろう、1929年8月22日 - )は、日本の精神医学者。

島根県浜田市出身。1958年名古屋大学医学部卒、1963年同大学院精神医学博士課程修了、1964年「児童神経症についての一考察」で医学博士。1967年日本福祉大学助教授、1969年名古屋大学医学部付属病院講師、1974年愛知県立心身障害者コロニー・発達障害研究所治療部長、1978年名古屋大学医学部助教授、教授、1993年定年退官、金城学院大学教授、岐阜大学医学部教授[1]。1991-1994年日本児童青年精神医学会理事長[2]

著書[編集]

  • 『登校拒否症』医歯薬出版 小児のメディカル・ケア・シリーズ 1980 『登校拒否』1993
  • 『自閉症児の発達』岩崎学術出版社 1983
  • 『小児のノイローゼ 強迫神経症・チックを中心に』医歯薬出版 小児のメディカル・ケア・シリーズ 1985

共編著[編集]

  • 『児童精神科臨床 3 入院治療 1』山崎晃資共編 星和書店 1982
  • 『児童期の精神科臨床』編 金剛出版 1984
  • 『家庭内暴力』本城秀次共著 金剛出版 1987
  • 『自閉症児の言語治療』西村弁作共著 岩崎学術出版社 1988
  • 『児童青年精神科 現代社会の病理と臨床』編 金剛出版 1989
  • 『精神保健』編 ミネルヴァ書房 保育講座 1990
  • 『青年期の病理と治療』編 金剛出版 1992
  • 『身体化障害 思春期の心とからだ』成田善弘共責任編集 岩崎学術出版社 思春期青年期ケース研究 1997
  • 『精神保健』本城秀次共編 ミネルヴァ書房 保育・看護・福祉プリマーズ 2001

記念論文集[編集]

  • 『思春期精神科症例集 若林慎一郎教授退官記念論文集』金剛出版 (製作発売) 1993

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 「第6代理事長(1991-1994) : 21世紀の児童精神科医療を目指し始めた時期」若林愼一郎「児童青年精神医学とその近接領域」2009-08