若狭敬一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
わかさ けいいち
若狭 敬一
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 岡山県倉敷市
生年月日 (1975-09-01) 1975年9月1日(45歳)
血液型 O型
最終学歴 名古屋大学経済学部
勤務局 CBCテレビ
活動期間 1998年 -
ジャンル スポーツ・情報系
公式サイト CBCアナウンサー・若狭敬一
出演番組・活動
出演中サンデードラゴンズ
CBCドラゴンズナイター
若狭敬一のスポ音』など
出演経歴ユーガッタ!CBC」(金曜現場主義)
晴れドキ
ツー快!お昼ドキッ」など
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

若狭 敬一(わかさ けいいち、1975年9月1日 - )は、CBCテレビ(CBC)のアナウンサー

来歴・人物[編集]

岡山県倉敷市出身。玉島高校を経て、1998年名古屋大学経済学部卒業。金井雄一ゼミ出身[1]

1998年入社(同期アナウンサーは現・フリーアナウンサーの大橋麻美子)。自ら野球を趣味とするスポーツフリークとしても知られている。愛称は「おしゃべりメガネ」。槇原敬之B'z好きを公言している。ラジオにおけるプロ野球実況中に、「フェアか、ファールか」と連呼する口癖がある。

CBCアナウンサーブログ有(〜2019/08/02)

草野球のエース[編集]

  • アナウンサー職と並行しながら草野球でプレーすることを自らのライフワークとしており、現在名古屋市内の草野球チーム「まーぼなす」に所属、同チームのエースとして活躍している。
  • 2006年12月から2007年1月にかけてナゴヤドームで行われた愛知県ナンバーワンのチームを決める草野球トーナメント大会「第1回ドラゴンズ・カップ」にも出場、当初は「大会の注目を集めるための客寄せパンダだ」と揶揄されていたものの、名古屋大学時代準硬式野球部のエースとして鳴らした実績もあってか、大会では好投の連続で「まーぼなす」自体もベスト4まで勝ち進んだ。
  • 社会人である現在の最高球速は125km/h程度。サンデードラゴンズの企画で、共演者の水野裕子との結婚を賭け135km/hを目指したが達成できなかった。
  • CBCの解説者(現・サムスン・ライオンズ二軍監督)である落合英二や、東海ラジオアナウンサーの大澤広樹は草野球仲間で、それぞれのチーム同士でよく試合をする。
  • 東京など、名古屋以外の草野球チームに単身で合流してプレーすることもたまにあると言う程の野球好きである。

バラエティ中心からスポーツ中心へ[編集]

  • 2005年には第30回アノンシスト賞テレビ「フリートーク」部門で最優秀賞を受賞した。2006年よりCBCの看板番組『晴れドキ』の2代目司会を担当した。
  • 2005年秋よりスポーツも担当するようになり、2005年より『若狭敬一のドラゴンズワールド WEEKEND SPECIAL』(毎週金・土曜夕方)を、2006年には『サンデードラゴンズ』の司会も担当する。2006年8月25日に野球実況のデビューはしたが、しばらく中日ドラゴンズの勝ち試合を実況できず、2007年5月17日ナゴヤドームで開催された中日対東京ヤクルトスワローズ戦でようやく勝ち試合を実況出来た。
  • 2009年6月5日ナゴヤドームで開催された交流戦、中日対千葉ロッテマリーンズ戦でテレビ実況デビューを飾る。
  • 野球実況をする際は自ら集めた細かいデータを用意し、実況に織り込んでいる。
  • 2010年6月16日、ナゴヤドームでの岩瀬仁紀の250セーブ達成時の実況を担当した(J SPORTS STADIUMにて)。また、岩瀬がプロ野球新記録となる287セーブを達成した試合ではインタビュアーを務めた。 
  • 毎年、中日が1位指名すると予想される選手をドラフト会議当日に取材しているが、2017年まで5年連続で取材先の選手の抽選を外したことから、ファンの間で「指名を逃す」「指名されない」とすこぶる不評なジンクスになっており、「疫病神」とまで呼ばれてしまっていた[2][3]。地元・岐阜出身の根尾昂大阪桐蔭)の1位指名が予想された2018年は、厄落としとして滝行まで敢行するも、ついに根尾への取材を自粛[4](同年は柳沢彩美が取材を担当)。すると中日は4球団競合の根尾の交渉権獲得に成功し、「取材に行かなくて良かった」と感謝された[2]。2019年も前年同様、滝行敢行のうえドラフト会議当日は「本社内で幽閉」となったところ、中日は3球団競合となった石川昂弥東邦)の交渉権獲得に成功した[5]。翌年も滝行を行い、中日ドラゴンズが単独指名で髙橋宏斗(中京大学附属中京高等学校)を獲得した。
  • ドラ魂キングの金曜日(月末金曜日は除く)、およびカトリーナの全部全力!(不定期)にて、架空の店「喫茶メガネ」のマスターになり、「今月のコーヒー」とB'zの曲しかメニューにないコーナーをもつ。
  • 2020年10月15日に行われた中日ドラゴンズ阪神タイガース戦において、CBCドラゴンズナイター実況を担当。ドラゴンズの高橋周平がタイガースのロベルト・スアレスから打ったサヨナラホームランで幕を閉じた[6]場面で言葉が出ず、「フェアか、ファールか」を連呼し続けた。その後1週間は言葉がでなかった実況を忘れることができず、自身の次の実況においてリベンジを果たそうと口癖を封印し、ネタを準備していた。2020年10月22日のドラゴンズ対横浜DeNAベイスターズ戦でリベンジを果たした。事前に用意したネタは、ベイスターズのネフタリ・ソトが打ったファールポール際の飛球に対し、コメディアンポール牧を連想させる「ポール脇」であった。同日の野球中継後の番組であるドラ魂ナイトにおいて、自らのダジャレのセンスを「私のリベンジのこのダサさ」「最低です」と発言した。

チアドラになる[編集]

  • 2008年、『サンデードラゴンズ』の企画としてチア・ドラゴンズに参加。以降「メガネは踊る」として『サンデードラゴンズ』内でコーナーとなる。
  • 同年6月8日、ナゴヤドームでの中日対東北楽天ゴールデンイーグルス戦の5回裏終了後にチアドラデビューを飾る。
  • 同年8月21日横浜スタジアムのダンスコンテストに参加するため横浜へ。しかし、降雨コールドとなりダンスコンテストも中止となる。中止となったものの、チアドラの衣装を着て大雨の中1人で踊る姿がTBSニュースバードの野球中継やラジオ実況で伝えられた。
  • 同年9月14日、この日の『サンドラ』生放送中に前回のリベンジとして再び横浜に向かうことが伝えられ、そのまま横浜へ直行。この日の中日対横浜ベイスターズ戦5回裏終了後のダンスコンテストにチアドラの衣装で参加。
  • それ以降もチアドラの衣装を着て球場のグラウンドやスタンドなどで踊ったりすることがある。また、hicbcブックスの携帯写真集で同僚のアナウンサーだった佐藤幹朗とチアドラの格好をして登場していた。

滝行[編集]

執筆[編集]

  • 野球専門メディアの「Full-Count」「文春野球コラム」などでコラムを執筆している。

現在の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

ラジオCM[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「TOP > リレーエッセイ > リレーエッセイ第1回 若狭敬一さん(平成10年卒) リレーエッセイ第1回 若狭敬一さん(平成10年卒)」キタン会
  2. ^ a b “【中日】ドラ1根尾も認めた「滝行のおかげ」疫病神CBC若狭アナ幽閉で成就”. スポーツ報知. (2018年10月26日). https://hochi.news/articles/20181026-OHT1T50127.html 2019年4月1日閲覧。 
  3. ^ “根尾の中日入りに竜党「やっぱりな」 “疫病神”CBC若狭アナが会社待機”. スポニチ. (2018年10月25日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/25/kiji/20181025s00041000318000c.html 2018年10月27日閲覧。 
  4. ^ ドラフト取材「自粛」で幸運呼び込め - J-CASTニュース 2018年10月23日 19時10分配信
  5. ^ “中日、抽選2連勝は地元名物アナ“社内幽閉”のおかげ!? 「間違いなく来年も…」”. Full-Count. (2019年10月17日). https://full-count.jp/2019/10/18/post577469/ 2019年10月18日閲覧。 
  6. ^ “中日、高橋のサヨナラ3ランで2位死守 V弾の主将「投手に助けられてきた」”. BASEBALLKING. (2020年10月15日). https://baseballking.jp/ns/251485 2020年12月17日閲覧。 
  7. ^ “燃えドラch#9「サンドラ企画」若狭の滝行プレイバックpart2”. 燃えドラch. (2020年10月24日). https://www.youtube.com/watch?v=de2ga9uxHR8 2020年12月17日閲覧。