若生俊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

若生 俊彦(わこう としひこ、1957年5月19日 - )は、日本の総務官僚。元総務審議官宮城県出身。

来歴[編集]

宮城県仙台第一高等学校を経て[1]、1981年に早稲田大学政治経済学部を卒業し旧行政管理庁入庁。

内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)、総務省大臣官房審議官(行政管理局担当)、総務省行政管理局長、内閣官房内閣人事局人事政策統括官等を経て、 2017年7月に総務省総務審議官(行政制度担当)[2]

2019年7月に退官。

脚注[編集]

[ヘルプ]


先代:
笹島誉行
総務審議官(行政制度担当)
2017年 - 2019年
次代:
長屋聡