若竹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
若竹
Wakatake
三遊亭円楽・旧若竹ビル・1.jpg
円楽党」の看板を掲げた若竹ビル
(2009年12月撮影)
地図
店舗概要
所在地 135-0016
東京都江東区東陽5丁目31-17
開業日 1985年4月
閉業日 1989年11月25日
建物名称 若竹ビル
中核店舗 本文参照
営業時間 施設により異なる
駐車台数 0台
駐輪台数 0台
最寄駅 東京メトロ東西線東陽町駅
最寄バス停 都営バス江東区役所前」停留所(四ツ目通り沿い)
最寄IC 首都高速9号深川線木場出入口
テンプレートを表示

若竹(わかたけ)は、東京都江東区東陽円楽一門会が経営・使用していた寄席である。

概要[編集]

開設に至る経緯[編集]

1978年落語協会を脱会した6代目三遊亭圓生が、ほとんどの一門弟子や孫弟子と共に落語三遊協会を設立したが、翌1979年9月3日に圓生が急死したことから落語三遊協会は自然消滅し、翌1980年2月1日に総領弟子5代目三遊亭圓楽を除く、6代目三遊亭圓窓三遊亭圓彌三遊亭圓丈などは落語協会に復帰した[注 1]

圓楽は1980年大日本落語すみれ会1985年に落語円楽党、1990年円楽一門会に改名)を創立したが、圓楽一門は浅草演芸ホール鈴本演芸場新宿末廣亭池袋演芸場を原則使用することが出来ないため、圓楽は弟子達の稽古場を設けるため自らの私財を投げ打ち、1億4千万円の借金(総額6億円以上)をして1985年4月に寄席若竹をオープンした。

寄席のオーナーを席亭と呼ぶが、江戸時代に始まる落語の歴史上、一落語家が席亭を兼ねることは、極めて稀である。

圓楽の高弟に当たる三遊亭鳳楽三遊亭好楽三遊亭円橘三遊亭楽太郎は、圓楽の命令で若竹でそれぞれ一か月に3回の独演会を開催していた。弟子にも関わらず会場の使用料を一回につき6万円払わせていたため、落語協会の落語家からは陰で「寄席を作った上に弟子から上納金を取ってやがる」と言われていたという[1]

円楽党以外の落語家にも門戸を開放しており、落語芸術協会落語立川流の落語家も賛助会員として出演した。一方落語協会の側では所属落語家の若竹への出演を禁じていた[2][注 2]

若竹オープン時、立川談志は「成功は半分の可能性、下手すると半分以下」と分析している[4]。4年後、若竹が閉場すると圓楽は「松岡(談志の本名)の言う通りだった」と自らの失敗を認めた[要出典]

当時、圓楽が司会を務めていた『笑点』(日本テレビ)では、年に何度か若竹で公開収録が行われていた。若竹閉鎖後も大喜利内で「若竹の跡地」「(若竹の)借金取りに囲まれる」「弟子に潰された」等と頻繁にネタにされていた。このほか、大喜利の座布団10枚の賞品としてパラオに「第2若竹」を建設するという企画が放送されたことがある(獲得者は三遊亭小遊三。1999年6月20日・27日放送。小遊三が現地の人に落語を演じるものだった)。

閉鎖とその後[編集]

しかし若竹は、前述の演芸場とは違いターミナル駅から遠く、立地条件に恵まれなかった。また圓楽の弟子達は営業の仕事を優先し、若竹の出番をしばしば欠席した。圓楽自身も莫大な負債を返済するため、テレビ番組の出演や全国を講演会に回ることで若竹の高座を務めることが難しくなった[5]。これらの理由で若竹の集客数は振るわず、1989年11月25日に閉場となった。

閉場の記者会見は1989年11月9日、若竹の高座に一門の弟子を集めて行われたが、午後10時過ぎに始まり翌日午前1時半過ぎに終わるという異例の会見となった[6]。最終日の25日は5代目圓楽が『芝浜』を披露し万感の思いで終幕を飾った。

閉場後は1階の中華料理店(若竹はビルの2階にあった)が店舗を拡張して使用していたが、2017年現在はフィットネスクラブの「スマートフィット100」が入居している(1階はセブン-イレブン江東区役所前店が入居)。その後、2020年2月にビル屋上看板の「若竹」「円楽党」の文字がはがされているのが確認されている[7]

現在、円楽一門が定席として使用している寄席はお江戸両国亭永谷商事所有)であり、原則毎月1日から15日まで定席興行を行っている。

関連商品[編集]

関連項目[編集]

  • 池之端しのぶ亭 - 5代目圓楽の弟子、三遊亭好楽が自宅に新築した寄席で、若竹と同様に、「潰れた」「解体工事中」などとネタ扱いの対象になることがある。
  • 伊集院光 - 三遊亭楽太郎(現:6代目三遊亭圓楽)の弟子三遊亭楽大として、前座二つ目の修行時代をここで過ごし、閉館直後に落語家を廃業している。
  • 畠山健二 - 作家。演芸作家だった当時、台本を書いた漫才師が若竹に上がったのを機に、円楽一門会の若手落語家と数多く知り合った[8]
  • 新・テレビ・私の履歴書 - 1990年1月31日放送分に5代目圓楽が出演。番組内に最終日の若竹の様子が登場する。放送ライブラリーで視聴可能。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 共に落語協会を脱会した3代目古今亭志ん朝一門、7代目橘家圓蔵一門と2番弟子5代目月の家圓鏡(後の8代目橘家圓蔵)一門は圓生の死に先んじて、落語協会に復帰していた。
  2. ^ ただし、落語協会所属の林家木久蔵(初代、現・林家木久扇)林家こん平桂才賀については、当時五代目圓楽が司会を務めていた『笑点』の大喜利メンバーであり、若竹で公開収録が行われた際に何度か出入りした経験がある[3]

出典[編集]

  1. ^ 三遊亭好楽 (2021年3月26日). “我が道(25) 「三年目」”. スポーツニッポン 
  2. ^ 三遊亭円丈「〈御乱心〉三遊鼎談 三遊亭円丈×三遊亭円楽×三遊亭小遊三」『師匠、御乱心!』〈小学館文庫〉、2018年、278-279頁。ISBN 978-4-09-406499-5。座談会での六代目円楽と進行役の夢月亭清麿の発言。
  3. ^ 笑点 大博覧会 DVD-BOX』 p17 - 18および笑点放送55周年特別記念展の写真より。
  4. ^ 吉川潮. 「戦後落語史」. 新潮新書. p. 109 
  5. ^ 「文藝春秋」写真資料部 (2014年6月9日). “五代目三遊亭円楽に大きな影を落とした「三遊協会」設立騒動”. 文春写真館. 文藝春秋. 2020年11月3日閲覧。 “文中引用されている五代目円楽の言葉の初出は、週刊文春2007年5月3・10日合併号。”
  6. ^ 川戸貞吉; 66-67 (平成2年11月1日). 雑誌「落語」平成元年度東京演芸界年譜. 弘文出版 
  7. ^ 東陽一丁目(@toyo1chome). “東陽五丁目の若竹ビル。”. twitter. 2020年4月5日閲覧。 “屋上の「若竹」「円楽党」の文字がいつの間にか消されていました。”[リンク切れ]
  8. ^ 畠山健二 (2020-09-15). 旅行読売別冊 東京スッタモンダ「東陽町 寄席若竹の思い出」. 旅行読売出版社. pp. 68-69 

座標: 北緯35度40分23.3秒 東経139度48分57.5秒 / 北緯35.673139度 東経139.815972度 / 35.673139; 139.815972