若竹煮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
若竹煮

若竹煮(わかたけに)は、日本煮物料理のひとつ。主に、新タケノコの収穫される春に食される。


作り方[編集]

下茹でしたタケノコを一口大に切り、出汁醤油味醂日本酒砂糖食塩などで作った調味液でゆっくりと煮て、煮あがったら取り出す。残った調味液に一口大に切ったワカメを加えて強火でさっと煮る。なお、ワカメは煮すぎると溶けてしまうことがある。

器にタケノコとワカメを盛って、煮汁をはり、木の芽(山椒の若葉)を添える。

その他[編集]

春に収穫される新タケノコと新ワカメは「春先の出会い物」といわれ、煮物や汁物としてよく組み合わせて使われる。

関連項目[編集]