若者の子守唄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
若者の子守唄
橋幸夫シングル
収録アルバム 橋幸夫ゴールデン・ヒット曲集
(SJV-365)
B面 郷愁
リリース
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル ビクター
作詞・作曲 サトウハチロー(作詞)
鈴木邦彦(作・編曲)
チャート最高順位
月間3位(『平凡』第44回)
橋幸夫 シングル 年表
そばにいておくれ
(1967年7月15日)
若者の子守唄
佐久の鯉太郎
(1967年10月5日)
テンプレートを表示

「若者の子守唄」は、1967年8月15日にビクターレコードより発売された橋幸夫の92枚目のシングルである(SV-599)。

概要[編集]

  • 作詞は戦前から多くの楽曲の詞を手がけたサトウハチロー、作曲はポップス系の鈴木邦彦と異色の組み合わせで、この組み合わせによる楽曲は、橋のリリースしたシングルの中で、本作が唯一のものである。
  • 従来、橋の楽曲は、恩師の佐伯孝夫作詞、吉田正作曲であったが、1964年(昭和39年)ごろから、他の作家の曲が登場し、前年の1966年には、作詞宮川哲夫、作曲利根一郎の「霧氷」(SV-471)で第8回日本レコード大賞を受賞した。
  • 本年からは、ポップス系の作家との共演が始まり[1]、その第一弾が、本作の前作となるなかにし礼作詞、鈴木邦彦作曲の「そばにいておくれ」(7月、SV-584)で、鈴木邦彦との共演は本作で2作目となる。
  • 和洋折衷を狙って、演奏もエレキバンドで津々美洋とオールスターズ・ワゴンが参加し、初共演している。
  • ジャケットにはスクール・メイツともに浴衣姿の橋の写真が使用されているが、橋は「この曲を唄う時は、ジャケットの写真のように浴衣姿で、モロに和洋折衷の面白味を出そうとした」[2]としている。
  • オールスターズ・ワゴンについては「エレキ系統の音楽は、オーケストラじゃなく、こういう特殊なバンドを使わないとできない」と述べている[3]
  • 橋は、1967年の第18回NHK紅白歌合戦で本曲を歌唱している。
  • c/wの「郷愁」は同じサトウハチローの作詞だが、作曲は鈴木淳によるもので、鈴木淳とはその後、シングル、アルバムで共演している。

収録曲[編集]

  1. 若者の子守唄
    作詞:サトウハチロー、作曲:鈴木邦彦
  2. 郷愁
    作詞:サトウハチロー、作曲:鈴木淳、編曲:森岡賢一郎

共演[編集]

  • 津々美洋とオールスターズ・ワゴン
  • スクール・メイツ

収録アルバム[編集]

  • 初期のLP盤のアルバムにあるが、近年の橋のCDでのベスト盤での収録はない。
  • 『東京ビートニクス Vol.2』2002/9(VICL-60954)に収録されている。
  • 橋のCD-BOXでの収録は以下のとおり。
    • 『橋幸夫大全集』1993/9 Disc6
    • 『橋幸夫のすべて』2011/2 Disc2

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 橋幸夫・小野善太郎共著『橋幸夫歌謡魂』ISBN 4-948735-16-7 ワイズ出版(東京)1993/6 68頁
  2. ^ 前掲書 前掲頁
  3. ^ 前掲書 前掲頁