若草萌香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

若草 萌香(わかくさ もえか、11月4日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する娘役。

奈良県生駒市[1]大阪女学院高等学校出身[1]。身長162cm[1]。愛称は「リリ」、「でぃでぃ」[1]

来歴[編集]

2011年、宝塚音楽学校入学。

2013年、宝塚歌劇団に99期生として入団。入団時の成績は9番。雪組公演「ベルサイユのばら」で初舞台[1]

2014年、組まわりを経て花組に配属。

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

花組時代[編集]

  • 2014年6月、『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』(中日劇場) - 女官長
  • 2014年8〜11月、『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』 - 娼婦、新人公演:美容師(本役:真彩希帆
  • 2015年1月、『Ernest in Love』(東京国際フォーラム) - メイド、農民
  • 2015年3〜6月、『カリスタの海に抱かれて』 - 新人公演:ナディア(本役:桜咲彩花)『宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』
  • 2015年7〜8月、『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』『宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』(梅田芸術劇場台北国家戯劇院
  • 2015年10〜12月、『新源氏物語』 - 新人公演:王命婦(本役:芽吹幸奈)『Melodia-熱く美しき旋律-』
  • 2016年2〜3月、『For the people-リンカーン 自由を求めた男-』(シアタードラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場) - 市民
  • 2016年4〜7月、『ME AND MY GIRL』 - 新人公演:アナスタシア・ブラウン夫人(本役:芽吹幸奈)
  • 2016年8月、『Bow Singing Workshop〜花〜』(バウホール
  • 2016年9月、『アイラブアインシュタイン』(バウホール)
  • 2016年11〜2017年2月、『雪華抄(せっかしょう)』『金色(こんじき)の砂漠』 - 新人公演:奴隷ルババ(本役:鞠花ゆめ
  • 2017年3〜4月、『MY HERO』(TBS赤坂ACTシアター・シアタードラマシティ) - マリー・パーカー、ダイアナ・ジョンソン
  • 2017年6〜8月、『邪馬台国の風』 - 娘、新人公演:サオト(本役:白姫あかり)、ハナヒ(本役:華雅りりか)『Santé!!〜最高級ワインをあなたに〜』
  • 2017年10月、『はいからさんが通る』(シアタードラマシティ・日本青年館) - 女学生
  • 2018年1〜3月、『ポーの一族』 - バラの巫女、新人公演:ブラヴァツキー(本役:芽吹幸奈)
  • 2018年5月、『Senhor CRUZEIRO(セニョール クルゼイロ)!-南十字に愛された男-』(バウホール) - フランシスカ
  • 2018年7〜10月、『MESSIAH(メサイア)-異聞・天草四郎-』 - 新人公演:ゆき(本役:芽吹幸奈)『BEAUTIFUL GARDEN-百花繚乱-』 Wエトワール
  • 2018年11〜12月、『蘭陵王(らんりょうおう)-美しすぎる武将-』(シアタードラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場) - 蘭妃
  • 2019年2〜4月、『CASANOVA』 - 新人公演:シルビア・バレッチ(本役:芽吹幸奈)
  • 2019年6〜7月、『花より男子』(TBS赤坂ACTシアター) - 鮎原えりか
  • 2019年6月、『恋スルARENA』(横浜アリーナ) ※6/26のみ特別出演
  • 2019年8〜11月、『A Fairy Tale-青い薔薇の精-』 - 老婦人、新人公演:謎の老婆(本役:美花梨乃)『シャルム!』
  • 2020年1月、『マスカレード・ホテル』(シアタードラマシティ・日本青年館) - 比嘉巡査
  • 2020年7〜11月、『はいからさんが通る』 - 舞踏会の歌手

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、26頁。ISBN 978-4-86649-125-7