若鯉戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

若鯉戦(わかごいせん)は、囲碁棋戦で、日本棋院の30歳以下かつ七段以下の棋士によって争われる。2006年創設。当初は非公式戦であったが、2011年第6回より公式戦となった。正式タイトル名は、協賛企業名を冠した広島アルミ杯若鯉戦である。

  • 主催:日本棋院、日本棋院広島県本部
  • 後援:中国新聞社(第10回 - )
  • 特別協賛:広島アルミニウム工業株式会社
  • 優勝賞金:300万円(第10回 - ) - 第9回までは200万円。副賞として協賛社である広島アルミ工業から優勝杯。

出場棋士[編集]

日本棋院所属の、30歳以下かつ七段以下の棋士が出場する(第10回 - )。

  • 第9回までは、30歳以下かつ六段以下の棋士の出場であった。

方式[編集]

  • トーナメント方式で争われる。予選は各支部で行われ、東京男性・東京女性・関西男性・中部男性・関西中部女性の枠を争う。本選(16名)は、広島県広島市でトーナメント方式で2日に渡って行われる。決勝は1番勝負。非公式戦であった第1回から第5回は、地元広島県在住の山本賢太郎が予選免除で出場していた。
  • コミは、6目半。
  • 持時間は初手から1手30秒で秒読み時計を使用し、1分単位で合計10回の考慮時間がある(いわゆるNHK杯方式)。第3回までは各30分、使い切ってから1分の秒読み式であった。

記録[編集]

  • 第1回優勝の謝依旻は、「男女混合棋戦初の女性棋士としての優勝」。
  • 第15回優勝の藤沢里菜は、「男女混合公式棋戦初の女性棋士としての優勝」。

歴代優勝者と決勝戦[編集]

(左が優勝者)

  1. 2006年 謝依旻 - 李沂修 - 非公式棋戦として開催
  2. 2007年 志田達哉 - 三谷哲也
  3. 2008年 三谷哲也 - 安斎伸彰
  4. 2009年 内田修平 - 山森忠直
  5. 2010年 寺山怜 - 山本賢太郎
  6. 2011年 内田修平 - 志田達哉 - 今大会以降公式棋戦として開催
  7. 2012年 鈴木伸二 - 一力遼
  8. 2013年 一力遼 - 富士田明彦
  9. 2014年 本木克弥 - 六浦雄太
  10. 2015年 寺山怜 - 志田達哉
  11. 2016年 一力遼 - 本木克弥
  12. 2017年 李沂修 - 姚智騰
  13. 2018年 富士田明彦 - 小池芳弘
  14. 2019年 平田智也 - 六浦雄太
  15. 2020年 藤沢里菜孫喆