苦 (仏教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仏教用語
英語 suffering, pain, unsatisfactoriness, etc.
パーリ語 dukkha
(Dev: दुक्ख)
サンスクリット語 duḥkha
(Dev: दुःख)
ベンガル語 দুঃখ dukkhô
ビルマ語 ဒုက္ခ
(IPA: [doʊʔkʰa̰])
中国語
(ピン音)
日本語
(ローマ字: ku)
クメール語 ទុក្ខ
(Tuk)
韓国語
(ko)
シンハラ語 දුක්ඛ සත්යය
チベット語 སྡུག་བསྔལ།
(Wylie: sdug bsngal;
THL: dukngal
)
タイ語 ทุกข์
ベトナム語 khổ / Bất toại
テンプレートを表示

仏教における(く)とは、パーリ語サンスクリット語ドゥッカ: dukkha: दुःख, duḥkha)に由来する概念。中国仏教においてと漢訳された。苦しみや悩み[1]、精神や肉体を悩ませる状態を指す[2]。対義語は(スカ)。

仏教は無常、苦、無我の3つで三相を形成する[3]四諦の4つすべては苦に関する真理である[4]。仏教は、この苦の滅尽をめざす学問体系である。

語源[編集]

「ドゥッカ」の「ドゥッ」(duḥ = dus)は、「悪い」という意味、「カ」(kha) は「空間」、「」の意味である。ウィンスロップ・サージェント(Winthrop Sargeant)によれば、「ドゥッカ」という言葉は車軸が真ん中を通っておらず、乗り心地の悪い様に由来するという。サージェントによれば、ドゥッカとは、もともと「悪い車軸の穴」というような意味をもち、転じて「不快」を意味した[5]

概要[編集]

「苦(ドゥッカ)」と「苦しみ」は異なり、「苦しみ」は、苦の一部にすぎないとする立場もある[6]スマナサーラ長老によると、釈迦の説くドゥッカは、現代語の「苦」とは別物である。現代語の苦は具体的には、肉体的な苦痛と精神的な苦痛とがあるが、スマナサーラによれば仏教で説くドゥッカには、「苦しみ」、「虚しい事」、「不完全である事」、「無常である事」の4つの意味が含まれるという[7]それら精神的な側面を苦(ドゥッカ)と表現しているのである。[要出典]したがって、覚りを得たからといって、病気や肉体的な苦痛が無くなる訳ではない。仏典や伝承には、肉体的な苦痛に耐える釈迦が描かれており、釈迦が病死したことは間違いないとされている(大乗仏教では仏の方便として演じたものとして教えている)。

Katamā ca bhikkhave, sammādiṭṭhi? Yaṃ kho bhikkhave, dukkhe ñāṇaṃ dukkhasamudaye ñāṇaṃ dukkhanirodhe ñāṇaṃ dukkhanirodhagāminiyā paṭipadāya ñāṇaṃ, ayaṃ vuccati bhikkhave, sammādiṭṭhi.

比丘たちよ、正見とは何か。実に比丘たちよ、苦についての智、苦の集起についての智、苦の滅尽についての智、苦の滅尽に至る道についての智を正見とよぶ。

パーリ仏典, 相応部 道相応 44 Magga Saṃyutta, Avijjāvaggo, Sri Lanka Tripitaka Project

四苦八苦[編集]

二苦[編集]

このような精神的な苦と肉体的な苦とは、人間自身の内的な苦であるから、これを内苦といい、他人から迫害されたり、自然の力によって悩まされたりするなどの苦を外苦とよぶ場合もある。

三苦[編集]

これは一般に後世、苦を説明する時にいわれる三苦にもよく示される。三苦とは、苦苦、壊苦(えく)、行苦の三つである。

苦苦[編集]

苦苦(くく、duḥkha-duḥkha) とは、「苦痛を苦とする状態」を意味する。「苦事の成るによって成立する苦」などと説明され、「飢渇によって生ずる苦」といわれるから、外的な、感覚的な苦である。このような苦が人間にとって第一段階の苦で、自然的、基礎的なものである。[独自研究?]

壊苦[編集]

壊苦(えく、vipariṇāma-duḥkha) とは「壊滅の苦の状態」である。「ヴィパリナーマ」とは「悪い方へ変化する」という意味であるから、好もしくない状態をあらわすのである。「楽事の去るによって成ずる苦」とも説明される。「壊滅」とは、その点で「楽境壊滅」(らくきょうえめつ)の意味であるという。すなわち、人間にとって好もしいと感ずる対象が、次々とこわされてゆく時に感ずる苦である。この第二の苦の中に、人間が一般に感ずる苦は含まれる。[独自研究?]

vi+pariṇāmapariṇāmaは、唯識でいう「識の転変(vijñāna-pariṇāma)」とほぼ同じ意味で使われていることからも、この壊苦は「心の変化に応じて生ずる苦しみ」の事を指している、と考えられる。[独自研究?]

行苦[編集]

飢えることは、最悪の病である。
サンカーラは、最悪の苦しみである。
このことをあるがまま知る者にとって、
涅槃は最高の幸福である。
ダンマパダ,203 [8]

行苦(ぎょうく、saṃskāra-duḥkha) とは「生起の苦の状態」といわれる[要出典]。行(サンカーラ)の意味は、「作られたもの」ということで、生存していること自体を指しているから、一切の存在が無常であることによって遷り流れてゆくところに感じとられる苦である。とくに、人間生存の無常という事実の中に感ずる苦であるから、生存苦、生きること自身が苦であることを示した。[要出典]

したがって、苦苦も壊苦も、この行苦を根本として起ってくるといえる。[独自研究?]その意味で、行苦や五蘊盛苦は、人間の根本的な苦を示す。仏教は、根本的には生きていること自体が苦であるという形而上学的な考え方をもととして、人間の「自分が」という我執こそ苦の根本であると言う。

英訳について[編集]

仏教経典の現代的な翻訳者は、さまざまな英単語を使用して duḥkha の側面を伝えている。初期の西洋の経典翻訳者(1970年代以前)は、一般的にパーリ語の dukkha を「苦痛(suffering)」と翻訳していた。後の翻訳者は、苦痛(suffering)では duḥkha という用語の翻訳が限定的すぎることを強調し、duḥkha と未翻訳のままにするか、不安(anxiety)、ストレス(distress)、欲求不満(frustration)、心配(unease)、不満足(unsatisfactoriness)などの用語でその翻訳を明確にすることを好んだ[9][10][11]。多くの現代の師、学者、翻訳者は、unsatisfactoriness(不満足)という用語を使用してdukkhaの微妙な側面を強調している[12][13][14][15][16]。現代の翻訳者はさまざまな英単語を使用してduḥkhaという用語を翻訳しており、多くの翻訳者はこの用語を未翻訳のままにすることを好んだ[17]

  • Suffering (Harvey, Williams, Keown, Anderson, Gombrich, Thich Nhat Hanh, Ajahn Succito, Chogyam Trungpa, Rupert Gethin, Dalai Lama, et al.)
  • Pain (Harvey, Williams, Keown, Anderson, Huxter, Gombrich, et al)
  • Unsatisfactoriness (Dalai Lama, Bhikkhu Bodhi, Rupert Gethin, et al.)
  • Stress Thanissaro Bhikkhu[18][19]
  • Sorrow
  • Anguish
  • Affliction (Brazier)
  • Dissatisfaction (Pema Chodron, Chogyam Trunpa)
  • Distress (Walpola Rahula)
  • Frustration (Dalai Lama, Four Noble Truths, p. 38)
  • Misery
  • Anxiety (Chogyam Trungpa, The Truth of Suffering, pp. 8–10)
  • Uneasiness (Chogyam Trungpa)
  • Unease (Rupert Gethin)
  • Unhappiness

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 三枝充悳「苦」 - 日本大百科全書(ニッポニカ)、小学館。
  2. ^ 「苦」 - 大辞林 第三版、三省堂
  3. ^ アルボムッレ・スマナサーラ 2015, Kindle版、位置No.全2025中 3 / 0%.
  4. ^ アルボムッレ・スマナサーラ 2015, Kindle版、位置No.全2025中 134 / 7%.
  5. ^ Sargeant, Winthrop , The Bhagavad Gita, SUNY Press, 2009. p.303
  6. ^ アルボムッレ・スマナサーラ 『無我の見方』 サンガ、2012年、Kindle版、位置No.全1930中 134 / 7%。ISBN 978-4905425069。 
  7. ^ アルボムッレ・スマナサーラ 2015, Kindle版、位置No.全2025中 1078 / 53%.
  8. ^ アルボムッレ・スマナサーラ 『原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話』 佼成出版社、2003年、Kindle版, 4.6。ISBN 978-4333020447。 
  9. ^ Walpola Rahula 2007, Kindle locations 524-528.
  10. ^ Prebish 1993.
  11. ^ Keown 2003.
  12. ^ Dalai Lama 1998, p. 38.
  13. ^ Gethin 1998, p. 61.
  14. ^ Smith & Novak 2009, Kindle location 2769.
  15. ^ Keown 2000, Kindle Locations 932-934.
  16. ^ Bhikkhu Bodhi 2011, p. 6.
  17. ^ Walpola Rahula 2007, Kindle Locations 542-550.
  18. ^ https://www.accesstoinsight.org/tipitaka/sn/sn56/sn56.011.than.html
  19. ^ https://www.accesstoinsight.org/tipitaka/sn/sn22/sn22.086.than.html bottom

参考文献[編集]

  • アルボムッレ・スマナサーラ 『苦の見方』 サンガ (出版社)、2015年。ISBN 978-4865640199。 
  • Gethin, Rupert (1998), Foundations of Buddhism, Oxford: Oxford University Press, ISBN 978-0192892232, https://archive.org/details/foundationsofbud00rupe 
  • Nyanatiloka (1980), Buddhist Dictionary, Buddhist Publication Society 
  • Emmanuel, Steven M. (2015), A Companion to Buddhist Philosophy, John Wiley & Sons 
  • Anderson, Carol (2013), Pain and Its Ending: The Four Noble Truths in the Theravada Buddhist Canon, Routledge 
  • Bhikkhu Bodhi (2011), The Noble Eightfold Path: Way to the End of Suffering, Independent Publishers Group, Kindle Edition 
  • Dalai Lama (1998), The Four Noble Truths, Thorsons 
  • Walpola Rahula (2007), What the Buddha Taught, Grove Press, Kindle Edition 

関連項目[編集]