苫前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
苫前駅
とままえ
Tomamae
上平 (3.9km)
所在地 北海道苫前郡苫前町字苫前
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 羽幌線
キロ程 50.5km(留萠起点)
電報略号 トイ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1932年昭和7年)9月1日
廃止年月日 1987年昭和62年)3月30日
備考 羽幌線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の苫前駅と周囲約500m範囲。右上が羽幌方面。単式ホーム1面1線、駅舎横の貨物ホームに引込み線、駅裏の貨物ホーム側に副本線が2本見えるが、島式ホームは確認出来ない。この町の基幹産業は水産業と農業であり、駅裏のヤードには倉庫が見える。副本線には北と南に、DE15とそのラッセルヘッド車らしき車両が見える。1965年頃まで苫前港から天売、焼尻への定期航路があり、この駅を利用した人や物資の往来も多かった。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

苫前駅(とままええき)は、北海道留萌管内苫前郡苫前町字苫前にかつて存在した、日本国有鉄道(国鉄)羽幌線廃駅)である。電報略号トイ。羽幌線の廃線に伴い、1987年(昭和62年)3月30日に廃駅となった。

1986年(昭和61年)10月まで運行されていた、急行「はぼろ」の停車駅であった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点で、1面1線の単式ホームを有する地上駅であった。ホームは、線路の西側(幌延方面に向かって左手側)に存在した。かつては、単式ホーム・島式ホームを複合した計2面3線のホームと線路、及び貨物側線を有する列車交換が可能な交換駅であった。廃止後撤去された島式ホーム跡への1線が側線として残っており、そのほか幌延方から駅舎側に分岐した側線を1線有していた。

業務委託駅となっており[2]、駅舎は構内の西側に位置し、ホームから少し離れていた。

駅名の由来[編集]

当駅が所在していた地名より。地名は、アイヌ語の「トマ・オマ・イ→トママイ」(エゾエンゴサク・ある・処)に由来する。

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日当たりの乗降客数は153人[2]

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

苫前駅跡(とままえ農村公園)

駅舎やホームなどは既に撤去され、1999年(平成11年)時点では、「構内食堂」の看板を持つ廃屋が残存していた[3]2010年(平成22年)時点では駅跡周辺が「農村公園」に整備され、農業倉庫が残る[4]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
羽幌線
上平駅 - 苫前駅 - <興津仮乗降場> - 羽幌駅

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1981年(昭和56年)4月時点では直営駅[1]、1983年(昭和58年)7月時点では業務委託駅であった[2]

出典[編集]

  1. ^ 川岸明彦 『私鉄駅名全百科』65、鉄道友の会東京支部、小学館〈コロタン文庫〉、1981年9月、23頁。ISBN 978-4092810655。
  2. ^ a b c d 『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』 宮脇俊三原田勝正、小学館、1983年7月、200頁。ISBN 978-4093951012。
  3. ^ 『鉄道廃線跡を歩くVI』 宮脇俊三、JTBパブリッシングJTBキャンブックス〉、1999年3月、25-26頁。ISBN 978-4533031502。
  4. ^ 『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』 今尾恵介、JTBパブリッシング、2010年3月、45-46頁。ISBN 978-4533078583。

関連項目[編集]