苫小牧警察署

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Asahikage.svg 北海道札幌方面苫小牧警察署 Japanese Map symbol (Police station).svg
Tomakomai Police Station.jpg
都道府県警察 北海道警察
管轄区域 苫小牧市白老郡白老町勇払郡安平町、勇払郡厚真町、勇払郡むかわ町
課数 11
交番数 14
駐在所数 10
所在地 053-0018
北海道苫小牧市旭町3丁目5-12
位置 北緯42度38分02秒
東経141度36分14秒
座標: 北緯42度38分02秒 東経141度36分14秒
外部リンク 苫小牧警察署
テンプレートを表示

苫小牧警察署(とまこまいけいさつしょ)は、北海道警察本部が管轄する札幌方面の警察署の一つである。大規模署であり、署長は警視正

所在地[編集]

管轄地域[編集]

沿革[編集]

  • 1883年 室蘭警察署勇払分署が設置される。
  • 1889年 勇払分署が苫小牧分署に改称される。
  • 1921年 苫小牧警察署に昇格する。
  • 1947年 警察法の施行により苫小牧地方警察署と苫小牧町警察署と分離発足し、同時に苫小牧地区署と国警苫小牧方面本部が設置される。
  • 1948年 苫小牧方面本部が廃止されて札幌方面本部の管轄下に入る。
  • 1954年 警察法の改正により北海道警察に統合され、札幌方面苫小牧警察署となり、現在に至る。

組織[編集]

  • 署長(警視正)
  • 副署長(警視)
  • 警務官兼警務課長 - 警務課、会計課、留置管理課
  • 地域官兼地域課長 - 地域課
  • 刑事・生活安全官 - 刑事第1課、刑事第2課、刑事第3課、生活安全課
  • 交通官 - 交通第1課、交通第2課
  • 警備課

交番・駐在所[編集]

括弧内は所在地を表す。

苫小牧市[編集]

  • 糸井交番(苫小牧市しらかば町5-6-19)
  • 駅前交番(苫小牧市表町6-4-3)
  • 木場交番(苫小牧市木場町2-9-29)
  • 錦岡交番(苫小牧市青雲町1-22-7)
  • 沼ノ端交番(苫小牧市沼ノ端中央3-2-8)
  • 沼ノ端北交番(苫小牧市北栄町3-3-10)
  • 双葉交番(苫小牧市双葉町2-1-8)
  • 本町交番(苫小牧市本町1-1-13)
  • 美園交番(苫小牧市美園町1-4-3)
  • 山手交番(苫小牧市北光町2-15-12)
  • 弥生交番(苫小牧市弥生町2-2-7)
  • 勇払駐在所(苫小牧市字勇払27-1)

厚真町[編集]

  • 厚真駐在所(勇払郡厚真町京町31)
  • 上厚真駐在所(勇払郡厚真町字上厚真251-11)

安平町[編集]

  • 安平駐在所(勇払郡安平町安平671-4)
  • 追分駐在所(勇払郡安平町追分本町5-44-1)
  • 遠浅駐在所(勇払郡安平町遠浅14)
  • 早来駐在所(勇払郡安平町早来大町130-2)

白老町[編集]

  • 白老交番(白老郡白老町東町1-5-18)
  • 萩野交番(白老郡白老町字萩野77-15)
  • 虎杖浜駐在所(白老郡白老町字虎杖浜14-2)
  • 竹浦駐在所(白老郡白老町字竹浦36-1)

むかわ町[編集]

  • 鵡川交番(勇払郡むかわ町花園3-21)
  • 穂別駐在所(勇払郡むかわ町穂別29-26)

補足[編集]

  • 署長は国家公務員である警視正である。
  • 苫小牧署内には、警察本部交通部交通機動隊苫小牧分駐所がある(2005年に覆面パトカーで国道36号線を緊急走行中に事故を起こし、一度解隊されている)。
  • 2010年より機能強化を図るため各課の統合を行い、課長に警視を充て、その下に警部の統括官を配置した。
  • 2012年より各課の統括官を課長代理に改称した。
  • 2013年より各課を統括するため警務官などの管理官級ポストを新設し警視を充て、各課の課長を警部とした。

その他[編集]

  • 2012年2月3月、署長、副署長共に更迭されるという出来事があった[1]

[2]

出典[編集]