英照皇太后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
英照皇太后
第122代天皇嫡母
皇太后 慶応4年(1868年3月18日

誕生 1835年1月11日
天保5年12月13日
日本の旗 日本山城国愛宕郡下鴨村
(現:京都市左京区下鴨)南大路家
崩御 (1897-01-11) 1897年1月11日(62歳没)
日本の旗 日本東京府東京市赤坂区
(現:東京都港区元赤坂青山御所
陵所 京都府京都市東山区 後月輪東北陵
夙子(あさこ)
旧名 九条夙子
追号 英照皇太后
1897年(明治30年)1月30日追号勅定
幼称 基君(のりきみ)
氏族 九条家藤原氏
父親 九条尚忠
母親 菅山(南大路長尹の娘)
配偶者 孝明天皇
入内 弘化2年(1845年9月14日
子女 順子内親王・富貴宮
養子女 明治天皇
女御宣下 嘉永元年(1848年12月15日
准后 嘉永6年(1853年5月7日
身位 女御→(准三宮)→皇太后
栄典 宝冠大綬章
テンプレートを表示

英照皇太后(えいしょうこうたいごう、1835年1月11日天保5年12月13日[注釈 1] - 1897年明治30年〉1月11日)は、孝明天皇女御明治天皇の嫡母(実母ではない)として皇太后に冊立された。旧名、九条 夙子(くじょう あさこ)。

生涯[編集]

父は九条尚忠、母は賀茂神社氏人・南大路長尹の娘・菅山。九条道孝の実姉、貞明皇后の伯母にあたる。名は初め「基君(のりきみ)」。

山城国愛宕郡下鴨村(現:京都市左京区下鴨)の南大路家で誕生し、弘化2年(1845年9月14日、12歳の時に、3歳年上の東宮・統仁親王(のちの孝明天皇)の妃となる。結婚翌年には孝明天皇が即位し、嘉永元年(1848年12月7日従三位に叙され、同月15日に入内して女御宣下を被る。孝明天皇は夙子の立后を望んだが、先ず准三宮に叙すべしという幕府の反対にあい、嘉永6年(1853年5月7日、夙子は正三位・准三宮に上る。

嘉永3年(1850年)に第一皇女・順子内親王(1850年 - 1852年)、安政5年(1858年)に第二皇女・富貴宮(1858年 - 1859年)を生んだが、いずれも幼児期に夭折したため、万延元年(1860年7月10日勅令により中山慶子の生んだ第二皇子・祐宮睦仁親王(当時9歳、後の明治天皇)を「実子」と称した。

33歳で夫孝明天皇の急逝に遭い、明治天皇即位後の慶応4年(1868年3月18日皇太后に冊立。皇后を経ずして皇太后となった。東京奠都後、明治5年(1872年)、赤坂離宮に遷御、明治7年(1874年)に赤坂御用地に移る。

明治30年(1897年1月11日崩御享年64(満62歳没)。1月30日に「英照皇太后」の追号を奉られた。同年に大喪の記録として和装本『英照皇太后大喪記事』、『英照皇太后之御盛徳』、『英照皇太后陛下御大葬写真帖』が出されている。

御陵は京都市東山区今熊野の後月輪東北陵(のちのつきのわのとうほくのみささぎ)で、孝明帝と同所である。

なお、京都大宮御所は、彼女のために慶応3年(1867年)造営されたものである。

人物[編集]

孝明天皇の影響からかを好み、明治11年(1878年)には青山御所に能舞台が建てられている[1]。 明治14年(1881年)に誕生した日本最初の能楽堂「芝能楽堂」も、皇太后の鑑賞に供することが設立目的の一つだった[2]

皇太后からの注文は時に本職の能楽師をすらたじろがせるほど「渋い」もので[3]、当時名人と併称された梅若実宝生九郎の2人にそれぞれ同じ曲を舞わせ、その芸の違いを楽しんだこともあった[4]

栄典[編集]

出典[編集]

  1. ^ 古川久『明治能楽史序説』わんや書店、1969年、p.23
  2. ^ 池内信嘉『能楽盛衰記』(増補・復刻版)東京創元社、1992年(初版:1925〜1926年)、p.109
  3. ^ 池内信嘉『能楽盛衰記』(増補・復刻版)東京創元社、1992年(初版:1925〜1926年)、p.191
  4. ^ 古川久『明治能楽史序説』わんや書店、1969年、p.33
  5. ^ 『官報』第1605号「宮廷録事」1888年11月2日。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 天保4年11月13日1833年12月23日)誕生とする資料もあるが、これは誤り。皇太子統仁親王との婚姻時、親王との年齢差「中四つ」(3歳違い)を忌み嫌う風習があったので、一年早い天保4年を公式の生年としたのが真相である(小学館日本大百科全書:ニッポニカ』「英照皇太后」の項目、河内八郎執筆)。

関連項目[編集]