英祖 (琉球国王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
英祖
琉球国中山王
在位 1260年 - 1299年
全名 英祖
神号 英祖日子
居城 浦添城
出生 1229年
死去 1299年8月31日
王世子 大成
王朝 英祖王統
父親 恵祖世主
テンプレートを表示

英祖(えいそ、1229年紹定2年)? - 1299年8月31日大徳3年8月5日)?)は、『中山世鑑』や『中山世譜』などの琉球王国の歴史書に登場する王である。

概要[編集]

[1]
それらの史書によると、英祖は沖縄本島で最初に王朝を築いた神の子の王統とされる天孫氏の最後の王、思金松兼王(25代目)の四男・西原王子(思次良金)の世子である伊祖城の恵祖世主(浦添按司)の子であり、舜天王統の義本からの禅譲を受けて5代90年にわたる英祖王統を築いたとされる。また、彼の生誕時に母親が太陽を飲み込む夢を見たところから、「てぃだこ(太陽の子、の意)」とも呼ばれたという。

おもろさうし』巻十二・六七一では、「伊(ゑ)祖の戦思(も)ひ」と記されているが、この「いくさおもい(イクサモヒ)」とは英祖の若い頃の尊称であり(『おもろさうし』の原注に記述あり)、「戦いに勝れた人」の意である[2]

なお、英祖在位中の13世紀半ばには、南宋から僧禅鑑が来沖し、仏教が伝来したという。

浦添市にある浦添ようどれは英祖の存在を示す数少ない建築物である[3]

日本で文永の役1274年)と弘安の役1281年)の二度の元寇で日本上陸に失敗した元軍1291年沖縄への上陸を試みて沖縄へと攻め入ってきたが英祖によって撃退されている。

家族[編集]

  • 父:恵祖世主(浦添按司・伊祖城主)
  • 母:不詳
  • 妃:不詳
  • 世子:大成(二代目国王)
  • 次男:湧川王子(今帰仁城主、北山王)
    • 孫:湧川按司(長子、今帰仁城主、北山王)
      • ひ孫:今帰仁按司(長子、今帰仁城主、北山王)
        • 玄孫:仲昔今帰仁按司(今帰仁城主、丘春)
          • 来孫:今帰仁仲宗根若按司(今帰仁城主、怕尼芝との戦いの末に戦死)
      • ひ孫:湧川按司二世(次男)
        • 玄孫:怕尼芝(羽地按司、初代後北山王)
          • 来孫:(2代目 後北山王)

参考文献[編集]

  1. ^ 沖縄の歴史 舜天・英祖王統
  2. ^ 角田文衛 上田正昭 監修 『古代王権の誕生 Ⅰ 東アジア編』 角川書店 2003年 p.128.
  3. ^ 沖縄門中大辞典・那覇出版社

関連項目[編集]