英雄は嘘がお好き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
英雄は嘘がお好き
Le Retour du héros
監督 ローラン・ティラール
脚本 ローラン・ティラール
グレゴワール・ヴィニュロン
製作 マルク・デュジャルダン
オリヴィア・ラガシュ
出演者 ジャン・デュジャルダン
メラニー・ロラン
音楽 マチュー・ランボレフランス語版
撮影 ギヨーム・シフマン
編集 ヤン・マルコール
製作会社 JD Prod
Les Films sur Mesure
スタジオカナル
フランス3シネマ
Nexus Factory
Umedia英語版
GV Prod
配給 フランスの旗 スタジオカナル
日本の旗 松竹
公開 フランスの旗 2018年2月14日
日本の旗 2019年10月11日
上映時間 91分
製作国 フランスの旗 フランス
ベルギーの旗 ベルギー
言語 フランス語
製作費 €9,700,000[1]
興行収入 世界の旗 $7,362,730[2]
フランスの旗 $6,486,088[3]
テンプレートを表示

英雄は嘘がお好き』(えいゆうはうそがおすき、Le Retour du héros)は2018年フランスベルギーロマンティック・コメディ映画。 監督はローラン・ティラール、出演はジャン・デュジャルダンメラニー・ロランなど。 1809年のフランスブルゴーニュを舞台に、戦地から還らない婚約者を待つ健気な妹のために姉がついた嘘を利用して一儲けしようと企む婚約者の男が巻き起こすロマンスと騒動を描いている[4]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

  • シャルル=グレゴワール・ヌヴィル大尉: ジャン・デュジャルダン
  • エリザベット・ボーグラン: メラニー・ロラン
  • ポリーヌ・ボーグラン: ノエミー・メルランフランス語版 - エリザベットの妹。ヌヴィルの婚約者。
  • モルティエ=デュプレシ将軍: フェオドール・アトキンフランス語版
  • ボーグラン氏: クリスチャン・ビジューフランス語版 - エリザベットとポリーヌの父。
  • ボーグラン夫人: エヴリーヌ・バイルフランス語版 - エリザベットとポリーヌの母。
  • ニコラ・ボンヴァレ: クリストフ・モンテネフランス語版 - 気弱な青年。後にポリーヌの夫に。
  • ロワゾー氏: ジャン=ミシェル・ラーミフランス語版 - ヌヴィルに投資した男。
  • デュノワイエ氏: ローラン・バトーフランス語版 - ヌヴィルを屋敷に住まわせた男。ヌヴィルに投資。

製作[編集]

ヒロインを演じたメラニー・ロランは本作で初めてコメディ映画に出演した[5]

作品の評価[編集]

アロシネによれば、24件のメディアによる評論のうち、ル・モンドL'Obsフランス語版プレミアのみが5点満点中1点をつけているが、それ以外は全て3点以上をつけており、平均して3.4点となっている[6]

Rotten Tomatoesによれば、14件の評論のうち79%にあたる11件が高く評価し、平均して10点満点中6.5点を得ている[7]

出典[編集]

  1. ^ Le Retour du Héros (Return of the Hero) (2018)” (フランス語). JP's Box-Office. 2019年7月16日閲覧。
  2. ^ Return of the Hero” (英語). Box Office Mojo. 2019年10月16日閲覧。
  3. ^ Return of the Hero” (英語). Box Office Mojo. 2019年7月16日閲覧。
  4. ^ 英雄は嘘がお好き”. ヒューマントラストシネマ渋谷. 2019年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月16日閲覧。
  5. ^ ““英雄”ジャン・デュジャルダン、メラニー・ロランに求婚?『英雄は嘘がお好き』予告”. cinemacafe.net. (2019年7月12日). https://www.cinemacafe.net/article/2019/07/12/62535.html 2019年7月16日閲覧。 
  6. ^ Critiques Presse pour le film Le Retour du Héros” (フランス語). AlloCiné. 2019年7月16日閲覧。
  7. ^ Return of the Hero (Le Retour du Héros) (2018)” (英語). Rotten Tomatoes. 2019年7月16日閲覧。