茂木七郎右衛門 (6代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
6代茂木七郎右衛門

六代 茂木 七郎右衛門(ろくだい もぎ しちろうえもん、1860年3月16日万延元年2月24日[1][2] - 1929年昭和4年)4月19日)は、日本の醤油醸造家実業家資産家[3]、千葉県多額納税者[2][4][5]。野田醤油(現・キッコーマン)初代社長。野田商誘銀行頭取[2][4]野田人車鉄道顧問[4]千秋社代表社員[6]。族籍は千葉県平民[2][7]。旧名は兵三郎[7]

人物[編集]

下総国野田(現・千葉県野田市)出身。茂木柏衛の長男[2][7]。あるいは茂木七郎右衛門の長男[6]1896年家督を相続し旧名兵三郎を改めた[2][7]。醤油醸造業を営んだ[2]。野田醤油社長、野田商誘銀行頭取、万上味淋、北総鉄道取締役等をつとめた[8]貴族院多額納税者議員選挙の互選資格を有した[1]紺綬褒章を賜る[6]

実業家の岩崎清七は、先代の時代から茂木家に大豆や小麦を納ていた関係から、生涯幾度となく七郎右衛門に資金援助をしてもらい、恩人としている[9]

家族・親族[編集]

茂木家

千葉県東葛飾郡野田町[7]

  • 父・柏衛(埼玉、三浦荒太郎の二男)[7]
  • 長兵衛(中野長兵衛の家督を相続[7]、千葉県多額納税者、醤油問屋業)
1864年 -
1872年 -
  • 妹・ひで(千葉、茂木房五郎の妻)[7]
1873年 -
  • 妻・つや(東京、山本徳次郎の妹[6][7]、山本徳次郎の姉[8]
1875年 -
1884年 -
1887年 -
  • 長女・(茂木信一の妻)[6]
1891年 -
  • 婿養子・信一(埼玉、須田守三の次男、長女・義の夫)[2]
1886年 -
親戚

脚注[編集]

  1. ^ a b 『貴族院多額納税者名鑑』166頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第5版』も2頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月7日閲覧。
  3. ^ 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』4頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月16日閲覧。
  4. ^ a b c 『大正人名辞典』812頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月18日閲覧。
  5. ^ 『日本紳士録 第32版』附録 全国多額納税者 群馬県 千葉県23頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月27日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第8版』モ1-2頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月27日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録 第4版』も2頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月18日閲覧。
  8. ^ a b 『人事興信録 第7版』も2頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月19日閲覧。
  9. ^ 『欧米遊蹤』岩崎清七、アトリエ社、1933、p104

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』時事新報社、1916年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 東洋新報社編『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 織田正誠編『貴族院多額納税者名鑑』太洋堂出版部、1926年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第32版』交詢社、1928年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 森川英正『日本財閥経営史 地方財閥』日本経済新聞社、1985年。
  • 佐藤朝泰『豪閥 地方豪族のネットワーク』立風書房、2001年。

関連項目[編集]