茂木七郎治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

茂木 七郎治(もぎ しちろうじ、1898年明治31年)9月12日[1] - 1993年平成5年)1月1日[2])は、日本商人肥料商)[3]実業家。野田運輸、花畑乗合自動車各代表[1]。野田自動車運輸代表[1]総武鉄道常務取締役[4][5][6]。柏屋商事監査役[4][5][6]野田商誘銀行支配人[3][5]。前名・高治郎[5][6][7]

人物[編集]

千葉県東葛飾郡野田町(現・野田市)出身。茂木七郎治の長男[5][6]明治中学卒業[1]。野田醤油(現・キッコーマン)に入社し、後総武鉄道に転社した[1]明治大学に学んだ[4][5][6]1918年家督を相続し、高治郎を改め襲名した[5][6]。趣味は読書、旅行[1]囲碁[5][6]。宗教は真言宗[1][4][5][6]

家族・親族[編集]

茂木家

千葉県野田市野田

茂木七郎治家の初代は、三代七郎右衛門の次男であり、幼名を善三郎と称し、安政5年分かれて一家を起こした[8]。初代は勤倹質素の人、しかも公共慈善に尽くすことを楽しみとした[8]
林景(りんけい)と号して歌事を楽しみ、俳句に長じた[8]
1866年 -
  • 母・ふみ[3]
  • 弟・専之助(千葉、小宮六兵衛の養子)[5][6]
1902年 -
  • 姉・ヨシ(東京、酒井米次郎の妻)[5][6]
1894年 -
  • 妻・(千葉、藤崎勘三郎の二女)[5][6]
1898年 -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』千葉33頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月10日閲覧。
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、1237頁。
  3. ^ a b c 『人事興信録 第11版 下』モ2頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月10日閲覧。
  4. ^ a b c d 『人事興信録 第13版 下』モ2頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月10日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 『人事興信録 第12版 下』モ1頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月10日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第14版 下』モ1頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月10日閲覧。
  7. ^ a b c 『人事興信録 第4版』も2頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月10日閲覧。
  8. ^ a b c d 『極秘日本富豪の家憲』167頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 岩崎徂堂『極秘日本富豪の家憲』大成館、1916年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 下』人事興信所、1937-1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 下』人事興信所、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』帝国秘密探偵社、1943年。
  • 森川英正『日本財閥経営史 地方財閥』日本経済新聞社、1985年。

関連項目[編集]