茂森町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本 > 青森県 > 弘前市 > 茂森町
茂森町
茂森町の位置(青森県内)
茂森町
茂森町
茂森町の位置
座標: 北緯40度35分50.2秒 東経140度27分35.66秒 / 北緯40.597278度 東経140.4599056度 / 40.597278; 140.4599056
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aomori Prefecture.svg 青森県
市町村 Flag of Hirosaki, Aomori.svg 弘前市
人口 (2017年(平成29年)6月1日現在)[1]
 - 計 391人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 036-8217
市外局番 0172[2]
ナンバープレート 青森

茂森町(しげもりまち)は、江戸期から現在にかけての青森県弘前市の地名。郵便番号は036-8217。2017年6月1日現在の人口は391人、世帯数は197世帯[1]

地理[編集]

歴史[編集]

  • 慶安2年 - 屋敷割りが72軒され、煙草屋48・大工5、居鯖4のほかに、屋号を持つ商家も見られる(弘前古御絵図)。
  • 延宝6年 - 重森町と見え、町屋が大部分で75軒。座頭・武士の居住が認められる(弘前町方屋敷割)。
  • 延宝7年 - 町内の4組が、町役の中役、もう1組が下役で、年間約4.500人の人足を負担。
  • 元禄4年 - 町内の芝居小屋で酒田出身の小太夫による芝居が始まる(津軽歴代記類)。
  • 元禄11年 - 土取り場とある(弘前惣御絵図)。また、北から順に茂森町・中茂森町・奥茂森町と、区分されている(弘前惣御絵図)。
  • 正徳年間 - 城下の4か所の小札場(制札場)の1町に指定されている(弘前町方屋敷割裏書記録)。
  • 享保7年 - 芝居小屋の夜の興行が始まる(弘前市史)。ちなみにこの芝居小屋は、のちに"茂森座"と呼ばれるようになり、1940年昭和15年)まで存続。
  • 天保8年 - 絵図によれば、町屋129軒・芝居小屋1軒。
  • 明治初年 - 戸数301で、町の状況は「芝居座・造酒・料理・茶屋・荒物・狛物雑居」と見える(国誌)。
  • 現在 - 店舗の改装・改築等で様相は変わったが、禅林街門前・商家街というスタイルは江戸期と変わらない。

沿革[編集]

  • 江戸期 - 弘前城下の一町。
  • 明治初年~明治22年 - 弘前を冠称。
  • 1899年(明治22年) - 弘前市に所属。

地名の由来[編集]

現在の森町付近にあったとされる茂森山に由来。当時弘前城を見下ろすほどの高さだったため、元和元年に削られ、無くなる。

施設[編集]

医療[編集]

  • 吉田医院
  • くどう歯科
  • 渡辺歯科医院
  • 木村内科厚生会館
  • かわむら歯科医院
  • 木村内科小児科医院

商業[編集]

  • ローソン弘前茂森町店
  • カネタ玉田酒造店
  • サンパレス秋田屋
  • 葛西米穀燃料店
  • イシオカ工芸
  • 田中や葬祭
  • 佐藤燃料店
  • 中屋のこや
  • 亀岡生花店
  • 宝屋袋店

工業[編集]

  • ヨコヤマ堀江工務所

金融[編集]

行政[編集]

  • 弘前市水道部

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。

大字 番・番地 小学校 中学校
茂森町 全域 弘前市立朝陽小学校 弘前市立第四中学校

交通[編集]

覚仙町角、茂森町、茂森南口(弘前バスターミナル - 相馬・藍内・ロマントピア線、他)停留所。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b オープンデータひろさき 弘前市 町名別人口・世帯数_平成29年” (日本語). ひろさき未来戦略研究センター (2017年6月1日). 2017年6月18日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。

参考文献[編集]

角川日本地名大辞典 2 青森県(角川書店)