茄子 スーツケースの渡り鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
茄子
OVA:茄子 スーツケースの渡り鳥
原作 黒田硫黄
監督 高坂希太郎
キャラクターデザイン 高坂希太郎
アニメーション制作 マッドハウス
製作 「茄子 スーツケースの渡り鳥」製作委員会
発売日 2007年10月24日
テンプレート - ノート

茄子 スーツケースの渡り鳥』(なす スーツケースのわたりどり、Nasu: A Migratory Bird with Suitcase)は、マッドハウス制作による日本のOVA作品。

2007年10月24日発売。原作は黒田硫黄漫画茄子』の短編『スーツケースの渡り鳥』。

東京国際アニメフェア2008・第7回東京アニメアワード優秀賞OVA部門受賞。

概要[編集]

2003年に公開されたアニメーション映画茄子 アンダルシアの夏』の続編。スペイン・アンダルシア地方を舞台とした前作から一転、日本の栃木県宇都宮市で開催されるジャパンカップサイクルロードレースが舞台となる。競技会場となる森林公園周回コースのほか、宇都宮の市街地、大谷平和観音大谷磨崖仏などの史跡が登場する。

前作では主人公ペペのプロアスリートとしての孤独な戦いが描かれたが、本作では所属チームの相棒であるチョッチとの信頼関係が柱となる。

前作のアスペクト比アナログテレビ放送と同じ4:3(スタンダード・サイズ)であったが、本作は16:9の高精細度テレビジョン放送 (HD) 制作である。

あらすじ[編集]

主人公であるペペが所属するサイクルロードレースチーム「パオパオビール」は、ジャパンカップサイクルロードレースに出場するため来日した。女性ボランティア ひかるのガイドで日本文化を楽しむ選手たち。

だが、今年一杯でチームの解散が決まっており、それぞれ身の振り方を考えていた。なかでもチョッチは、親友であったスター選手ロンダニーニの自殺を重く受け止め、厳しいプロ生活に疑問をおぼえており、ペペに現役引退をほのめかしていた。

大会当日は降りしきる雨の中でのレースとなったが、ペペとチョッチは集団から飛び出し、5名の逃げグループを形成する。その中には以前パオパオビールに所属していたギルモアも交じっていた。しかし、ペペは濡れた路面で転倒し、アシストを失ったチョッチも遅れだす。

レース終盤、天候が回復し始めた頃、後方集団にいたザンコーニが突如単独アタックを開始し、圧倒的な脚力で先頭グループに追いつく。そのままトップに躍り出るが、ゴールまで1周を残して謎の棄権をする。

ペペもチョッチを引っ張って先行グループに追いつき、チョッチにゴール前のスプリント勝負を託して力尽きる。ギルモアとチョッチに絞られた優勝争いの結末は……。

登場人物[編集]

ペペ・ベネンヘリ
チーム・パオパオビール所属のサイクルロードレース選手。過去にブエルタ・ア・エスパーニャでステージ1勝を上げているが、その後もチームでアシスト役を務めている。
ジャン・ルイージ・チョッチ
チーム・パオパオビール所属のサイクルロードレース選手。前作「茄子 アンダルシアの夏」に登場するチョッチとは別人物。同郷の英雄ロンダニーニとは共にトレーニングを積んだ仲。原作の漫画では「キヨッチ」という名前であった。
マルコ・ロンダニーニ
チョッチの同郷のサイクルロードレース選手。世界選手権を制してマイヨ・アルカンシエル(世界王者の証となる虹が描かれたジャージ)を着たこともある伝説的な名選手。ブエルタ・ア・エスパーニャ最終日前日に謎の自殺を遂げ、チョッチらレース仲間に悲しみを残す。
ギルモア
前作ではチーム・パオパオビールに所属していたが、今作ではチーム・ゴルチンコ所属となっている。
ザンコーニ
過去に世界選手権やジロ・デ・イタリアを制したこともある名選手だが、チームメイトのギルモアからも「朴念仁」と評される変人。
豊城ひかる
ジャパンカップサイクルロードレースでチーム・パオパオビールをサポートするボランティアの女性。好物は茄子の漬け物。
豊城充一
ひかるの弟。コースサイドで選手を応援する熱心なロードレースファン。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

その他[編集]

  • UCIが競技中のヘルメット着用を義務付けたのに伴い、作中でもほぼ全ての選手が着用しているが、ペペを始め中心となる選手は殆ど着用していない。
  • 一連の「茄子」シリーズでは作中に茄子にちなんだものが登場するが、本作では「茄子のたまり漬け」であった。なお、たまり漬け自体は宇都宮に限らず、栃木県全県で食べられている。
  • 前作『茄子 アンダルシアの夏』に登場した酒場の店主エルナンデスやペペの旧友フランキーとよく似た人物が住職と寺男として登場する。2人は(特に住職は豊城ひかるの親族であるため)日本人のはずであるが、エンディングテロップでは何故か前作と同様に「エルナンデス」「フランキー」という名前となっている(演じた声優も同一)。
  • アメデオ役の藤村忠寿、メカ役の嬉野雅道北海道テレビのディレクターで、担当するローカルバラエティ番組『水曜どうでしょう』を監督の高坂が大ファンであることがきっかけで出演が実現した。大泉洋も当番組の出演者で、前作『茄子 アンダルシアの夏』から引き続きペペ役を演じている。

関連項目[編集]