茅ケ崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
茅ケ崎駅
Chigasaki-Sta-N.JPG
北口駅ビル(ラスカ茅ヶ崎、2016年8月)
ちがさき
Chigasaki
所在地 神奈川県茅ヶ崎市元町1-1
北緯35度19分49秒 東経139度24分25秒 / 北緯35.33028度 東経139.40694度 / 35.33028; 139.40694座標: 北緯35度19分49秒 東経139度24分25秒 / 北緯35.33028度 東経139.40694度 / 35.33028; 139.40694
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 チサ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 3面6線
乗車人員
-統計年度-
41,684人/日(降車客含まず)
-2020年-
開業年月日 1898年明治31年)6月15日
乗入路線 2 路線
所属路線 東海道本線
駅番号 JT10
キロ程 58.6 km(東京起点)
JT 09 辻堂 (3.8 km)
(5.2 km) 平塚 JT 11
所属路線 相模線
キロ程 0.0 km(茅ケ崎起点)
(1.3 km) 北茅ケ崎
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
テンプレートを表示
南口(2016年8月)
南口(2016年8月)
開業当時の構内[1](1898年頃)
開業当時の構内[1](1898年頃)

茅ケ崎駅(ちがさきえき)は、神奈川県茅ヶ崎市元町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。

所在地は茅崎市だが、駅名は「茅崎」である。

乗り入れ路線[編集]

当駅の所属線である[2]東海道本線と、当駅を起点とする相模線の2路線が乗り入れている。東海道本線には「JT 10」の駅番号が設定されている。

東海道本線は東京駅発着系統と、新宿駅経由で大宮駅から高崎線に直通する湘南新宿ライン、東京駅経由で上野駅から宇都宮線・高崎線に直通する上野東京ラインが停車する。なお東海道本線の運転系統については「東海道線 (JR東日本)」を参照のこと。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム3面6線を有する地上駅で、自由通路のある橋上駅舎を有している。エレベーターエスカレーター多目的トイレ点字運賃表設置。

構内には飲料の自動販売機公衆電話公衆トイレコンビニエンスストアNewDays駅ビルLUSCAがある。

直営駅駅長配置)であり、管理駅として相模線の北茅ケ崎駅 - 倉見駅間の各駅を管理している[7]みどりの窓口自動券売機指定席券売機自動改札機自動精算機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1・2 相模線 下り 厚木橋本八王子方面
3 JT 東海道線
特急「湘南」)
上り 品川東京新宿方面 本来は東海道貨物線のホーム
4 下り 平塚国府津小田原方面
5 JT 東海道線 上り 横浜・品川・東京・上野渋谷・新宿方面
上野東京ライン)(湘南新宿ライン
一部の特急「湘南」も使用
6 下り 小田原・熱海沼津方面

(出典:JR東日本:駅構内図

  • 3・4番線は東海道貨物線にあるホームである。通常、貨物線を経由する旅客列車は特急「湘南」(2021年3月12日まではライナー)のみであるため、旅客案内上では特急専用ホームとされ、特急「湘南」の運行時間帯外は閉鎖されている。同ホームの駅名標における隣駅表記は上り方が「藤沢」、下り方が「平塚」である。このホームの有効長は10両分しかないため、12両編成のE351系が「おはようライナー新宿号」「ホームライナー小田原号」に充当されていた当時、当駅に停車する際には1 - 3号車のドアが締切扱いとなっていた。なお、旅客線を経由する特急「湘南」は5・6番線に停車する。
  • なお、2021年3月13日ダイヤ改正で、ライナーは全て特急「湘南」に格上げされ、藤沢駅と共にすべての列車が停車する[8]
  • ホームの有効長は1・2番線が4両、3・4番線が前述の通り10両、5・6番線が15両である。
  • 1・2番線の橋本寄りの端の嵩上げされていない部分に烏帽子岩モニュメントがある。また、かつて使用された腕木式信号機が保存されている。
  • 東海道線の平塚止まりで、平塚駅で上りホーム到着となる列車では、国府津・小田原方面に向かう乗客に対して、当駅で乗り換えを促す車内放送を流す場合がある。これは平塚駅での乗り換えが階段やエレベーター・エスカレーターでの移動を伴うためである。
  • 辻堂駅 - 当駅間および当駅 - 平塚駅間に旅客線と貨物線との渡り線が設置されている[注釈 1]。前者はサンライズエクスプレスの経路として、後者は特急「湘南」の経路として恒常的に使用される。また、稀に当駅の旅客線ホームが人身事故などで使用停止となったとき、普通列車などが迂回する際にも使用されることがあるが、この場合は有効長の関係から15両編成の列車は臨時通過となる。同様の構造は同じく東海道本線の横浜駅戸塚駅(東海道線と横須賀線)付近のほか、東北本線旅客線貨物線)の通過駅である川口駅京浜東北線)にもみられる。

利用状況[編集]

2020年(令和2年)度の1日平均乗車人員41,684人である[利用客数 1]

JR東日本の駅としては大塚駅に次いで第80位である。

近年の1日平均乗車人員は下表の通りである。

年度別1日平均乗車人員[乗降データ 1]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1995年(平成07年) 57,708 [乗降データ 2]
1998年(平成10年) 54,819 [神奈川県統計 1]
1999年(平成11年) [JR 1]54,009 [神奈川県統計 2]
2000年(平成12年) [JR 2]54,052 [神奈川県統計 2]
2001年(平成13年) [JR 3]53,813 [神奈川県統計 3]
2002年(平成14年) [JR 4]53,378 [神奈川県統計 4]
2003年(平成15年) [JR 5]53,360 [神奈川県統計 5]
2004年(平成16年) [JR 6]53,458 [神奈川県統計 6]
2005年(平成17年) [JR 7]54,041 [神奈川県統計 7]
2006年(平成18年) [JR 8]54,760 [神奈川県統計 8]
2007年(平成19年) [JR 9]55,627 [神奈川県統計 9]
2008年(平成20年) [JR 10]55,990 [神奈川県統計 10]
2009年(平成21年) [JR 11]55,147 [神奈川県統計 11]
2010年(平成22年) [JR 12]54,599 [神奈川県統計 12]
2011年(平成23年) [JR 13]54,465 [神奈川県統計 13]
2012年(平成24年) [JR 14]54,984 [神奈川県統計 14]
2013年(平成25年) [JR 15]55,545 [神奈川県統計 15]
2014年(平成26年) [JR 16]54,812 [神奈川県統計 16]
2015年(平成27年) [JR 17]55,600 [神奈川県統計 17]
2016年(平成28年) [JR 18]56,066 [神奈川県統計 18]
2017年(平成29年) [JR 19]56,149
2018年(平成30年) [JR 20]56,519
2019年(令和元年) [JR 21]55,778
2020年(令和02年) [JR 22]41,684

駅周辺[編集]

北口[編集]

南口[編集]

バス路線[編集]

北口(茅ケ崎駅)[編集]

神奈川中央交通成田空港交通の路線が発着する。

1番乗り場(神奈川中央交通)
2番乗り場(神奈川中央交通)
  • <茅15> 鶴が台団地
  • <茅17>・<茅81> 松風台行 ※茅81系統は平日のみ、深夜バスとして運行
  • <茅19> 湘南みずき循環 ※一部便は湘南みずき止まり
3番乗り場(神奈川中央交通)
  • <茅06> 平塚駅北口行
  • <茅31> 松尾循環
  • <茅35> 浜見平団地行
4番乗り場(神奈川中央交通)
  • <藤07>・<藤08>・<藤21> 藤沢駅北口行 ※藤08系統は平日午前のみ運行
  • <茅14> 室田循環
  • <茅16> 室田二丁目行
  • <辻01> 辻堂駅北口行
  • <辻09> 高山車庫行
5番乗り場
  • 神奈川中央交通
    • <茅41>・<茅45> 小谷行
    • <茅48> 古川・今宿循環
    • <茅52> 西一之宮行 ※夜間のみ運行
    • <茅53>・<茅54> 寒川駅南口行
  • 神奈川中央交通・成田空港交通
6番乗り場(神奈川中央交通)
  • <茅25> 寒川駅南口行
  • <茅26> 文教大学行
その他
  • 毎年大晦日より正月三が日までの期間には寒川神社への初詣客向けに臨時直通バスが運行されている。
  • 東京駅・新宿駅発の深夜急行バスも北口に到着する。

南口(茅ケ崎駅南口)[編集]

神奈川中央交通、茅ヶ崎市コミュニティバス「えぼし号」の路線が発着する。

  • 1番乗り場(神奈川中央交通)
    • <茅09> 東海岸循環
    • <茅33> 浜見平団地・松尾循環 ※一部便は松尾入口止まり
    • <茅37> 浜見平団地行
    • <臨時> サザン通り南(サザンビーチちがさき)※夏季のみ運行
  • 2番乗り場(神奈川中央交通)
    • <辻02>・<辻12>・<辻13> 辻堂駅南口行
  • 4番乗り場(えぼし号)
    • <中海岸南湖循環市立病院線> サザンビーチ入口・市立病院行
    • <東部循環市立病院線松が丘コース> 松が丘方面・市立病院行

発車メロディ[編集]

サザンオールスターズ楽曲の導入について[編集]

  • 2000年8月茅ヶ崎市出身の桑田佳祐率いるサザンオールスターズが茅ヶ崎公園野球場にて凱旋コンサートを開催し、「茅ヶ崎=サザン」のイメージが確固たるものとなった。そこで、市の代表駅である当駅でサザンの楽曲を発車メロディに導入しようという計画が市民の間で浮上し、当駅を管轄するJR東日本横浜支社に要望書を提出した。導入希望曲は事前に市内で実施したアンケートによって決定され、ホーム数に合わせて計6曲(前述のアンケートの上位6曲。1位:「希望の轍」、2位:「TSUNAMI」、3位:「勝手にシンドバッド」、4位:「HOTEL PACIFIC」、5位:「いとしのエリー」、6位「真夏の果実」)が挙げられた[9]が、この時点では「スムーズな乗降に支障をきたす」として却下された。その代案として、凱旋コンサート開催の翌2001年の夏季のみ、駅構内BGMとしてオルゴールの楽曲を流した。
  • その後2014年に市商工会青年部を中心としてサザン楽曲の発車メロディへの起用活動が再燃。署名運動が6月-7月の2週間にわたって行われ、1万を超える署名が集まり、JR東日本横浜支社へ提出された[10]。その結果、同年10月1日より、上記で1位に挙げられていた「希望の轍」が、東海道線ホーム5・6番線で発車メロディとして採用されることになった。5番線にイントロ、6番線にサビのアレンジが用いられている[11][12]

過去・現在の使用状況[編集]

  • 3番線ではホーム設置以来「JR-SH6」を使用しているが、上りの特急「湘南」専用ホームであるため流れるのは平日の朝のみである。
  • 4番線のメロディ「JR-SH7」は現在では当駅と本庄駅でしか使用されていない珍しいメロディーであるが、同のりばは下りの特急「湘南」専用ホームであり、さらに大半の列車は旅客線を経由するため、現行ダイヤでの使用機会は平日夜の2本(湘南21・23号)のみである。
  • 以前の6番線のメロディは他の駅では使用されていないオリジナル曲であった。かつては5番線でも同じ曲を使用していたが、どちらが発車するのかを区別させるため、2002年7月より東洋メディアリンクス製の「Gota del Vient」に変更されていた。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
JT 東海道線
快速「アクティー」(東京方面発着)・特別快速(湘南新宿ライン経由)
藤沢駅 (JT 08) - 茅ケ崎駅 (JT 10) - 平塚駅 (JT 11)
普通(東京方面発着・上野東京ライン)・快速(湘南新宿ライン経由、下り列車は戸塚駅から「普通」扱い)
辻堂駅 (JT 09) - 茅ケ崎駅 (JT 10) - 平塚駅 (JT 11)
東海道貨物線
藤沢駅 - 茅ケ崎駅 - 相模貨物駅
相模線
茅ケ崎駅 - 北茅ケ崎駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 前者は辻堂方が旅客線 / 平塚方が貨物線方向。後者は辻堂方が貨物線 / 平塚方が旅客線方向。すなわち、当駅前後にて貨物線ホームに迂回するような形で設置されている。

出典[編集]

  1. ^ 日本国有鉄道百年写真史 P.94
  2. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  3. ^ “15日から使用開始 茅ケ崎駅の新駅舎 駅ビルオープンは四月予定”. 交通新聞 (交通協力会): p. 2. (1984年12月1日) 
  4. ^ “「茅ケ崎ルミネ」オープン”. 交通新聞 (交通協力会): p. 2. (1985年4月20日) 
  5. ^ “新ダイヤ 停車記念セレモニー JR東日本 「品川駅」NEX 茅ヶ崎駅「湘南ライナー」”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1994年12月7日) 
  6. ^ “店舗面積が1.8倍に拡大!132ショップがオープン! 2015年11月20日(金)ラスカ茅ヶ崎リニューアルオープン!” (PDF) (プレスリリース), 湘南ステーションビル, (2015年9月24日), オリジナルの2020年7月21日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200721125202/http://www.lusca.co.jp/PostImages/56493f0a7cd2c69954dd162c987ce3d2abda39c0.pdf 2020年7月21日閲覧。 
  7. ^ “東日本ユニオンNo.124号” (PDF). JR 東日本労働組合横浜地方本部. (2015年12月6日). http://jrtu-east.org/pdf/yokohama-j124.pdf 2016年3月13日閲覧。 
  8. ^ “2021年3月ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道横浜支社, (2020年12月18日), オリジナルの2020年12月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201226195458/https://www.jreast.co.jp/press/2020/yokohama/20201218_y01.pdf 2021年1月19日閲覧。 
  9. ^ サザンでGO!茅ヶ崎駅に変革? 発着音をサザンの曲にスポーツ報知、2001年4月28日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  10. ^ “茅ヶ崎駅発着ベル変更 署名など1万超”. タウンニュース. (2014年9月12日). http://www.townnews.co.jp/0603/2014/09/12/251050.html 2014年9月25日閲覧。 
  11. ^ “JR茅ケ崎駅、巡る巡るサザン 発車メロに「希望の轍」”. 朝日新聞デジタル. (2014年9月25日). http://www.asahi.com/articles/ASG9S35FMG9SULOB008.html 2014年9月25日閲覧。 
  12. ^ “発車時にサザンのあの曲が…10月から茅ヶ崎駅”. YOMIURI ONLINE. (2014年9月24日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20140924-OYT1T50106.html 2014年9月25日閲覧。 

利用状況[編集]

JR東日本の1日平均利用客数
  1. ^ 各駅の乗車人員 - JR東日本
JR東日本の統計データ
JR東日本の1999年度以降の乗車人員
神奈川県県勢要覧
  1. ^ 平成12年 - 220ページ
  2. ^ a b 平成13年 (PDF) - 222ページ
  3. ^ 平成14年 (PDF) - 220ページ
  4. ^ 平成15年 (PDF) - 220ページ
  5. ^ 平成16年 (PDF) - 220ページ
  6. ^ 平成17年 (PDF) - 222ページ
  7. ^ 平成18年 (PDF) - 222ページ
  8. ^ 平成19年 (PDF) - 224ページ
  9. ^ 平成20年 (PDF) - 228ページ
  10. ^ 平成21年 (PDF) - 238ページ
  11. ^ 平成22年 (PDF) - 236ページ
  12. ^ 平成23年 (PDF) - 236ページ
  13. ^ 平成24年 (PDF) - 232ページ
  14. ^ 平成25年 (PDF) - 234ページ
  15. ^ 平成26年 (PDF) - 236ページ
  16. ^ 平成27年 (PDF) - 236ページ
  17. ^ 平成28年 (PDF) - 244ページ
  18. ^ 平成29年 (PDF) - 236ページ

関連項目[編集]