茅ヶ崎映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

茅ヶ崎映画祭(ちがさきえいがさい)は、2012年6月より神奈川県茅ヶ崎市で開催されている映画祭

概要[編集]

キャッチコピーは「街と人がつながる、手作りの映画祭」。映画館やホールでの上映のみならず、市内の旅館や飲食店などを上映会場としているのが特徴。過去には美容室や保育園、ゴルフ場、海岸でも上映された。 茅ヶ崎映画祭実行委員会が主催している。2018年に第7回が開催された。

上映作品[編集]

第4回(2014年10月10日〜11月3日)


第5回(2016年6月1日~18日)

第6回(2017年6月25日~7月9日)

    • 「茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~」(熊坂出
    • 「LIFE TREASURE ~人生ハ宝モノ~」(こういちマンモス)
    • 「ゲイビー・ベイビー」(マヤ・ニューウェル)
    • うつくしいひと」(行定勲
    • 「抗い 記録作家・林えいだい」(西嶋真司)
    • 「またそのうち、どこかでね。」(伊藤久也)
    • 「C-side town」(三澤拓哉
    • 「Ghost of the Sun&山本康士短編集」(山本康士
    • ハワイの若大将」(福田純
    • 「生れてはみたけれど -大人の見る繪本-」(小津安二郎
    • 「日本と再生」(河合弘之
    • ナイアガラ」(早川千絵)
    • 「冬のメイ」(早川千絵)
    • BIRD」(早川千絵)

第7回(2018年6月9日~6月24日)

脚注[編集]

  1. ^ 森田は東京出身だが、出生地は母親の実家のある茅ヶ崎市である。
  2. ^ 上映会場である旅館「茅ヶ崎館」は、脚本執筆などを行う際の小津の定宿であった。