茅島成美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かやしま なるみ
茅島 成美
本名 川上 静江(かわかみ しずえ)
別名義 春海 洋子(はるみ ようこ)
生年月日 (1942-09-14) 1942年9月14日(76歳)
出生地 日本の旗日本東京府
血液型 A
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1959年 -
配偶者 中尾彬1970年 - 1975年
一般男性(1990年 - )
主な作品
テレビドラマ
3年B組金八先生
大好き!五つ子
映画
八月の狂詩曲

茅島 成美(かやしま なるみ、1942年9月14日[1] - )は、日本女優。本名、川上 静江。旧姓、茅島 静江[1][2]

東京府(現・東京都)出身[1][2]。Grue所属。滝野川女子学園高等学校中退[1][2]

来歴・人物[編集]

1959年東映ニューフェイス6期生に合格し、春海 洋子の芸名で東映京都と契約する(同期は千葉真一亀石征一郎など)[1][2]。東映を1962年に退社して茅島 成美に改名する[1]。改名後は大阪制作のテレビドラマに出演。その後東京にもどり、テレビドラマ『あいつと私』『五番町夕霧楼』などに出演[1][2]

1979年より『3年B組金八先生』に理科教師・国井美代子役で出演し、第4シリーズで主幹教諭、スペシャル9で教頭に昇進したが、スペシャル11を最後に定年退職してファイナルまで出演しなかった。

元夫は中尾彬1970年に結婚、1975年に離婚[1]。1児(俳優、中尾学)をもうけている。

1990年に会社員と再婚。現在は自宅の隣にアパートを建てて大家でもあると、ゲスト出演時の『爆報! THE フライデー』内でも紹介された。

特技は、京都弁大阪弁(両親が近畿出身の影響)。

所属事務所経歴[編集]

  • オフィス川上 → イイジマルーム(2011年~2015年まで) → 有限会社Grue(2016年~)

出演作品[編集]

映画[編集]

「春海洋子」名義[編集]

  • 白馬童子 南蛮寺の決斗(1960年、東映) - 夕香里
  • 白馬童子 南蛮寺の決斗 完結篇(1960年、東映) - 夕香里
  • ひばりの森の石松(1960年、東映) - お弓
  • ひばり捕物帖 折鶴駕篭(1960年、東映) - お糸
  • 人形佐七捕物帖 血染の肌着(1960年、東映) - お常
  • 人形佐七捕物帖 ふり袖屋敷(1960年、東映) - お光
  • 海賊八幡船(1960年、東映) - お春
  • 大江戸喧嘩まつり(1961年、東映) - おきん
  • 花かご道中(1961年、東映) - お新
  • 八州血煙り笠(1961年、東映) - 〆香
  • 柳生武芸帳 (1961年、東映) - 楓
  • 花笠ふたり若衆 (1961年、東映) - お浜
  • ちやりんこ街道(1961年、東映) - お峰
  • 橋蔵の若様やくざ(1961年、東映) - おせつ
  • 幽霊五十三次(1961年、東映) - お澄
  • 新吾二十番勝負 第二部(1961年、東映) - 蝶
  • 若君と次男坊(1961年、東映) - お駒
  • 美男の顔役(1962年、東映) - お峰

「茅島成美」名義[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

バラエティー番組[編集]

ほか多数

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 『日本映画人名事典』女優編 上巻、キネマ旬報社1995年、483頁。ISBN 4873761409。
  2. ^ a b c d e 『読売新聞』1968年1月29日付朝刊、7面、ラジオ・テレビ欄。