茅幸二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
茅 幸二
(かや こうじ)
生誕 (1936-10-20) 1936年10月20日
日本の旗 日本
死没 (2017-10-30) 2017年10月30日(81歳没)
日本の旗 日本
研究分野 有機化学、分子化学
研究機関 東京大学
慶應義塾大学
理化学研究所
出身校 東京大学
プロジェクト:人物伝

茅 幸二(かや こうじ、1936年10月20日 - 2017年10月30日[1])は、日本化学者慶應義塾大学名誉教授。分子科学研究所名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授、理化学研究所名誉研究員。 日本化学会名誉会員、日本表面科学会功労会員、ナノ学会名誉会員、分子科学会名誉会員。 専門は、有機化学、分子化学、クラスター科学。

人物紹介[編集]

物理学者茅誠司の次男。天文学者木村栄の孫。工学者茅陽一の弟。東北大学助教授、米国ベル研究所研究員などをへて、1981年慶應義塾大学教授。1999年国立共同研究機構分子科学研究所所長、2004年理化学研究所和光研究所中央研究所所長。金属・半導体複合体や有機金属クラスターの研究で知られ、ナノ物質化学の新しい領域をきりひらく。2000年「クラスター化学の創製-二成分複合効果の解明」で日本化学会賞。2005年文化功労者[2]

略歴[編集]

  • 1936年10月20日 北海道札幌市にて出生
  • 1961年 東京大学理学部化学科卒業
  • 1963年 東京大学大学院化学系研究科修士課程修了
  • 1966年 東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、理学博士
  • 1966年 理化学研究所研究員
  • 1970年 東北大学理学部助教授

 この間、1973年~1974年 米国・ベル研究所留学、研究員

  • 1981年 慶應義塾大学理工学部化学科教授
  • 1999年 分子科学研究所第5代所長
  • 1999年 総合研究大学院大学教授兼構造分子科学専攻長
  • 2004年 理化学研究所和光研究所長兼中央研究所長
  • 2008年 理化学研究所次世代スーパーコンピュータ開発実施本部副本部長
  • 2013年 理化学研究所研究顧問[3]

栄誉[編集]

  • 1996年 慶応工学会理事
  • 2001年 松前国際友好財団理事
  • 2004年 ナノ学会会長
  • 2006年 豊田理化学研究所理事
  • 2007年 泉科学振興財団理事[4]

著書・共編著[編集]

  • 『クラスター―新物質・ナノ工学のキーテクノロジー (S BOOKS)』(産業図書 1994年)
  • 『新しいクラスターの科学―ナノサイエンスの基礎』(講談社 2002年)
  • 『岩波講座 現代化学への入門〈1〉化学の考え方』(岩波書店、2008年)
  • 『物理化学演習 (化学新シリーズ)』(裳華房、1999年)
  • 『岩波講座 現代化学への入門〈18〉化学と社会』(岩波書店、2001年)
  • 『量子力学との出会い (岩波高校生セミナー (13))』(岩波書店、1999年)

脚注・出典[編集]