佐瀬寿一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐瀬 寿一
別名 茅 蔵人(かや くらんど)
ビックリ・エレクトリック・カンパニー
アンクル☆させ
生誕 (1949-03-30) 1949年3月30日(70歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県勝浦市
学歴 日本大学芸術学部卒業
ジャンル 歌謡曲
職業 作曲家
活動期間 1969年 - 現在
公式サイト 公式サイト 作曲家・佐瀬寿一の部屋
ビートルズ

佐瀬 寿一(させ じゅいち、1949年3月30日[1] - )は、日本の作曲家千葉県勝浦市出身[1][2]千葉県立大多喜高等学校を経て日本大学芸術学部卒業[2]

佐瀬壽一の表記もある。

来歴・人物[編集]

放送作家高田文夫落語家古今亭右朝は大学の同窓生である。

学生時代はビートルズのコピーバンドなどをやっており、『勝ち抜きエレキ合戦』にも出演したことがある[3][2]

1969年、大学在学中にピオニーズの「消えた想い出」で作詞・作曲家デビュー[1][3]。このとき印税か買取のどちらにするかと聞かれ、結局3万円の買取契約にしたものの、割と売れたので後悔したという[2]。同時期にヤマハポピュラーソングコンテストで編曲の仕事をし、音楽で生計を立てることに興味を持ち始めた[2]。ヤマハの関係で知り合ったレコードディレクターからずうとるびの曲を作らないかと依頼され、これが本格的な作曲家デビューとなる[2]。その時に書いた2曲は共にシングルA面曲に採用され[2]、1作目の「恋のパピプペポ」がヒットし[2]、2作目の「みかん色の恋」はさらにヒットした[2]

1972年、「俺は今/駄目なオイラが旅立った」で歌手としてレコードデビュー[1][3]

1974年、旧知の高田文夫と、当時佐瀬と同じアパートに住んでいた写真家の浅井鉄雄が共に子供番組『ひらけ!ポンキッキ』のスタッフとして関わっていたことから、同番組の総合プロデューサーであった野田宏一郎を紹介され[2]、その縁で「およげ!たいやきくん」「パタパタママ」など『ひらけ!ポンキッキ』関連の作曲を多数手がけた。「とけいのうた」では歌声も披露している[4]

自身の作る曲は、テンポが遅くバラード調のものだが、編曲者によるアレンジで、テンポが速く軽やかな曲に仕上がっている[5]キャンディーズの楽曲「暑中お見舞い申し上げます」がそれに当たる[6]

1980年以降は「茅 蔵人(かや くらんど)」の別名義でも楽曲制作をしている[1]。なお、茅蔵人は「火薬の島(kayaku-island)」の意で、大爆発するようにと名付けた[7]

歌詞サイト、ブログなどにおいて、佐藤寿一と誤表記されることも多々ある。


主な作品[編集]

  • WONDERFUL MOMENT」(歌:松崎しげる、作詞:三浦徳子、編曲:小笠原寛植田芳暁
  • みかん色の恋」(歌:ずうとるび、作詞:岡田冨美子
  • 思い出にだかれて」(歌:小柳ルミ子、作詞:橋本淳
  • パールカラーにゆれて」(歌:山口百恵、作詞:千家和也
  • 赤い衝撃」(歌:山口百恵、作詞:千家和也)
  • 暑中お見舞い申し上げます」(歌:キャンディーズ、作詞:喜多條忠
  • 「東京アパッチ」(歌:アパッチ、作詞:田中しのぶ)
  • 後から前から」(歌:畑中葉子、作詞:豊兵衛=荒木とよひさ
  • 「恋は紅いバラ」(歌:殿さまキングス、作詞:千家和也)
  • 「袖摺坂」(歌:中村美律子、作詞:坂口照幸)
  • 「幸福の坂道」(歌:新沼謙治、作詞:荒木とよひさ)
  • 「もういちど」(歌:都はるみ、作詞:佐藤よしお)
  • 「ラッキーマンの歌」(歌:八代亜紀、作詞:ガモウひろし) - アニメ『とっても!ラッキーマン』オープニングテーマ
  • 「恋はブーガ」(歌:八代亜紀、作詞:高田ひろお)-アニメ『とっても!ラッキーマン』エンディングテーマ
  • 「とけいのうた」(歌:なぎらけんいち、作詞:前田利博)
  • およげ!たいやきくん」(歌:子門真人、作詞:高田ひろお)
  • 「いっぽんでもにんじん」(歌:なぎらけんいち、作詞:前田利博)
  • 「てるてるぼうずがあるいたら」(歌:竹田のぶあき、作詞:高田ひろお)
  • 「野菜畑の演奏会」(歌:子門真人、作詞:高田ひろお)
  • 「ママの右手は魔法の手」(歌:なぎらけんいち、作詞:高田ひろお)
  • 「そらとぶさんりんしゃ」(歌:なぎらけんいち、作詞:高田ひろお)
  • パタパタママ」(歌:のこいのこ、作詞:高田ひろお)
  • 「ホネホネロック」(歌:子門真人、作詞:高田ひろお)
  • 「へんしんロック」(歌:子門真人、作詞:前川宏司)
  • 「ハッスルばあちゃん」(歌:のこいのこ、作詞:高田ひろお)
  • 「ふしぎなジーパン」(歌:竹田のぶあき、作詞:高田ひろお)
  • 「トランプ村の日曜日」(歌:竹田のぶあき、作詞:高田ひろお)
  • 「オイラのゆめはてんきよほう」(歌:石岡ひろし、作詞:高田ひろお)
  • 「メガネかけたでめきち」(歌:堀絢子シンガーズ・スリータイムファイブ、作詞:高田ひろお)
  • 「ゆめのドロップ」(歌:石岡ひろし、作詞:山田とも子)
  • 「パッラドンカルメ」(歌:若子内悦郎、作詞:海友彦)
  • 「なくな!ダメ虫」(歌:MONO、作詞:海友彦)
  • 「サンデーパパ」(歌:フーコ、作詞:高田ひろお)
  • 「ひとりぼっちのスニーカー」(歌:MONO、作詞:高田ひろお)
  • 「ニュートンファミリー」(歌:のこいのこ、作詞:高田ひろお)
  • 「こよみをめくってきしゃがゆく」(歌:子門真人、作詞:高田ひろお)
  • 「おべんとおべんと」(歌:橘いずみガチャピンムック、作詞:伊藤アキラ、編曲:岩田雅之
  • 「ワッショイ祭りっこ」(歌:山本譲二、作詞:高田ひろお、編曲:小林信吾)
  • 「牛ちゃんマンボ」(歌:山崎バニラ、作詞:高田ひろお)
  • 「秋が燃える」(歌:石川ひとみ、作詞:岡田冨美子
  • 踊れ!たいやきくん」(歌:たいプリ、作詞:高田ひろお)
  • 「てるてる坊主はオサムライ」(歌:小沢亜貴子、作詞:高田ひろお)
  • 「横須賀レイニー・ブルー」(歌:荒木由美子、作詞:竜真知子
  • 「魔術師の小夜曲(セレナード)」(歌:荒木由美子、作詞:椿健太郎)
  • 「忘れない」(歌:荒木由美子、作詞:竜真知子)(シングル「魔術師の小夜曲(セレナード)」B面)
  • 「危険な標的(ゲーム)」(歌:荒木由美子、作詞:竜真知子)(アルバム『L is』)
  • 「幕切れアンコール」(歌:荒木由美子、作詞:うさみかつみ)(アルバム『L is』)
  • 「私のいちばん美しい時を」(歌:片平なぎさ、作詞:藤公之介
  • 「イマージュの翳り」(歌:中森明菜、作詞:篠塚満由美)(アルバム『プロローグ〈序幕〉』)
  • 「銀河伝説」(歌:中森明菜、作詞:篠塚満由美)(アルバム『プロローグ〈序幕〉』)
  • 「再会の街」(歌:新沼謙治、作詞:関ユリヤ(関睦人))(シングル 作詞:高田文夫と両A面)
  • 「瑠璃色の夜へ」(歌:中森明菜、作詞:来生えつこ)(アルバム『ファンタジー〈幻想曲〉』)
  • 「飛べない鳥へのレクイエム/未来飛行船」(歌:都はるみ、作詞:坂口照幸)
  • 「Dreaming On My Life」(歌:都はるみ、作詞:田口俊
  • 「もういちど」(歌:都はるみ)
  • 「深夜劇場」(歌:都はるみ、作詞:田口俊
  • 「ピロピロ体操」(作詞:高田文夫
  • 「かつおぶしだよ人生は」(歌:加藤清史郎、作詞:高田ひろお 佐瀬自身も「アンクル☆させ」として参加)
  • 「ラブリーボーイはみかん色」(歌:江藤博利&林寛子、作詞:林寛子)

茅蔵人名義[編集]

  • 「領収書」(歌:パワーズ、作詞:塩沢彰光)
  • 「領収書'99」(歌:Le・シート、作詞:高田文夫) - 上記の替え歌。
  • 「もっと動いて」(歌:畑中葉子、作詞:豊兵衛)
  • トライダーG7のテーマ」(歌:たいらいさお、作詞:伊藤アキラ)
  • 「おふろのかぞえうた」(歌:ビックリ・エレクトリック・カンパニー(佐瀬自身の変名[8])、作詞:高田ひろお)
  • 「ジョキジョキ・テーラー」(歌:キド・アイ、作詞:高田ひろお)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ガモウユウイチ「佐瀬寿一」『昭和歌謡 職業作曲家ガイド』馬飼野元宏(監修/編集)・真鍋新一(編集)、シンコーミュージック・エンタテイメント、2018年4月15日、初版、262-263頁。ISBN 978-4-401-64371-4。
  2. ^ a b c d e f g h i j 「新・家の履歴書 佐瀬寿一(作曲家)」『週刊文春』2017年5月18日号、108-111頁。
  3. ^ a b c 佐瀬寿一インタビュー*Part1、佐瀬寿一公式サイト、2015年4月26日。
  4. ^ 佐瀬寿一インタビュー*Part3、佐瀬寿一公式サイト、2015年5月8日。
  5. ^ およげ!たいやきくん」及び「いっぽんでもニンジン」に関しては、編曲も自身が兼任しているため、テンポが遅いバラード調の曲に仕上がっている。
  6. ^ 編曲を佐瀬自身が兼任していない曲に関してはほぼ全て「暑中お見舞い申し上げます」と同様に、軽快な曲に仕上がっている。
  7. ^ 佐瀬寿一インタビュー*Part4、佐瀬寿一公式サイト、2015年5月18日。
  8. ^ 小島豊美とアヴァンデザイン活字楽団『昭和のテレビ童謡クロニクル 『ひらけ! ポンキッキ』から『ピッカピカ音楽館』まで』DU BOOKS、2015年、138-139頁。ISBN 978-4-907583-45-3)