茅野市民館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
茅野市民館
Chino Cultural Complex 2010.jpg
情報
正式名称 茅野市民館
完成 2005年3月31日
開館 2005年10月1日
収容人員 2,404人
客席数 マルチホール 最大1,200席、コンサートホール ・300席
延床面積 10,806.37m²
設備 会議室・リハーサル室 等
用途 コンサート、展示会 等
運営 (株)地域文化創造(指定管理者)辻野隆之ディレクター
所在地 391-0002
長野県茅野市塚原1-1-1
位置 北緯35度59分38.85秒
東経138度9分8.12秒
アクセス

【電車】東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線 茅野駅より0分(茅野駅直結)

【車】 諏訪ICより12~15分
外部リンク 茅野市公式サイト

茅野市民館 (ちのしみんかん・2005年10月1日開業)は長野県茅野市にある文化複合施設である。 美術館、図書室、劇場・音楽ホール、スタジオ、レストランなど、さまざまな機能を合わせ持ち、利用者によって多様な使い方に対応できる。 茅野駅 東口橋上駅舎から通路が延び、直結している。 設計は建築家古谷誠章である。2007年、デザインが認められ、日本建築学会賞、日本建築家協会賞 受賞。2011年日本芸術院賞 受賞。毎年9月中旬頃開催されている小津安二郎記念蓼科高原映画祭の会場の一つ(他の会場-新星劇場、小津安二郎記念館-無藝荘)。

ホール・施設[編集]

  • 茅野市図書館・茅野市民館・図書室(駅のホームと平行するガラス張りのスロープ沿いにある。)
  • ホール
    • マルチホール(780席、可動イスもある。演劇や音楽、展示、パフォーマンスなど、さまざまなジャンルのアートに利用できる。2階席の前面に映写スクリーンをおろすことによって、1階だけのコンパクトな利用にも対応する。)
    • コンサートホール(客席数300席、規模総面積:320㎡〈特別室をのぞく〉)
  • アトリエ(〈リハーサル室〉舞台稽古はもちろんのこと、小規模な発表会やワークショップなどにも利用できる。バレー・バーや鏡も用意されている。)
  • スタジオ(練習室)
    • Aスタジオ(バンド練習用にドラムセットやマイク、アンプを設置。)
    • Cスタジオ(アップライトピアノ〈別料金〉を設置。)
  • カフェ・アンダンテ(レストラン)
    • 営業時間:AM10:00~PM8:00
    • 定休日:火曜日
    • ランチタイム:AM11:00~PM2:00
  • イベントスペース(茅野駅前にあった寒天倉庫の材料を利用して造られた。)
  • 共通ロビー、テラス、中庭、東広場。
  • 駐車場258台

茅野市美術館[編集]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 茅野市美術館
Chino City Museum of Art
施設情報
正式名称 茅野市美術館
前身 茅野市図書館・美術館
専門分野 美術館
館長 辻野隆之
事業主体 長野県茅野市
延床面積 3502
開館 2005年10月
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

茅野市美術館 1980年7月に茅野市図書館・美術館として茅野市玉川に建設されていたが、茅野市民館がオープンしたのを期に、美術館のみ館内に移転。郷土の作家を中心に、常設展示、企画展を開催している[1]

主な所蔵作家

日本画

  • 武居大命、矢沢弦月、羽柴久義、山田郁夫、長田真弓、渡辺隆夫、折井宏光、岩波昭彦、

洋画

彫刻

書道

工芸

  • 小川天香(鏝絵)、細田幽斎(能面)、小口正二、島立幸男(漆芸)、伊藤彰敏(陶芸)、

建築

版画

写真

現代美術

開館時間[編集]

  • 開館時間 午前9時~午後10時(図書室、美術館常設展示室は午前9時~午後7時)
  • 受付時間、午前9時~午後8時
  • 休館日 火曜日(火曜が祝日の場合は、その直後の休日でない日)年末年始(年末年始12月29日から翌年1月3日まで)

歴史[編集]

この節の出典:[2]

  • 1967年(昭和42年)11月 -「茅野市民会館」(茅野市民館の前身)開館。
  • 1980年 7月 - 茅野市図書館、美術館として建設される。
  • 1981年初代茅野市美術館長、北澤敏郎の諏訪中時代(現在の諏訪清陵高等学校)の同級生の矢崎博信の遺作展を機に、矢崎の遺族から多数の作品を寄託される[3]
  • 1998年 9月 - 第1回小津安二郎記念蓼科高原映画祭開催
  • 1999年7月 - パートナーシップのまちづくり推進会議が発足
    • 8月 -「茅野市の地域文化を創る会」を結成。(市に寄せられた提案等も活用しながら10回のワークショップを重ね、基本構想素案をまとめ、これを基に基本構想を策定した。「市民の生涯学習や、地域文化の交流拠点」として位置付け、建設を機に「芸術から産業に至るまで、生活のすべてにかかわる多様な地域文化創造」という大きなまちづくりの課題に、市民・民間と行政が一体となった「パートナーシップのまちづくり」により取り組んでいくことが記された[4]。)
  • 2003年 8月2日 - 茅野市民館建設工事起工
  • 2004年7月 - 美術館移転前の最後の特別企画展「~新美術館にむけて~特別企画さよなら展・茅野市美術館委員展」を開催[5]
  • 2005年3月31日 - 建設工事竣工
    • 同年7月17日 - 竣工式典、プレオープン。館内に茅野市美術館移転、10月1日、グランドオープン
  • 2008年、彫刻家富永直樹、長男富永良太から「僕らの遊び場」が茅野市美術館に寄贈され、富永直樹の友人、水引秀雄から「A PAEAN(賛歌)」が寄贈され、茅野市民館2階のコンサートホールのホワイエに設置された。
  • 2014年4月、富永直樹の生誕100年を記念した展覧会が茅野市美術館にて開催された。同年7月、「生誕100年 矢崎博信展 幻想の彼方へ」展開催。

脚注[編集]

  1. ^ 長野県博物館協議会ホームページ 信州ミュージアムガイド参照
  2. ^ 茅野市公式サイト内、(図書館ホームページ)、(茅野市魅力情報発信サイト→茅野市の沿革とあゆみ茅野市の紹介→ 茅野市のあゆみ〈明治、大正、昭和、平成〉→ダウンロードファイル •昭和63年までのあゆみ •平成9年までのあゆみ •平成19年までのあゆみ •平成20年からのあゆみ)参照
  3. ^ 参考文献・生誕100年矢崎博信展 幻想の彼方へ図録 茅野市美術館刊行 2014年発行 97頁 矢崎博信作品が生まれた社会背景とその意味の章参照
  4. ^ 市民と行政のパートナーシップ。「生涯学習」「福祉」「環境」「教育」「情報化」「国際化」「施設の建設・運営」の市民ネットワークが形成され、政策の企画、実施、評価などの過程を、市民・民間と行政がそれぞれの役割分担を確認し合いながら推進する。茅野図書館館2階にパートナーシップのまちづくり室がある、茅野市の行政資料、郷土の本(この部屋のみで閲覧可能な貴重な書籍もある)が集められている
  5. ^ 『~新美術館にむけて~特別企画さよなら展・茅野市美術館委員展図録』茅野市美術館著 2004年刊行 参照