茜小夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

茜 小夏(あかね こなつ、9月5日 - )は、元宝塚歌劇団月組の娘役。東京都渋谷区出身。

来歴[編集]

2008年4月、宝塚音楽学校入学、96期生

2010年4月、第96期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は21番。月組公演『スカーレット・ピンパーネル』で初舞台。その後、月組に配属。

同期には夢華あみ咲妃みゆ蘭舞ゆう紫藤りゅう和希そららがいる。

2018年7月4日、宝塚歌劇団を退団。

宝塚歌劇団時代の主な舞台歴[編集]

初舞台公演[編集]

月組配属後[編集]

  • 2010年9月 - 11月、『ジプシー男爵 -Der Zigeuner Baron-』『Rhapsodic Moon』
  • 2011年3月 - 5月、『バラの国の王子』『ONE -私が愛したものは・・・-』
  • 2011年7月 - 10月、『アルジェの男』新人公演:ミレーヌ(本役、華那みかり)『Dance Romanesque』
  • 2012年2月 - 4月、『エドワード8世 -王冠を賭けた恋-』『Misty Station -霧の終着駅-』
  • 2012年6月 - 9月、『ロミオとジュリエット』
  • 2012年10月 - 11月、全国ツアー公演『愛するには短すぎる』『Heat on Beat!』
  • 2013年1月 - 3月、『ベルサイユのばら -オスカルとアンドレ編-』新人公演:クレサンティーム(本役、咲希あかね)
  • 2013年5月、梅田芸術劇場公演『ME AND MY GIRL』 メイ・マイルズ
  • 2013年7月 - 10月、『ルパン -ARSÈNE LUPIN-』『Fantastic Energy!』
  • 2013年11月 - 12月、全国ツアー公演『JIN-仁-』 大五郎(お駒の弟)/松本 敦子(看護婦)『Fantastic Energy!』
  • 2014年1月、梅田芸術劇場公演『風と共に去りぬ』
  • 2014年3月 - 6月、『宝塚をどり』『明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-』『TAKARAZUKA 花詩集100!!』新人公演:第7場~8場/赤いケシ
  • 2014年7月 - 8月、博多座公演『宝塚をどり』『明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-』『TAKARAZUKA 花詩集100!!』
  • 2014年9月 - 12月、『PUCK』新人公演:豆の花(本役、琴音和葉)『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』
  • 2015年2月 - 3月、中日劇場公演『風と共に去りぬ』マリリン
  • 2015年4月 - 7月、『1789 バスティーユの恋人たち』新人公演:ヨランド・ドゥ・ポリニャック(本役、憧花ゆりの)
  • 2015年8月、星条海斗ディナーショー『Flügel』(第一ホテル東京・宝塚ホテル)
  • 2015年11月 - 2016年2月、『舞音-MANON-』:水の精霊 [運命のダンサー] 新人公演:ベル [サイゴンのダンスホール『La Perle』の歌手](本役、花陽みら)/『GOLDEN JAZZ』
  • 2016年3月、全国ツアー公演『激情-ホセとカルメン-』/『Apasionado!!(アパショナード)!!III』
  • 2016年6月 - 9月、『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』きく 新人公演:マリアンナ(本役、白雪さち花)/『Forever LOVE!!』
  • 2016年10月 - 11月、文京シビックホール・梅田芸術劇場公演『アーサー王伝説』
  • 2017年1月 - 3月、『グランドホテル』『カルーセル輪舞曲(ロンド)』メイド、新人公演:電話交換手
  • 2017年4月、『瑠璃色の刻(とき)』(シアタードラマシティ・赤坂ACTシアター)ルブラン夫人
  • 2017年7月~10月、『All for One~ダルタニアンと太陽王~』
  • 2017年11月~12月、『鳳凰伝-カラフとトゥーランドット-/CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』(全国ツアー)
  • 2018年2月~5月、『カンパニー-努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-/BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』
  • 2018年6月、『雨に唄えば』(TBS赤坂ACTシアター)メイク係*退団公演

関連項目[編集]