茨城大学工業短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
茨城大学工業短期大学部
大学設置/創立 1955年
廃止 1993年
学校種別 国立
設置者 文部省
本部所在地 茨城県日立市中成沢町4-12-1
学部 機械工学科第二部
電気工学科第二部
工業化学科第二部
電子工学科第二部
テンプレートを表示

茨城大学工業短期大学部(いばらきだいがくこうぎょうたんきだいがくぶ、英語: College of Technology,Ibaraki University[1])は、茨城県日立市中成沢町4-12-1に本部を置いていた日本国立大学である。1955年に設置され、1993年に廃止された。大学の略称は茨大工短。学生募集は1990年度まで。翌年の1991年度より工学部夜間主コースに転換され、1993年廃止。

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 茨城大学工業短期大学部は1955年、茨城大学工学部に併設された日本国立短期大学。開学当初は 2 学科のみだったが、順次学科増設が行われ最多で 4 学科を有するようになった。また、開学当初は学生受入れが 7 月と全国でも例のない短期大学だったといえる。各学科とも入学定員は40名となっていた

学風および特色[編集]

  • 茨城大学工業短期大学部は勤労の傍らで学業に励む人々のために夜間部が設けられていた。
  • 男女共学だったが、大半は男子学生だった。

沿革[編集]

  • 1955年7月 茨城大学工業短期大学部開学。
    • 機械工学科第二部
    • 電気工学科第二部
  • 1966年 工業化学科第二部を増設:在学生は36人(うち女子1)となっている[2]
  • 1969年 電子工学科第二部を増設。[3]
  • 1990年度をもって学生募集を終了。学生数は、機械工学科で115(うち女子3)、電気工学科119(女子なし)、工業化学科121(うち女子8)、電子工学科97(うち女子11)となっている。[4]
  • 1993年 廃止。廃止寸前の学生数は、機械工学科で36(女子なし)、電気工学科30(女子なし)、工業化学科30(うち女子4)、電子工学科27(うち女子1)となっている。[5]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 茨城県日立市中成沢町4-12-1

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 機械工学科第二部
  • 電気工学科第二部
  • 工業化学科第二部
  • 電子工学科第二部

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

  • 都崎雅之助
  • 二方義
  • 徳江徳
  • 関誠一
  • 市村正二
  • 秋田康一
  • 黒木剛司郎
  • 浜田哲夫

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 茨城大学日立キャンパス内にある工学部校舎を使用していた。

対外関係[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

  • 茨城大学工学部への編入学制度があった。

関連書物[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/110003110226より
  2. ^ 昭和42年度版『全国学校総覧』24頁より
  3. ^ 昭和45年度版『全国学校総覧』26頁に、同短期大学の学生人数が掲載されているが、電子工学科の記載がない。翌年の昭和46年度版『全国学校総覧』26頁に、59(すべて男子)と記載がある。
  4. ^ 平成3年度版『全国学校総覧』44頁より
  5. ^ 平成5年度版『全国学校総覧』46頁より
  6. ^ 全国短期大学案内 87』(教学社)64頁より

関連項目[編集]

関連サイト[編集]