茨城県立土浦第一高等学校の人物一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

茨城県立土浦第一高等学校人物一覧(いばらきけんりつつちうらだいいちこうとうがっこうじんぶついちらん)

茨城県立土浦第一高等学校の主な出身者・教員・関係者など。

著名な出身者[編集]

政界[編集]

官界[編集]

財界[編集]

学界[編集]

社会[編集]

文化・芸術[編集]

スポーツ[編集]

歴代校長[編集]

  • 分校、今井恒郎(本校(旧制茨城尋常中学)校長)、土浦分校主任は畑勇吉(明治30年~32年)
  • 分校、井手佐三郎(本校(旧制茨城尋常中学)校長)、土浦分校主任は福山義春(明治32年~33年)
  • 初代 福山義春(明治33年~37年)、帝国大学(現東京大学)卒、水戸中学校長、熊本県出身
  • 2代 遣沢恒猪(明治37年~39年)、高等師範(現筑波大)卒、前任は龍ヶ崎中学校長、高知県出身
  • 3代 幸津國太郎(明治39年~大正8年)、前任は群馬県太田中学(現太田高校)、香川県・東京府で歴任、宮崎県出身
  • 4代、臼井弘 (大正8年~14年)、前任は新潟県新発田中学(現新発田高校)校長
  • 5代、桜井信郎(大正14年~昭和5年)、前任は鉾田中
  • 6代、塚田節 (昭和5年~昭和11年)、以前に下妻中学校長、後に水海道町長、都立一中卒
  • 7代、宗光杢太郎(昭和11年~昭和21年)、前任は竜ヶ崎中学校長、前々任は太田中学校長
  • 8代、今宮千勝(昭和21年~22年)、茨城県内政部地方視学官
  • 9代、小田文雄(昭和22年~24年)
  • 10代、渡邊文弥(昭和24年~30年)
  • 11代、長島俊三郎(昭和30年~32年)、中19卒、茨城文芸家協会初代会長
  • 12代、上野剛 (昭和32年~34年)、前任は下妻一高校長、後に太田一高校長、第9代県高校野球連盟会長
  • 13代、山本英 (昭和34年~39年)
  • 14代、長南俊雄(昭和39年~40年)、中21卒、前任は土浦三高校長
  • 15代、山口勇吉(昭和40年~43年)、中27卒
  • 16代、橋本一郎(昭和43年~47年)、中31卒、後に水戸一高校長、東京文理大(現筑波大)卒
  • 17代、田中義雄(昭和47年~49年)、後に水戸商業高校長、第11代県高校野球連盟会長
  • 18代、遠藤俊夫(昭和49年~55年)、中38卒、国立教育会館分館長、東京大経済卒
  • 19代、岡野全之(昭和55年~59年)、中39卒、多賀高工(現茨城大工)卒
  • 20代、大貫力 (昭和59年~61年)、後に水戸一高校長、国立教育会館つくば分館長、日立一高卒
  • 21代、横田尚義(昭和61年~63年)、中44卒、東京高師卒、前任は竹園高校長、退官後東洋大学附属牛久高等学校
  • 22代、毛利方雄(昭和63年~平成2年)、第19代県高校野球連盟会長
  • 23代、清水健三(平成2年~4年)、前任は牛久栄進高校
  • 24代、大曽根宏亮(平成4年~6年)、高04卒、第22代県高校野球連盟会長、退官後常総学院校長、東北大文卒
  • 25代、青山和義(平成6年~10年)、高08卒、第24代県高校野球連盟会長、退官後常総学院校長、東京教育大卒
  • 26代、長瀬宗男(平成10年~13年)、高11卒、県高校長協会長、前任は県参事兼高校教育課長、茨城大教育卒
  • 27代、三輪志郎(平成13年~15年)、高13卒、前任は牛久高校長、國學院大文卒
  • 28代、山田隆士(平成15年~17年)、高15卒、前任は県教育庁次長、前々任は牛久栄進高校長、退官後智学館中等教育学校校長、慶應大文卒
  • 29代、村松輝美(平成17年~21年)、高19卒、前任は牛久栄進高校長、退官後土浦日本大学高等学校長、東京教育大卒
  • 30代、市村仁 (平成21年~23年)、県高校体育連盟会長、前任は牛久栄進高校長、退官後茨城県体育協会専務理事
  • 31代、武井秀一(平成23年~25年)、高23卒、元県高校野球連盟会長、前任は土浦二高校長、退官後筑波大学生宿舎管理事務所長、東京教育大理卒
  • 32代、豊崎利明(平成25年~27年)、高25卒、前任は牛久高校
  • 33代、横島義昭(平成27年~29年)、前任は県教育庁高校教育課長、退官後つくば国際大高校
  • 34代、杉田幸雄(平成29年~31年)、前任は古河中等教育学校長、前々任は総和高校校長
  • 35代、植木邦夫(平成31年~)、前任は古河中等教育学校長、前々任は真壁高校校長

脚注[編集]