茨城県道150号月岡真壁線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
茨城県道150号標識
茨城県道150号月岡真壁線
総延長 11.693 km
実延長 10.785 km
制定年 1959年10月14日
起点 茨城県石岡市月岡
終点 茨城県桜川市真壁町真壁
接続する
主な道路
(記法)
茨城県道42号
茨城県道41号
茨城県道7号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路
茨城県道150号月岡真壁線
桜川市真壁町田(2012年4月)
茨城県フラワーパーク付近

茨城県道150号月岡真壁線(いばらきけんどう150ごう つきおかまかべせん)は、茨城県石岡市月岡から桜川市真壁町真壁に至る一般県道である。

概要[編集]

歴史[編集]

1959年昭和34年)10月14日、新たな県道として新治郡八郷町大字月岡を起点とし、真壁郡真壁町を終点とする区間を本路線とする県道月岡真壁線として茨城県が県道路線認定した。 1995年平成7年)、整理番号150となり現在に至る。

年表[編集]

  • 1920年大正9年)9月1日:現在の路線の前身にあたる北条柿岡線が路線認定される。
  • 1928年昭和3年)3月1日:同じく小幡真壁線が路線認定される。
  • 1959年(昭和34年)10月14日
    • 北条柿岡線と小幡真壁線が合わさり、現在の路線で路線認定される(図面対照番号121)[3]
    • 道路の区域は、新治郡八郷町大字月岡の県道石岡筑波線(現在は石岡つくば線と改称)分岐から真壁郡真壁町大字真壁の主要地方道下館石岡線(現在は石岡筑西線と改称)交点までと決定された[4]
  • 1976年(昭和51年)12月27日:新治郡八郷町大字月岡 - 同町大字小幡の旧道(2.593 km)から道路改良バイパス(フルーツライン、2.18 km)に付替え供用開始[5]
  • 1980年(昭和55年)3月31日:県道石岡下館線の道路改良工事に伴い、路線延長を377 m短縮し、真壁郡真壁町の終点が下宿十字路から川原町交差点に移る[1]
  • 1982年(昭和57年)3月23日:新治郡八郷町大字月岡 - 下青柳 の旧道(1.2 km)を指定解除し八郷町道へ降格[6]
  • 1983年(昭和58年)5月12日:フルーツライン完成に伴い、新治郡八郷町大字下青柳 - 同町大字小幡(小幡交差点)の旧道区間(1.39 km)が指定解除され、八郷町道へ降格[7]
  • 1995年平成7年)3月30日:整理番号180から現在の番号(整理番号150)に変更される[8]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 幅員、曲線半径、こう配その他道路の状況により最大積載4トンの普通貨物自動車が通行できない区間。

出典[編集]

  1. ^ a b c 道路区域の変更(昭和55年3月31日 茨城県告示526号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外第94号: p. 1, (1980年3月31日) 
  2. ^ a b c d e 『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在
  3. ^ 県道路線認定(昭和三十四年十月十四日 茨城県告示第九百一号) (PDF) ,茨城県報 号外(1959年(昭和34年)10月14日)より
  4. ^ 道路の区域決定(昭和三十四年十月十四日 茨城県告示第九百三号) (PDF) ,茨城県報 号外(1959年(昭和34年)10月14日)より
  5. ^ 道路の区域変更・供用開始(昭和51年12月27日 茨城県告示1454・1458号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第6490号: pp. 6,8, (1976年12月27日) 
  6. ^ 道路の区域変更(昭和57年3月23日 茨城県告示第431号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第7024号: p. 9, (1982年3月23日) 
  7. ^ 道路の区域変更(昭和58年5月12日 茨城県告示第789号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第7141号: p. 7, (1983年5月12日) 
  8. ^ 県道の路線名および整理番号の変更(平成7年3月30日 茨城県告示第436号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第637号: pp. 8–12, (1995年3月30日) 

参考文献[編集]

関連項目[編集]