茨曽根村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
茨曽根村
廃止日 1955年3月31日
廃止理由 新設合併
白根町、新飯田村庄瀬村
臼井村大郷村鷲巻村
根岸村小林村茨曽根村
白根町
現在の自治体 新潟市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
都道府県 新潟県
中蒲原郡
隣接自治体 小林村、庄瀬村、須田村、新飯田村
西蒲原郡中之口村月潟村
茨曽根村役場
所在地 新潟県中蒲原郡茨曽根村大字茨曽根[1]
 表示 ウィキプロジェクト

茨曽根村(いばらそねむら)は、かつて新潟県中蒲原郡にあった1955年3月31日合併によって消滅し、現在は新潟市南区の一部となっている。

以下の記述は合併直前当時の旧茨曽根村に関しての記述であり、現在では名称等が異なる場合がある。なお、ここに記述されていない内容に関しては新潟市などの記事を参照。

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い中蒲原郡茨曽根村東萱場村、下道潟下新田が合併し、茨曽根村が発足。
  • 1955年昭和30年)3月31日 - 中蒲原郡白根町、新飯田村、庄瀬村、臼井村、大郷村、鷲巻村、根岸村、小林村と合併し、白根町を新設して消滅。

地域[編集]

茨曽根村は、合併した村名を継承する以下の大字で構成される。

茨曽根(いばらそね)
1889年(明治22年)まであった茨曽根村の区域。現在の新潟市南区茨曽根。
東萱場(ひがしかやば)
1889年(明治22年)まであった東萱場村の区域。現在の新潟市南区東萱場。
下道潟下新田(しもどうがたしもしんでん)
江戸時代から1889年(明治22年)まであった新田名。中ノ口川上流右岸に位置する[2]
地名の由来は、潟湖の道潟を開発したことによるとされる。1889年(明治22年)に茨曽根村の大字となるが、以後の変遷は不明[2]

学校[編集]

小学校[編集]

  • 茨曽根村立茨曽根小学校

中学校[編集]

  • 茨曽根村立茨曽根中学校

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

出典

参考文献[編集]

  • 『市町村名変遷辞典』 東京堂出版、1990年
  • 角川日本地名大辞典 編纂委員会 『角川日本地名大辞典 15 新潟県』 (株)角川書店、1989年10月8日。ISBN 4-04-001150-3。
  • 『全國市町村便攬 六版』 全國教育圖書、1949年9月5日

関連項目[編集]