茨木そごう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
そごう > 茨木そごう

茨木そごう(いばらきそごう)は1990年代に建設が計画され、後に出店が中止された百貨店

概要[編集]

そごう大阪府茨木市日本たばこ産業の工場跡地に、その当時最大規模となる郊外型百貨店「茨木そごう」を出店させる計画を1992年5月[1]に届出。1995年秋にオープンの予定だったが、経営不振から1995年3月に撤退を表明。計画そのものが中止となった。

敷地面積は約64,700、店舗面積は約92,000の予定だった。

店舗は物販部分が約85,000、飲食部分が約7,000を計画していた。

また、1,900台収容の大型駐車場や、地元の要望により展示面積約2,000の美術館が併設される予定だった。

初年度の売上目標は650億円だった。もし開店していたら、日本最大の郊外型百貨店であった。

その後、出店予定地だった場所にはマイカル茨木(現在のイオンモール茨木)が2001年1月1日に出店している。

脚注[編集]

  1. ^ 週刊東洋経済臨時増刊 全国大型小売店総覧'94(1994年4月26日発行・東洋経済新報社)