茨木惟昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
茨木 惟昭
Ibaraki Koreaki.jpg
茨木惟昭(1899年)
生誕 1849年10月24日
紀伊国
死没 (1914-07-14) 1914年7月14日(64歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1871 - 1900
1904 - 1906
最終階級 陸軍中将
除隊後 貴族院議員
テンプレートを表示

茨木 惟昭(いばらき これあき、1849年10月24日嘉永2年9月9日[1][2]) - 1914年大正3年)7月14日[1][2])は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将男爵

経歴[編集]

紀州藩士・茨木藤助の長男として生まれる[1]1871年(明治4年)、陸軍大尉に任官[1][3]。以後、歩兵第10番大隊取締、大阪鎮台歩兵第10番大隊長を経て、1874年2月から翌月にかけて佐賀の乱に出征[1]1877年3月から10月にかけて歩兵第10連隊長として西南戦争に出征し奮戦した[1][3]

歩兵第14連隊長、大阪鎮台参謀長参謀本部副官近衛参謀長、陸軍戸山学校長などを歴任し、1890年6月、陸軍少将に進級[1][3]

日清戦争には歩兵第11旅団長として、1895年1月から12月にかけて出征した[1][2]。戦後、第2軍司令部付として金州行政長官、さらに占領地総督府民政部長、同総督府参謀長兼民政部長を務めた[1][2][3]。歩兵第8旅団長を経て、1896年10月、陸軍中将となった[1][2][3]第6師団長を務め、1900年4月、予備役に編入[1][2][3]

日露戦争勃発に伴い召集を受け、1904年3月、留守第4師団長を1906年2月の召集解除まで務めた[1][2][3]1911年4月1日に後備役となる[4]

1895年8月、男爵の爵位を授爵し華族となり[1]1905年12月から1911年7月まで貴族院男爵議員に在任した[1]

栄典[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『日本陸海軍総合事典』第2版、22頁。
  2. ^ a b c d e f g 『日本陸軍将官辞典』98頁。
  3. ^ a b c d e f g 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』18-19頁。
  4. ^ 『官報』第8363号、明治44年5月11日。
  5. ^ 『官報』第1019号「叙任」1886年11月20日。
  6. ^ 『官報』第2094号「叙任及辞令」1890年6月24日。
  7. ^ 『官報』第8091号「叙任及辞令」1910年6月13日。
  8. ^ 『官報』第1473号「叙任及辞令」1888年5月30日。
  9. ^ 『官報』第1933号「叙任及辞令」1889年12月6日。
  10. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  11. ^ 『官報』第3849号・付録「辞令」1896年5月1日。
  12. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
茨木(惟昭)家初代
1895年 - 1914年
次代:
茨木昭一