茨木氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
茨木氏
家紋
本姓 出自不詳
種別 武家
主な根拠地 摂津国島下郡茨木
著名な人物 茨木長隆
凡例 / Category:日本の氏族

茨木氏(いばらきし)は、日本武家氏族


概要[編集]

茨木氏は、摂津国島下郡茨木を本貫とした国人領主で、室町時代には茨木城を中心とした地域で活躍した。代々室町幕府に仕えていたと見られる。戦国時代の初期に摂津国人一揆に参加したため細川政元の攻撃を受け、一族の多くが自刃するなど一時衰退するが、茨木長隆(伊賀守)の代に細川晴元に仕え栄達した。しかし、江口の戦いで晴元が敗北すると長隆も没落する。茨木重親(佐渡守)の代に三好氏に代わって台頭した織田信長に臣従したものの、1571年(元亀2年)、摂津三守護の一人和田惟政とともに池田氏を攻撃した際に、白井河原の戦いで敗北を喫し、重親は荒木村重に討ち取られ、まもなく茨木城も落城し、茨木氏は没落した。大坂の役の際に豊臣方として参加した茨木又十郎は、詳細は不詳だがこの一族出身と推測されている。また、又十郎の子孫との伝承のある茨木氏が大阪府東大阪市にある。

関連項目[編集]

上述の氏族とは別に、現代日本においては 単に茨木姓の人物のことを指すこともある(茨木惟昭茨木政彦など)。

  • 茨木で始まる記事の一覧