茨田皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

茨田皇子(まんだ の みこ、敏達天皇7年(579年) - 皇極天皇2年11月11日643年12月30日))は、飛鳥時代皇族用明天皇の第六皇子。母は欽明天皇の皇女・皇后穴穂部間人皇女聖徳太子の同母弟。上宮王家襲撃事件で山背大兄王らとともに自害したとされる。