茶屋町MBS劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

茶屋町MBS劇場(ちゃやまちエムビーエスげきじょう)は、毎日放送2008年度から2016年度まで放送されたラジオ番組で、ナイターオフ期間(10月 - 翌年3月)限定の演芸番組。放送日・時間はシーズンによって異なる。

このページでは、当番組の企画から派生した通年番組の『MBS日曜映画館茶屋町MBSシネマ』および、当番組と『茶屋町MBSシネマ』を収録コーナー扱いで内包したコンプレックス形式の生ワイド番組おわらナイト』(おわらナイト)についても述べる。

『茶屋町MBS劇場』[編集]

茶屋町MBS劇場
ジャンル 落語音楽番組
放送方式 録音
放送期間 2008年度 - 2016年度(ナイターオフ)
放送時間 #放送時間参照
放送局 毎日放送
パーソナリティ 柏木宏之
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

概要[編集]

『MBS1179寄席』(前半)と『茶屋町放送文化館』(後半。2010年度までは『MBS土曜(日曜)映画館』)の2部構成 → 『MBS1179寄席』(前半・後半)と『茶屋町柏木亭』(中盤)の3部構成によるコンプレックス番組で、柏木宏之毎日放送アナウンサー)が進行を担当。『MBS1179寄席』では落語の音源をノーカットで放送するため、各パートの放送時間は週により異なり、全編で『-寄席』が編成されたり、逆に『-柏木亭』が2本立てとなる時[1]もあった。

この枠は『MBSベースボールパークスペシャル』として10月以降もプロ野球中継が編成されることが多く、10月改編の最初から始まる年は少なかった[2]

放送時間[編集]

年度 曜日 放送時間
2008 18:00 - 20:00
2009 18:00 - 19:00 19時台に『ラジオふるさと便[3]のネット開始。その影響で、1時間以内の落語しか放送できなくなった。
2010 18:30 - 21:00 土曜日へ移動。放送時間を拡大。
2011 再び日曜日へ移動[4]
2012 [5] 19:00 - 20:30 再び土曜日へ。放送時間を縮小。
2013 19:30 - 21:00
2014 最終回は桂米朝追悼企画となった。
2015 桂米朝の高座を中心に放送予定、と銘打たれていた[6]
2016 3月最終週を待たずに終了[7]

番組内容[編集]

「MBS1179寄席」[編集]

  • タイトルの"1179"は、毎日放送(MBSラジオ)のAM周波数に由来。FM補完中継(ワイドFM)が開始された2016年度もタイトルは変更されていない。
  • MBSがアーカイブとして保存しているテレビ・ラジオの過去の演芸番組(『特選!米朝落語全集』や『ザ・上方寄席』など)や新たに収録した音源(近年は収録・放送実績なし[8])から、上方落語の一節(ネタ)を放送。登場する落語家も、故人、名人クラス、中堅・ベテランクラスと幅広いが、素材に『特選!米朝落語全集』があることから、桂米朝および米朝一門のネタの放送機会が非常に多い(他の一門では松鶴一門のネタがたまに放送される程度で、それ以外の文枝[9]春団治[10]染丸露のなどの一門は滅多に取り上げられない[11])。
  • 落語の音源をノーカットで放送するため、当パートの終了時刻はネタの長さによって異なる。2時間枠で放送されていた2008年度には、1時間を超える大ネタを流したこともあった。2010年度・2011年度は、放送枠が2時間半に拡大したため、大長編ネタを丸々1本放送したこともあった。
  • 毎日放送では過去にも、毎週日曜日の7:00 - 7:30に同名のラジオ番組を放送。『MBSサンデースペシャル』『MBSマンデースペシャル』でも、同名の企画を放送したことがある。また、2010年4月18日の深夜には、『MBS1179ミッドナイト寄席』というタイトルの特別番組を編成。『米朝一門 獅子十六の会〜都んぼ吉弥プロデュース〜』の録音から4題放送した。
  • 中途半端に時間が余った場合、落語家が歌った楽曲を流すことがあった(桂雀三郎 withまんぷくブラザーズ『ヨーデル食べ放題』、月亭可朝『嘆きのボイン』など)。

「茶屋町柏木亭」[編集]

  • 『MBS1179寄席』のネタが長くない場合(1時間半枠では通常2本放送)には、ネタの合間に主に上方落語家のゲスト[12]と柏木による対談も流す。ちなみに柏木は、ゲストの落語家に対し同期生について質問することが多かった。
  • 10月はプロ野球中継による番組休止の可能性があり[13]、2012 - 2016年度の11月は『GI最前線 ジョッキー★ナイト』(20:00 - 21:00に、年度下半期は11月から12月にかけて3度放送)を放送する週があったことから、当コーナーの放送機会は少なかった。

「茶屋町放送文化館」[編集]

  • 『MBS日曜映画館』が単独番組として独立した2011年度から、後半に不定期で放送。毎日放送が2003年まで千里丘放送センターで運営していた「放送文化館」にちなんで、毎日放送が過去に放送したラジオ番組の音源の一部や、過去に人気のあったテレビ番組の主題歌などを流す。
  • 2014年頃は「僕たちが好きだったテレビ主題歌」というタイトルで『MBSマンデースペシャル』枠に移行した。2015年度から2017年度は、『Till Dawn Music』(通年で平日の深夜に放送されている音楽番組)の中で上記の企画を放送することがあった。

元日興行[編集]

  • 2011年1回目となる1月1日は『元日興行』と銘打った4時間の拡大版として17:45 - 21:55に編成。落語『地獄八景亡者戯』とラジオドラマ『神だのみ』[14]で構成。また『U.K. BEAT FLYER 1179』も特別参加して、2011年に活躍が期待される関西にゆかりのある歌手・音楽家のメッセージを特集した。
  • 以来、毎年元日に長時間の特別番組を編成しているが、2016年元日は金曜日であることから翌2日の通常放送から番組を始めた。2017年元日は日曜日であることから前年大晦日の通常放送を休止し8:00 - 8:30[15]に『元日興行』を編成した。
  • レギュラー番組としての放送を終了した2017年度以降も、柏木の進行で、単独番組扱いの『新春興行』として編成。

関連および競合番組[編集]

テレビ番組
ラジオ番組

外部リンク[編集]

『MBS日曜映画館』 → 『茶屋町MBSシネマ』[編集]

茶屋町MBSシネマ
ジャンル 映画情報番組
放送方式 録音
放送期間 2008年 - 2017年9月30日
(独立番組としては2011年4月3日 - 2017年9月30日)
放送時間 土曜日 0:00 - 0:20
放送局 毎日放送
パーソナリティ 森川みどり
出演 堀田到
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

概要[編集]

2008年度から2010年度まで『茶屋町MBS劇場』枠の後半で放送されていたコーナーを、独立番組として編成。MBSラジオで以前放送されていた『茶屋町深夜映画館』(毎週日曜日深夜)から、放送内容や出演者、メールアドレスなどを引き継いでいる。

「シネマコミュニケーター」という肩書で活動するフリーアナウンサーの森川みどり[19]が、関西地区の映画館で公開中(または近日公開予定)の映画を紹介。毎日放送ラジオ制作部プロデューサーの堀田到[20]が、森川のパートナーを務める。放送回によっては、関係者のインタビューやサントラの一部を放送したり、近日発売予定のDVD作品を取り上げたりすることもある。

放送時間の変遷[編集]

  • 2011年4月3日からは、『MBS日曜映画館』のタイトルで、毎週日曜日の16:30 - 16:59に通年番組として編成。2011年度以降は、通年番組と並行して『 - 劇場』の後半で特別企画を放送することもあった。その一方で、前枠の『サンデー競馬中継 みんなの競馬』が中央競馬の薄暮開催レースを中継する場合は、当番組の放送枠を16:35 - 16:59に短縮していた。
  • 2014年度から、毎週土曜日の23:30 - 24:00に移動。タイトルを『茶屋町MBSシネマ』に改めた。
  • 2017年4月8日放送分からは毎週土曜日の0:00 - 0:20に移動した[21]が、独立番組としては同年9月30日で放送を終了した[22]

『おわらナイト』[編集]

おわらナイト
ジャンル 音楽番組・演芸番組・映画情報番組
放送方式 生放送(収録コーナーを内包していた時期あり)
放送期間 2017年10月7日 -
放送時間 土曜日2:30 - 4:55
放送局 毎日放送
パーソナリティ 伊東正治
公式サイト 公式サイト
特記事項:
『茶屋町MBS劇場』を「おわらナイト 茶屋町MBS寄席」、『茶屋町MBSシネマ』を「おわらナイト モーニングシアター」として内包コーナー化(「茶屋町MBS寄席」は年度下半期のみ放送、「モーニングシアター」は2018年9月で終了)。
テンプレートを表示

概要[編集]

「金曜の夜は終わらない!金曜の夜はお笑いを!金曜の夜はすばらしい時間を!」というメッセージの下に、『茶屋町MBS劇場』『茶屋町MBSシネマ』および『伊東正治のミュージック・バル』(2017年3月26日まで放送されていた音楽番組)の統合によって誕生した生ワイド番組。『ミュージック・バル』でパーソナリティ・プロデューサー・企画・選曲・インタビュアーの役割を一手に担っていた伊東正治フリーアナウンサーフリープロデューサー、元・毎日放送アナウンサー)が、「ナビゲーター」という肩書で生放送を進行する。

当番組では、『茶屋町MBS劇場』を「おわらナイト 茶屋町MBS寄席[23]」、『茶屋町MBSシネマ』を「おわらナイト モーニングシアター」として内包コーナー化(いずれも事前収録)。それ以外の時間帯には、『ミュージック・バル』の流れを汲む企画、伊東や毎日放送の他のラジオ番組のパーソナリティが選んだ楽曲、リスナーからのリクエスト曲などを生放送で届ける。このため、『ミュージック・バル』の最終シーズン(2016年度のナイターオフ編成)に続いて、「+MUSIC 906!」(毎日放送が月 - 土曜日の深夜に編成する音楽系のラジオ番組レーベル)へ組み込まれている。

番組タイトルの「おわらナイト」は、「Oh, What A Night!」(久保田利伸の楽曲のタイトル)の発音をベースに、「金曜の夜は終わらない」というメッセージを重ねている。番組ジングルは、このタイトルを歌詞に盛り込んだアカペラによるオリジナル音源[24]で、伊東に「こんなかっこいいジングルを使う番組を担当したかった」と言わせている。ちなみに、テレビ東京(関西地方ではテレビ大阪など)が1980年代の中盤に放送していた『おーわらナイト』(毎週金曜日22:00 - 22:30)とは、「(編成上)毎週金曜日に放送されるレギュラー番組」という共通点があるだけで、直接の関係がない。

なお、上記の内包コーナーのうち、年度上半期(プロ野球シーズン中)の放送では「おわらナイト 茶屋町MBS寄席」を休止。「おわらナイト モーニングシアター」は、2018年度の上半期も毎週放送されていたが、2018年9月29日放送分で終了した。

放送時間[編集]

  • 毎週土曜日2:30 - 4:55
    • 当時水 - 土曜日の未明から早朝にかけて編成されていた『Till Dawn Music』(基本として事前収録)の土曜未明・早朝放送分を終了させたうえで、放送枠を継承。2017年度の下半期には、「おわらナイト 茶屋町MBS寄席」を3:00頃から30分程度、「おわらナイト モーニングシアター」を4:00頃から20分間放送していた。
    • 2017年の年末から2018年の年始にかけては、以下のような編成で対応した。
      • 2017年の最終週(30日には、当番組の放送枠を『オールザッツレイディオ2017』(当該時間帯に毎日放送で放送するテレビ番組「オールザッツ漫才」と連動した特別番組)に充てる関係で、当番組の全編を休止。このため、当番組は23日放送分で、年内の放送を終了した。
      • 内包コーナーについては、独立番組として別々に編成。2017年12月31日(日曜日)の14:00 - 15:20に森川の進行で『茶屋町MBSシネマスペシャル』、2018年1月3日水曜日)の10:30 - 12:50に柏木の進行で『茶屋町MBS劇場〜新春興行〜』(先述)を放送した。
    • 2018年2月3日未明(2日深夜)には、毎日放送の番組やイベントへ頻繁に登場してきたいときん(旧名・イトキン。ET-KINGのリーダー)が同年1月31日に逝去したことを受けて、「ET-KING特集」をほぼ全編にわたって生放送。ラジオでの編成上「毎日放送におけるいときんへの追悼番組」と扱われたことから、他の生ワイド番組やスポットCMでも、メッセージの募集を兼ねて前日(2日)に告知していた。
      • いときんが『withイトキン 夜はラジオと決めてます』(『夜ラジ』という略称を持っていた2012年度ナイターオフ番組の金曜日)のパーソナリティでもあったことから、当日の放送では、『夜ラジ』を機にいときんと交流していた関係者がゲストで出演。3時台の前半には、テーマソングを提供していたオオザカレンヂkeisuke[25]への電話インタビュー(事前収録)を放送した。4時台の生放送パートには、いときんのパートナーを務めた亀井希生(毎日放送アナウンサー)が、『かめばかむほど亀井希生です!』(当日6:00から放送の生ワイド番組)の本番を控えていたにもかかわらず急遽ゲストで出演した。
      • 内包コーナーについては、「茶屋町MBS寄席」を休止。「モーニングシアター」については、放送時間をオオザカレンヂkeisukeへのインタビュー直後(3:30前後)まで繰り上げるとともに、森川がコーナーの冒頭でいときんへの追悼コメントを述べた。
    • 毎日放送の自社制作による深夜の生ワイド番組であるため、年度上半期に当たるプロ野球シーズン中(2018年は3月31日以降)の放送では、『MBSベースボールパーク』のナイトゲーム中継を延長した場合に放送時間を随時短縮[26]。このような事情から、「茶屋町MBS寄席」は、2018年度の上半期からレギュラー放送を休止している。その一方で、2018年10月6日放送分からは、「JAZZのお時間」というコーナーを新設。3時台の後半に、ジャズの名曲を流している。

出演者[編集]

現在(2018年10月以降)[編集]

  • ナビゲーター:伊東正治
    • 毎日放送のアナウンサー時代に、通算で12年間にわたってラジオ番組『MBSヤングタウン』(同局制作の深夜番組)へ生出演。同局ラジオプロデューサー時代の『モーニングミックス』や、『ミュージック・バル』放送期間中(2015年7月4日から同年12月26日まで)の『伊東正治の朝バル』など、同局のラジオでの早朝(4時台)の収録番組でもレギュラーでパーソナリティを務めた経験を持つ。
    • 66歳にして、同局のラジオでの早朝2時 - 4時台の生放送番組へのレギュラー出演を、人生で初めて経験。土曜未明・早朝の生放送であることから、後日radikoのタイムフリー機能で聴取しても楽しめる番組を目指している。ただし、当番組では「1人の『喋り手』として毎日放送のアナウンサーになった1975年頃の初心に還る」という意向から、プロデューサーを兼務しない[27]
    • 当番組の開始を機に、毎日放送アナウンサー時代の後輩・水野晶子がパーソナリティを務める『しあわせの五・七・五』(毎週土曜日の5:00 - 5:30に放送される川柳投稿番組)へ、自作の川柳を毎週投稿。2018年3月10日の生放送で、投稿した川柳が水野から初めて紹介された。

過去[編集]

  • コーナーレギュラー
    • 森川みどり
    • 堀田到(毎日放送の定年を迎えた2017年10月以降も「シニアスタッフ」[28]として引き続き勤務)
      • いずれも「おわらナイト モーニングシアター」にのみ出演。森川は、1995年に毎日放送ラジオの映画情報番組『こだわりシネマ大通り』で、当時同局のアナウンサーだった伊東とレギュラーで共演していた。また、伊東が同局のラジオプロデューサー時代に携わった番組(『ノムラでノムラだ♪』『森川みどり・渡辺裕薫のシネコン倶楽部』など)でも、レギュラー出演の経験があった。「おわらナイト モーニングシアター」の終了を機に降板。

主なコーナー[編集]

現在(2018年度下半期時点)[編集]

JAZZのお時間
  • 伊東自身が所蔵しているジャズのCDを活用したコーナーで、「おわらナイト モーニングシアター」の終了を機に、2018年10月7日から主に3時台の後半で生放送。毎回1名のアーティストに焦点を当てたうえで、そのアーティストが発表したジャズの名曲やカヴァー曲を、伊東の進行で数曲流す。

過去[編集]

おわらナイト 茶屋町MBS寄席
  • 『茶屋町MBS劇場』時代に扱っていた演目から、米朝事務所所属の米朝一門[29]の落語(ネタの長さは30分程度)に絞って毎日放送のアーカイブ音源を放送。『茶屋町MBS劇場』でオープニングとエンディングに流していたお囃子の音源を流用する一方で、柏木に代わって伊東が演者や演目を生放送で紹介する。
  • 特別企画(前述した「ET-KING特集」など)を急遽編成する場合に休止することがあった。
  • プロ野球シーズン突入を機に、2018年3月24日放送分で休止。
おわらナイト モーニングシアター
  • 『茶屋町MBSシネマ』から、出演者・企画・テーマソングを継承。同番組時代からスポンサーを付けていなかったが、内包コーナー化後のオープニングでは、森川がタイトルコールに続いて提供クレジット風に「森川みどりがお送りします」というアナウンスを入れていた。
  • 2018年9月29日放送分で終了。同年10月以降の放送では、リクエスト曲の放送やメッセージの紹介に充てられるほか、事前収録による特別企画を随時編成する。当コーナーで取り上げていた新作映画の情報については、大の映画好きでもある伊東が、自身の感想などを交えながら生放送中に随時紹介する。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2015年2月14日放送分など。
  2. ^ 2015年度(10月3日)・2016年度(10月1日)は改編第1週目に開始。
  3. ^ 文化放送制作。
  4. ^ 同年度は『ラジオふるさと便』をネットせず(翌年度はネットを再開し、2013年度から2017年度は後継番組『キニナル』をネット)。
  5. ^ 『GI最前線 ジョッキー★ナイト』放送時は20:00で終了。
  6. ^ MBSラジオ2015年10月タイムテーブル (PDF)”. 毎日放送 (2015年10月1日). 2015年10月10日閲覧。実際、米朝以外の落語が流されたのは12月26日放送分1本目の笑福亭三喬『住吉詣り』(上述2019年の『新春興行』でも同音源を放送)が初めてだった(三喬はその後の「茶屋町柏木亭」にゲスト出演)。
  7. ^ 3月最終土曜日の25日は大阪ガス presents ラジオドラマ『みつめればそこに』(写真家・入江泰吉の半生を題材)を放送。
  8. ^ 『らくごのお時間』に役割を譲る形となっている。
  9. ^ 直近の例は2016年12月10日に5代目桂文枝のネタを放送。
  10. ^ 直近の例は2017年1月14日に2代目桂春蝶と3代目桂春団治のネタを放送。
  11. ^ 事務所別では吉本興業(2007年10月 - 2019年6月のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属者は取り上げられない(故人である5代目文枝は例外)。
  12. ^ 落語会の告知目的で出演という例が多い。ネタの演者本人もしくはその弟子など関係者という例もある。『MBS1179寄席』ほど米朝一門偏重ではない。
  13. ^ 2016年度は、放送2回目の10月8日に笑福亭銀瓶(同月15日開催の独演会告知目的で)、翌週の10月15日に弟弟子の笑福亭鉄瓶が出演。その後、プロ野球日本シリーズ中継により番組が2週休止。
  14. ^ 小佐田定雄作の創作落語シリーズをドラマ化したもの。
  15. ^ 通常は『日曜コンちゃんおはようさん』を放送。
  16. ^ 放送時点では『サンデーLIVE ゴエでSHOW!』(日曜11:00 - 12:50)にてリポーターを担当。
  17. ^ 2016年11月26日放送分で流したラジオドラマ『上方落語四天王 さえずり噺〜ああ、青春の上方落語〜』の主題歌。
  18. ^ 開催当日の放送で柏木がそれについて触れることはなかったが、2017年は、きく会(1月21日開催)「夜の部」の笑福亭三喬『らくだ』(前年11月に桂吉弥『地獄八景亡者戯』共々演目を発表済み)を意識してか、師匠である6代目笑福亭松喬初天神』(最晩年の2013年1月20日に阿倍野区民センターで開催された「松喬十六夜」第二夜で口演)を流した。なお初天神自体が1月25日であることから、同作は1年後(2018年1月19日)に「茶屋町MBS寄席」でも流した(ちなみに『初天神』は、翌日のきく会「昼の部」で桂米二が口演)。
  19. ^ 森川は、堀田が担当していた平日夕方の帯番組『ノムラでノムラだ♪』にも、新作映画の紹介を目的に不定期で出演していた。また在阪他局では『兵動大樹のほわ〜っとエエ感じ。』(朝日放送ラジオ)14時台前半「チケット兵動」コーナーに月1回程度出演。
  20. ^ 自己紹介時は名前の「到(いたる)」を言わないのが特徴。
  21. ^ これは日曜日1:20 - 1:50に新設される『極楽とんぼオレたちちょこっとやってまーす!』の放送枠を捻出するためで、0:00 - 0:30の『SUPER☆GiRLSのスーパーラジオ!』と0:30 - 1:50の『ちょこっとやってまーす!』は30分繰り上げとなり、その玉突きで当番組が10分縮小のうえ土曜0時台へ。加えて後枠で放送となる『野村啓司の懐メロ♪ジュークボックス』『福島のぶひろの、どうぞお構いなく。』も当番組と同様に10分縮小。
  22. ^ 翌週(10月7日)から『おわらナイト』の内包コーナーへ移行するとともに、『野村啓司の懐メロ♪ジュークボックス』『福島のぶひろの、どうぞお構いなく。』の放送時間が元に戻った。
  23. ^ 当初のコーナー名は「おわらナイト MBS1179寄席」だったが、開始1ヶ月ほどで変更。
  24. ^ 『Till Dawn Music』水 - 金曜未明分の後継番組として、2018年4月改編から始まった『あどりぶラヂオ』(日替わりワンマンDJスタイルの生放送番組)でも、当番組に似たアカペラのジングルを使用。
  25. ^ 出演後の2018年11月から、本名をカタカナで表記した「ケイスケサカモト」に改名。
  26. ^ 火 - 木曜21時台の『豊永真琴のベースボールパークEXトラ!』に相当する時間調整枠が金曜21時台に存在しないことや、金曜21時台から当番組までの間に複数の収録番組(2018年度は『アリスのMBSヤングタウン』『野村啓司の懐メロ♪ジュークボックス』『DJ KO-TAROの+musicレディオ』および、生放送を実施しない週の『ヤマヒロのぴかいちラジオ』『福島のぶひろの、どうぞお構いなく。』)を挟むことによる措置。
  27. ^ 『伊東正治のミュージック・バル』2017年10月5日付スタジオ日記「新番組『おわらナイト』のメール・アドレスは・・。」
  28. ^ 毎日放送の定年である60歳からの5年契約による嘱託社員。柏木も2018年2月の定年以降「シニアスタッフ」として勤務。伊東は2011年の定年から2016年7月まで「シニアスタッフ」として勤務した後に、フリーのプロデューサー・アナウンサーへ転身した。
  29. ^ 他一門の落語が流されたのは、2017年度は2018年1月19日放送分の6代目笑福亭松喬『初天神』(先述)と3月2日放送分の3代目桂春団治『祝いのし』のみ。
毎日放送 2008年度ナイターオフ 日曜日 18:00 - 20:00
前番組 番組名 次番組
MBSどっと!アナ
(18:00 - 20:30)
茶屋町MBS劇場
茶屋町MBS劇場
(18:00 - 19:00)
ラジオふるさと便
(19:00 - 20:00)
毎日放送 2009年度ナイターオフ 日曜日 18:00 - 19:00
茶屋町MBS劇場
(18:00 - 20:00)
茶屋町MBS劇場
毎日放送 2010年度ナイターオフ 土曜日 18:30 - 21:00
INO-KONボンバイエ
(17:45 - 21:00)
茶屋町MBS劇場
毎日放送 2011年度ナイターオフ 日曜日 18:30 - 21:00
MBSとらぐみタイガースライブ!
(17:59 - 19:00)
ラジオふるさと便
(19:00 - 20:00)
MBSサンデースペシャル
(20:00 - 21:00)
茶屋町MBS劇場
福島暢啓の昭和歌謡でSHOW!
(17:59 - 19:00)
ラジオふるさと便
(19:00 - 20:00)
MBSサンデースペシャル
(20:00 - 21:00)
毎日放送 2012年度ナイターオフ 土曜日 19:00 - 20:30
MBSたびぐみ とっておき旅ラジオ
(18:30 - 21:00)
茶屋町MBS劇場
withタイガース カワスポサタデー運動部!
(17:59 - 19:25)
MBSニュース・お天気のお知らせ
(19:25 - 19:30)
茶屋町MBS劇場
(19:30 - 21:00)
毎日放送 2013・2014・2015・2016年度ナイターオフ 土曜日 19:30 - 21:00
茶屋町MBS劇場
(19:00 - 20:30)
ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo
(20:30 - 21:00)
茶屋町MBS劇場