茶道具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

茶道具(ちゃどうぐ)は、茶道に用いる道具類の総称。

一般的な茶道具の一覧[編集]

茶道具の設置例。左から、風炉と釜・建水(中に蓋置)・柄杓と火箸・水差・煙草盆で下に敷いてあるのは長板。床の間に左から花入・掛け物・香合。風炉を用いた夏の飾り(配置)で、この後客が入り茶碗と茶器が持ち込まれてお手前が開始される。
  • 茶碗(ちゃわん)
  • (茶釜/ちゃがま、風炉/ふろ)、炭十能(たんじゅうのう)、火起こし(ひおこし)
  • 風炉先屏風(ふろさきびょうぶ)
  • 柄杓(ひしゃく)
  • (ぼん)
    • 千歳盆(ちとせぼん)
    • 花形盆(はながたぼん)
    • 山道盆(やまみちぼん)
  • 水指(みずさし)
  • 水注薬缶(みずつぎやかん)
  • 茶筅(ちゃせん)
  • 茶巾(ちゃきん)
  • 茶巾筒(ちゃきんづつ)
  • 茶器(ちゃき)
    • 茶入(ちゃいれ)
    • (なつめ)
    • 薄茶器(うすちゃき)
    • 茶壷(ちゃつぼ)
    • 茶筒(ちゃづつ)(
    • 抹茶篩(まっちゃふるい)(
  • 茶杓(ちゃしゃく)
  • 蓋置(ふたおき)
  • 建水(けんすい)
  • 台子(だいす) - (たな) - (いた)
  • 袱紗挟み(ふくさばさみ)
  • 菓子器(かしき、ヤンポ)
    • 菓子鉢(かしばち)
    • 振り出し(ふりだし)
  • 香合(こうごう)
  • 掛物(かけもの、掛け軸
  • 花入(はないれ、花器、花かご

関連項目[編集]