草刈重継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
草苅重継
時代 戦国時代 - 江戸時代
生誕 弘治4年/永禄元年(1558年[1]
死没 元和2年4月25日1616年6月9日
改名 草苅重継→福岡重継
別名 通称:次郎→太郎左衛門尉
官位 対馬守受領名
主君 草苅景継毛利輝元小早川隆景秀秋→毛利輝元→秀就
長州藩
氏族 藤原北家秀郷流宇都宮氏庶流草苅氏
父母 父:草苅衡継、母:山名兵庫頭の娘
兄弟 景継重継、重久、女(三吉隆勝室)、女(草苅盛雅室)、女(小瀬広勝室)
正室:朝倉弘房の娘
継室:宗像氏貞の次女
女(鹿村正一室)、就継、女(都野就辰室)、種継、隆継、福岡氏継、孝継、円乗坊

草苅 重継(くさかり しげつぐ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将毛利氏小早川氏の家臣。美作国国人。通称は次郎、太郎左衛門尉。受領名対馬。父は草苅衡継、母は山名兵庫頭の娘。異母兄に景継。正室に朝倉弘房の娘、後室に宗像氏貞の次女。美作高山城主。

生涯[編集]

弘治4年/永禄元年(1558年)、美作国国人草苅衡継の次男として誕生。天正3年(1575年)、織田氏へ内通した兄・景継が切腹すると小早川隆景の斡旋で草刈氏の当主となり、毛利氏に従属する。天正10年(1582年)、毛利氏と羽柴秀吉による備中高松城の戦いの和睦交渉で美作が割譲されたことにより同国を退去、毛利輝元から勘忍料として備後国に代替地を与えられ居を移す。天正11年(1583年)、宇喜多直家に与する川端家長を打ち破り撤退させている。

その後、重継は小早川隆景に仕える。天正13年(1585年)の四国攻めの恩賞として、隆景が秀吉から伊予国を与えられた際は伊予白実城の城将となり、翌天正14年(1586年)からの九州平定における功績で筑前国を領した際には、重継は筑前宝満城に配された。また、この頃に宗像氏貞の次女を娶ったことにより、後年の朝鮮出兵の戦功で秀吉から宗像氏の名跡を与えられた[2]。このため、宗像氏の相伝文書は草苅氏に伝来することになった。

文禄4年(1595年)に隆景が隠居すると隆景の養子秀秋に仕えるが、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦い以前に毛利氏の家臣に復し、安芸国三原で堅田元慶と共に小早川氏家臣団の整理を担当している。

元和2年(1616年4月25日に死去。享年59。嫡男の就継が後を継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 死没時の年齢から逆算。
  2. ^ 後に福岡姓に改姓している。

参考文献[編集]