草場佩川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

草場 佩川(くさば はいせん、天明7年1月7日1787年2月24日) – 慶応3年10月29日1867年11月24日[1])は、江戸時代後期の儒学者佐賀藩多久領出身で、江戸で古賀精里に学び、佐賀藩藩校弘道館教授を務めた。佩川(珮川)は[注釈 1]通称は磋助(さすけ)[1][3]あるいは瑳助[1][4]は韡(さかえ)[3][注釈 2]は棣芳(ていほう)[3]漢詩人として知られ、文人画にも優れた。

生涯[編集]

天明7年(1787年)、肥前国多久町において、多久邑主(領主)である多久氏佐賀藩重臣)の家臣、草場泰虎の次男として生まれる[3]。幼くして父を失ったが、母に教えられた和歌をそらんじるなど利発に育った[3]。8歳で多久の東原庠舎に入門[6][7]。15歳で東原庠舎の「句読師補」(師に代って素読を教える役目)を務めた[6][8]

文化元年(1804年)、18歳の時に邑主多久茂鄰(しげちか)の命によって[6]佐賀藩校弘道館に入る[6][8]。この際、師の古賀穀堂古賀精里の子)から「珮川」の号を与えられた[3](のちに「佩川」に改める[3])。

文化7年(1810年)、23歳の時に多久茂鄰に従って[8]江戸に出、古賀精里に学んだ[5][6][8]。文化8年(1811年)には古賀精里に同行して対馬朝鮮通信使の迎接にあたる[6]。朝鮮側の使節団と詩文を交わし、文名を挙げている[1]。この時の対馬出張の記録として、画も交えた『津島日記』がある[8]

文化8年(1811年)に帰郷、多久家の儒官となり東原庠舎に奉職[5][9]。天保5年(1834年)[6]に佐賀藩弘道館教諭となった[5][7][6]。多久家・佐賀本藩の主君の教師となり[8]、また藩士の教育にあたった[5]。また政治にも参画、藩主鍋島直正(閑叟)の信任を受けた[5]

安政2年(1855年)には昌平黌教授として招聘を受けるも[8]、「老病」を理由として辞退[10]。安政6年(1859年)、73歳で弘道館教授に就任[9]。佩川が教諭・教授を務めた弘道館からは、大隈重信副島種臣大木喬任江藤新平らが輩出した[6][7]

文久元年(1861年)致仕[9]。慶応3年(1867年)10月29日死去、享年81。草場船山は長男。墓所は多久市の大古場墓地[11]

人物[編集]

漢詩・画に優れた人物であった[1]。また、清音(中国語)に通じ[12]、武芸にも秀でていたという[7]。著作として『津島日記』[1][6]、詩集に『珮川詩鈔』[1]などがある。文化元年以来の膨大な日記(『草場珮川日記』)を残している[13]

画は長崎で江越繍浦(父の友人であった[12])を師として沈南蘋の画風(南蘋派)を学び、のちに南宗画に転じて墨竹画を能くした[2]。主君多久茂鄰ら多くの肖像を残しているが、自画像は残しておらず[14]、また他の画家によっても描かれてはいない[14]

詩は63歳までに「一万五千余首」を賦したといい[15]広瀬旭荘は『珮川詩鈔』に「真の雅人」と賛辞を記している[15]

親交を結んだ人物としては、菅茶山[5]市河寛斎[5]頼山陽[5][2]篠崎小竹[2]らが挙げられる。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 別号に索綯[2]、濯纓堂主人[2]、玉女山人[2]、玉女山樵[1]など。
  2. ^ 「韡」[1][2]のほか、「鞾」と表記する人名事典もある[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 草場佩川”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク所収). 2014年5月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 草場佩川”. 美術人名辞典(コトバンク所収). 2014年5月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 高橋(2013年)、p.10
  4. ^ 大庭卓也. “「津島日記」とその関連書”. 佐賀大学電子図書館. 佐賀大学. 2014年6月11日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i 草場佩川”. 世界大百科事典 第2版(コトバンク所収). 2014年5月26日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j 多久の賢人たち”. 公益財団法人孔子の里(多久聖廟). 2014年5月26日閲覧。
  7. ^ a b c d 多久の賢人たち”. 多久市立図書館. 2014年5月26日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g 高橋(2013年)、p.11
  9. ^ a b c 高橋(2013年)、p.108
  10. ^ 高橋(2013年)、p.12
  11. ^ 高橋(2013年)、p.110
  12. ^ a b 高橋(2013年)、p.20
  13. ^ 高橋(2013年)、p.18
  14. ^ a b 高橋(2013年)、p.7
  15. ^ a b 高橋(2013年)、p.16

参考文献[編集]

  • 高橋博巳『佐賀偉人伝11 草場佩川』(佐賀県立佐賀城本丸歴史館、2013年) ISBN 978-4-905172-10-9