草本のボーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アーリーホールの草本ボーダー

草本のボーダー[1](そうほんのぼーだー、英:herbaceous border)は、通常色、形または通して大規模かつ劇的な効果を生み出すために、密接に並べられた多年生草本植物 (2年以上生きる、そして茎が柔らかく、木でない植物)の集まりです[1]。 草本ボーダーという用語は、主にイギリスとその連邦国で使用されています。 北米では、 多年生ボーダー(perennial border)という用語が通常使用されます[2]

今日知られているような草本のボーダーはビクトリア朝時代の庭園で最初に一般的に使われました。 交配と新しい輸入植物種は、18世紀と19世紀のイギリスの庭園の形に革命をもたらしました。 さらに、イギリスで20世紀の庭の設計者として多作な庭園作家であるガートルード・ジーキルの作品は、イギリスのコテージガーデン復活を通して草本のボーダーの利用を広めました[1]

多年生植物は3〜4年ごとに掘り下げてベッド部分を清潔に保ち、植物の過成長を防ぐために分割する必要があるため、草本のボーダー状を維持するのは作業集約的です。 第一次世界大戦時 、庭園を維持するための労働力が不足していたため、このタイプのボーダーは英国ではあまり普及しなくなりました。 しかし、英国の庭園にはまだいくつかの有名な例があります。 ギネスブックによると、世界最長の草本ボーダーは、215メートル(705フィート)で、スコットランドのイースト・ロージアンにあるディルルトン城にあります [3]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Japanese Sociological Review 38 (3): 380–381. (1987). doi:10.4057/jsr.38.380. ISSN 1884-2755. https://doi.org/10.4057/jsr.38.380. 
  2. ^ Haga, Toru (2004). “Language Barriers, Cultural Borders”. TRENDS IN THE SCIENCES 9 (12): 14–17. doi:10.5363/tits.9.12_14. ISSN 1884-7080. https://doi.org/10.5363/tits.9.12_14. 
  3. ^ Dirleton Castle & Gardens”. Undiscovered Scotland. 2017年10月3日閲覧。

出典[編集]