草柳大蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

草柳 大蔵(くさやなぎ だいぞう、1924年大正13年)7月18日 - 2002年平成14年)7月22日)は日本の評論家ノンフィクション作家ジャーナリスト。妻はきもの研究家の石川あき(1927年- )。長女はテレビキャスターの草柳文恵

経歴[編集]

神奈川県横浜市鶴見区出身。横浜二中旧制府立高校を経て、1945年昭和20年)、東京帝国大学に入り、在学中に学徒出陣し、特攻隊員(特別操縦見習士官)を志願する。敗戦後復学し、1948年(昭和23年)に同大法学部政治学科を卒業。八雲書店に入社し、編集者として『中野重治国会演説集』などを手がけるが、1949年(昭和24年)に人員整理で退職し、自由国民社編集者、産経新聞記者(経済担当)等を経験。その間、植田康夫らとともに「大宅壮一東京マスコミ塾」に学び、1952年(昭和27年)から大宅壮一の助手としてに2年間師事。1956年(昭和31年)『週刊新潮』創刊に加わり、当初はリライターとしての起用だったが、次第に特集記事をまかされるようになり、記者の取材結果を草柳がアンカーとして記事にするという分業体制も生まれた。1958年(昭和33年)『女性自身』の創刊に参画。同年からフリーランサーとなり、週刊誌の草創期に自らアンカーとなった取材・執筆の「草柳グループ」を率いた。

1962年(昭和37年)、『芸術生活』に「山河に芸術ありて」を連載し、初めて評論家として署名で仕事を始める、人物、芸術、世相などの評論活動を行う。1966年(昭和41年)、『文藝春秋』に連載した「現代王国論」で文藝春秋読者賞を受賞。一貫して、いまある日本はいかにして形づくられたのか、という問いを維持しつづけてきた。1984年(昭和59年)にNHK放送文化賞を獲得、内外調査会理事、NHK経営委員、静岡県人づくり百年の計委員会の会長等を歴任。

主な著作は『現代王国論』、『実録 満鉄調査部』上・下、『官僚王国論』、『ものを見る眼・仕事をする眼』、『内務省対占領軍』、『日本解体』、『昭和天皇と秋刀魚』、『池田大作論』ほか多数。

2002年(平成14年)7月22日、静岡県熱海市の自宅にて死去、享年78。翌2003年(平成15年)3月に妻・草柳アキから蔵書の一部(7148冊)が静岡県立中央図書館に寄贈され、“草柳大蔵コーナー”と名付けられた。

エピソード[編集]

  • 野村克也が、人生で大きく影響を受けた人物である。南海ホークス選手兼任監督時代、妻・沙知代の知人であったことで、夫人から紹介され、読書を勧められたことがきっかけで、よき相談相手となっていた。1977年の南海監督解任時には、妻が南海球団によってスケープゴートにされたと激怒した。野村がこのまま現役引退したほうがいいのかと相談をしたところ、「42歳ならまだ若い。当時のフランスのフォール首相は、75歳でロシア語の勉強を始めた」という事例を語り、何事も生きているうちは勉強という「生涯一書生」という言葉に送った。それにあやかり「生涯一捕手」という、のちの代名詞が生まれた。また現役引退後、大企業の経営者相手の講演の際、何を喋ったらいいかわからず、2時間の予定が30分ほどで終わることもしばしばあった。そこで「経営者の人たちは、経営学の話なんか誰も興味が無い、あなたの野球に纏わる話を聞きたいから集まってくれている。絶対に野球の話以外はしたらいけない」とアドバイスを送った。

著書[編集]

  • 『山河に芸術ありて 伝統の美のふるさと』講談社, 1964
  • 『現代の名人』現代人社 1966
  • 『女がここに生きている ルポルタージュ その心情とエネルギーの記録』現文社 1966
  • 『マスコミ新兵』現代ジャーナリズム出版会 1966
  • 『ああ電話 山村のできごとからその未来像まで ルポルタージュ』ダイヤル社 1967
  • 『現代王国論』文藝春秋 1967
  • 『明治再見』東京中日新聞 1967
  • 『愛される心 学校で教えてくれなかった魅力学』大和書房 1968 のち女性論文庫
  • 『女・生きる』現文社 1968
  • 『企業王国論』正続 文藝春秋 1969-70 のち角川文庫
  • 『お嬢さんこんにちわ 青春の美と才知の条件』大和書房 1969
  • 『一分一話 著名人200人へ電話インタビュー』芸術生活社 1970
  • 『実力者の条件』正・新・新々 文藝春秋 1970-72 のち文庫
  • 『愛のながれにあるもの ひとり心に育てる才知』大和書房 1970 のち女性論文庫
  • 『お嬢さんの春夏秋冬 愛をはぐくむ知恵24章』大和書房 1971
  • 『この考えはどうだ 現代の45人と草柳大蔵の「日本列島論」』太陽 1972
  • 『特攻の思想-大西滝治郎伝』文藝春秋 1972 のち文庫/グラフ社、2006
  • 『愛が生まれるとき 美しい感覚を拾うために』大和書房 1972 のち女性論文庫
  • 『お嬢さんこんにちわ』大和書房 1972 のち女性論文庫
  • 『女とはなにか』大和書房 1972 のち女性論文庫
  • 『妻とよばれるための二十八章』講談社 1972 のち「二十三章」女性論文庫
  • 『お嬢さんの人物論24』大和書房 1973 のち文庫
  • 『女であることの十八章』大和書房 1973 のち女性論文庫
  • 『日本名匠伝』土門拳写真 駸々堂出版 1974
  • 『織りびと染めびと 名匠13人の染織にかける愛と生活』主婦の友社 1974 のち女性論文庫
  • 『お嫁にゆく前の50章 その最初の25章、そのつぎの25章』講談社 1974 のち「四十四章」女性論文庫
  • 『男ってこうです 結婚生活のための男性論』講談社 1974
  • 『世界王国論』文藝春秋 1974 のち角川文庫
  • 『官僚王国論 文藝春秋 1975 のち角川文庫
  • 『この愛<かな>しきもの』主婦の友社 1975 のち女性論文庫
  • 『お嬢さんご馳走さま 食べものへの思いやりについて』朝日ソノラマ 1975 のち女性論文庫
  • 『美しき女への条件』主婦の友社 1976 のち女性論文庫
  • 『お嬢さん、青い鳥は外国にいますか』大和書房 1976
  • 『おんなの歳時記』朝日ソノラマ 1976 のち女性論文庫
  • 『娘よ、起きなさい。 草柳大蔵の煌々しき人生論』光文社 1977 のち女性論文庫
  • 『美しきものとの出逢い』大和書房 1978 のち女性論文庫
  • 『お嬢さんの人物論 その愛・人生・仕事・イメージ』大和書房 1978 のち文庫
  • 『娘がいま知っておくべきこと 愛と生活のための26章』大和書房 1978 のち女性論文庫
  • 『お嬢さん、お言葉でございますが さようなら「珍語、漫語、垢語」辞典 草柳大蔵からのメッセージ』光文社 1978 のち女性論文庫
  • 『実録満鉄調査部』朝日新聞社 1979
  • 『ものを見る眼仕事をする眼 男の生き方・33章』大和出版 1979
  • 『現代社会の病理』現代研究会 1979
  • 『女が見る眼・女を見る眼 12人の女性に求めた人間像』講談社 1979 のち女性論文庫
  • 『むすめの座標』光文社 1979 のち女性論文庫
  • 『男を見る眼25章』大和書房 1980
  • 『美しく生きるとき むすめのための文化論』光文社 1981
  • 斎藤隆夫かく戦えり』文藝春秋 1981 のち文庫/グラフ社、2006
  • 『なぜなしに薔薇は咲く』主婦の友社 1981
  • 『草柳大蔵女性論文庫』全23冊 大和書房、1981-83
  • 『手紙をポストに入れるまで 手料理のような手紙を書くための35章』大和書房 1982
  • 『聞いてほしい、これだけのこと 妻であれ娘であれ』大和書房 1982
  • 『草柳大蔵の女性抄』グラフ社 1982 のち三笠書房知的生き方文庫
  • 『頭と心の名医たち 35歳からの頭脳革命』ABC出版 1982
  • 『草柳大蔵の礼儀と作法』グラフ社 1983
  • 『創造だけが人生か もうひとつの視点へ・35篇』日本リクルートセンター 1983
  • 『愛のはじめと終りに ちょっと辛口の女性論』大和書房 1983
  • 『花で語る人生論』ダイワアート 1984
  • 『あなたの「死にがい」は何ですか? 「人生五計説」による人生談義』福武書店 1984 のち文庫
  • 『25歳までのマナーの本』ダイワアート (生き方シリーズ 2) 1985
  • 『日本解体 内務官僚の知られざる869日』ぎょうせい 1985/「内務省対占領軍」朝日文庫 1987
  • 『私の応援歌 知っていますか?大麦小麦二升五合』TBSブリタニカ 1985
  • 『82点のお嬢さん 美しい時間の礼儀と作法 食卓篇』グラフ社 1986
  • 『22歳からの自分づくり すっきりした大人になるための知恵』大和書房 1987
  • 『指導者はこう考えている 草柳大蔵と日本経済を語る』グラフ社 1987
  • 『水は深く掘れ 自分と日本を考える』佼成出版社 1987 のち知的生き方文庫
  • 『知っていますか?男の偏差値』大和書房 1988
  • 『仕事のしかた私の方法』三笠書房 1988
  • 『普通の女になるための21章』大和書房 1989
  • 『なぜ、一流品なのか 読むオシャレ・24章』大和書房 1990 のち福武文庫
  • 『「日本らしさ」の新段階』メディアファクトリー 1990
  • 『日本人はこんなとき燃える 圏(パラダイム)の中に住むか圏の外に住むか』青春出版社 (プレイブックス) 1991
  • 昭和天皇と秋刀魚』中央公論社 1992 のち文庫
  • 『これが私のお経です わが鈍根かくの如し』海竜社 1993
  • 『継続は力なり 人生を本音で生きた女校長の記録』大和書房 1993
  • 『この刺戟的な眼 歴史対談集』ワイエス出版 1994
  • 『日本人のお行儀 いやしの時代に贈る作法50話』グラフ社 1995
  • 『知の荒野に立たぬために 私の人生手帖 春風秋雨』海竜社 1996
  • 『花は天にむかって活けよ 時代を読む24話』宣伝会議 1999
  • 『ひとは生きてきたようにしか死なない 生病老死に関する25章』保健同人社 1999
  • 『礼儀覚え書 品格ある日本のために』グラフ社 2000
  • 『さらば状況主義国家 日本の漂流を止めるもの』麗澤大学出版会 2000
  • 『ふだん着の幸福論』清流出版 2001
  • 『花のある人花になる人』グラフ社 2001
  • 『代替医療でヒトはこう変わる 草柳大蔵と23人の対話 あきらめる前にためしていいこれだけの方法』現代書林 2001
  • 『きれいな敬語羞かしい敬語』グラフ社 2001
  • 『生命を燃やしております』TBSブリタニカ 2001
  • 『午前8時のメッセージ』正・続 静岡新聞社 2001-02/静新新書 2009[抄版]
  • 『絶筆 日本人への遺言』海竜社 2003

共著・編纂[編集]

  • 『日本の経営者』写真林忠彦 ダイヤモンド社 1975
  • 『きょうの、この24時間 各駅停車的人生論』扇谷正造 経済往来社 1983 のち三笠書房知的生き方文庫
  • 『トマトの巨木の生命思想』野沢重雄 ABC出版 1985
  • 『日本の名随筆 別巻 37 礼儀』(編)作品社 1994

翻訳[編集]

  • 乙女たちへの手紙 アンドルー・グリーリ 三笠書房 1983
  • "自分らしさ"を愛せますか レオ・バスカリア 三笠書房 1983 のち知的生き方文庫
  • わが死生観 セネカ 三笠書房 1984 のち文庫
  • 不動心 マルクス・アウレリウス 三笠書房 1985 のち文庫
  • 私たち、ひとりぼっち ジェレミー・シーブルック 三笠書房 1985
  • 自分の人生、生きてますか レオ・バスカリア 三笠書房 1987 のち文庫
  • 自分の出番をつくれ! ウォーレン・J・リッジ 三笠書房 1991
  • 愛するということ、愛されるということ レオ・バスガリア 三笠書房 1992 のち文庫
  • いまの自分を抱きしめてますか レオ・バスカリア 三笠書房 1993

出演番組[編集]

関連項目[編集]