草莽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

草莽(そうもう)は、民間にあって地位を求めず、国家的危機の際に国家への忠誠心に基づく行動に出る人(草莽之臣)を指す。

特に幕末期の日本においては特殊な意味を有する。

日本における概要[編集]

幕藩体制が動揺をきたした18世紀後半以後、在野もしくはそれに準じた豪農・知識人層(江戸幕府に対して直接意見を進言できるルートのない人々)の中に、自らを「草莽」になぞらえ政治的主張をする者が出現した。それが19世紀に入ると尊王論攘夷論と結びつき活発化する。

黒船来航など西洋からの圧力が大きくなった1850年代に入ると、吉田松陰らによって「草莽崛起」論が唱えられた。吉田らは武士以外の人々、すなわち豪農・豪商・郷士などの階層、そして武士としての社会的身分を捨てた脱藩浪士を「草莽」と称し、彼らが身分を越えて、国家を論じて変革に寄与して行くべきであると主張した。これを受けて、1860年代にはこうした草莽が尊王攘夷運動討幕運動に参加していくことになる(奇兵隊天誅組生野組真忠組花山院隊赤報隊など)。しかし、攘夷という方便に利用されただけであったことに気づかなかった大多数の人々は、討幕がなると、討幕とは逆の「開国和親」というスローガンをかかげた政府によって手のひらを返され、反乱を起こすもののトカゲの尻尾切りよろしく大量に打ち捨て殺された(士族の反乱、奇兵隊の末路など)。結果的に、明治政府へ組み込まれた者は頭がよく使えるごく一部であり、大半は政治的敗者として姿を消すことになった。

参考文献[編集]

  • 池田敬正 「草莽」 『日本近現代史事典』 東洋経済新報社、1979年 ISBN 978-4-492-01008-2
  • 高木俊輔 「草莽」 『日本史大事典 4』 平凡社、1993年 ISBN 978-4-582-13104-8
  • 高木俊輔 「草莽」 『日本歴史大事典 2』 小学館、2000年 ISBN 978-4-09-523002-3
  • 三宅紹宣 「草莽諸隊」 『日本歴史大事典 2』 小学館、2000年 ISBN 978-4-09-523002-3