草野旦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

草野 旦(くさの あきら、1943年 - )[1]は、日本の演出家レビュー少女歌劇)、宝塚歌劇団理事。

略歴[編集]

神戸市生まれ[1]甲南大学文学部卒業後の1966年、宝塚歌劇団に入団[1]。1971年、宝塚大劇場公演『ハレルヤ』で演出家デビュー[1]。1977年、草野が構成・演出を担当した『ザ・レビュー』第3部夢人で、文化庁芸術祭優秀賞を受賞[1]

1982年、バウホール『永遠物語』で初めてドラマの脚本・演出を手がけ、再演を繰り返す作品を生み出している。1992年、ニューヨーク・ジョイスシアターの海外公演『TAKARAZUKA“夢”』の作・演出を担当[1]

1996年、歌劇団理事に就任。

2000年、『源氏物語 あさきゆめみし』で、初めて大劇場公演の芝居の作・演出を手掛ける。2007年、バウワークショップ『ハロー!ダンシング』で5組すべての演出を担当する。

主に、ショー作品を中心に担当し、宝塚レビューを牽引する演出家の一人として活躍している。

2011年、OSK日本歌劇団の演出をはじめて担当する。

宝塚歌劇作品[編集]

大劇場(ショー)[編集]

大劇場(芝居)[編集]

その他劇場[編集]

  • 第3回ヨーロッパ公演(1975年)*演出のみ
  • 中南米公演(1978年)
  • 永遠物語』(1982年 - 1983年 月組 宝塚バウホール、簡易保険ホール 主演:榛名由梨)
  • 『フロムハート物語』(1985年 雪組 宝塚バウホール 主演:平みち)
  • 『永遠物語』(1987年 月組 宝塚バウホール 主演:榛名由梨)
  • 『ベルベット・カラー』(1988年 花組 宝塚バウホール 主演:朝香じゅん
  • 『TAKARAZUKA“夢”』(1992年 ニューヨーク・ジョイスシアター、シアタードラマシティ 主演:大浦みずき)
  • 『アリア 夢唄』(1995年 雪組 シアタードラマシティ 主演:一路真輝)
  • 『黄色いハンカチ』(1996年 星組 宝塚バウホール 主演:真織由季
  • 『永遠物語』(1998年 月組 宝塚バウホール、日本青年館 主演:榛名由梨)
  • 『聖夜物語』(1998年 星組 シアタードラマシティ 主演:稔幸)
  • 『ハロー!ダンシング』(2007年 宝塚バウホール)
  • 『源氏物語 あさきゆめみしII』(2007年 花組 梅田芸術劇場メインホール 主演:春野寿美礼)

コンサート[編集]

  • 鳳蘭プチコンサート『愛のカタログ』(1979年 宝塚バウホール)
  • 順みつきバウコンサート『I LOVE MUSIC』(1980年 宝塚バウホール)
  • 松あきらバウショー『YOU・ME -松あきらの世界-』(1981年 宝塚バウホール)
  • 順みつきバウショー『I LOVE MUSICⅡ』(1982年 宝塚バウホール)
  • 峰さを理リサイタル『愛のカンタータ』(1986年 星組 宝塚バウホール、abc会館、愛知文化講堂
  • 紫苑ゆうバウリサイタル『SHION -愛の祈り-』(1994年 宝塚バウホール)
  • 初風緑コンサート『Carmine-カーマイン-』(2003年 新神戸オリエンタル劇場、日本青年館)

ディナーショー[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f ENAK SUMiRE STYLE ショー作家 草野旦”. www.sankei.co.jp. 2020年12月27日閲覧。
  2. ^ 鴨川清作の代表作、演出のみを担当
  3. ^ 内海重典制作、横澤英雄岡田敬二と共同で構成・演出を手掛けた
  4. ^ 1998年に全国ツアーで再演(主演:愛華みれ)
  5. ^ 構成・演出のみを担当
  6. ^ 2002年に中日劇場で続演、2002年に『サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ』として中国公演で再演、2003年に『サザンクロス・レビューIII』として全国ツアーで再演(主演:湖月わたる)
  7. ^ a b 小林公平原案
  8. ^ 月組は『タカラヅカ絢爛II』として一部の構成を変えて続演
  9. ^ 2005年に全国ツアーで続演
  10. ^ 2009年に『Red Hot Sea II』として全国ツアーで再演
  11. ^ 2010年に全国ツアーで続演
  12. ^ 2001年に全国ツアーで再演