草野満代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
くさの みつよ
草野 満代
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 岐阜県恵那郡福岡町(現:中津川市[1]
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1967-02-04) 1967年2月4日(52歳)
血液型 B型
最終学歴 津田塾大学学芸学部数学科
所属事務所 セント・フォース
職歴 日本放送協会(1989年 - 1997年2月)
TBSテレビ[2](1997年10月 - 2006年9月)
活動期間 1989年 - 現在
ジャンル 報道番組
情報番組
バラエティ番組
公式サイト 草野満代プロフィール
担当番組・活動
現在 草野満代 夕暮れWONDER4
過去NHKニュースおはよう日本
NHK紅白歌合戦
筑紫哲也 NEWS23』等
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

草野 満代(くさの みつよ、1967年2月4日 - )は、フリーアナウンサー

来歴[編集]

岐阜県恵那郡福岡町(現:中津川市)出身[1]岐阜県立恵那高等学校理数科、津田塾大学学芸学部数学科卒業後の1989年日本放送協会入局。研修後、金沢放送局に赴任。ローカルニュース番組やラジオ番組を担当。赴任2年目に地元の高校野球の取材を行い、高校1年時に当時:星陵高校に在校してた、元ニューヨーク・ヤンキース松井秀喜に取材を行っており[3]、後年に放送センター異動後、スポーツ番組担当時に取材現場にて再会している[3]。また、当時の金沢放送局の上司の方針により、女性アナウンサーであるが、全国高等学校野球選手権石川大会3回戦のラジオ実況中継を担当した。 1991年、東京アナウンス室へ異動し、主に『おはよう日本』、『サンデースポーツ』のキャスター[4][5]や『紅白歌合戦』の総合司会を担当した。

1997年1月、NHK在局中からTBSテレビとのキャスター専属契約のニュースがスポーツ新聞発で報道され[6]、当時:放送総局長であった斎藤暁の指示で担当番組を降板し[7][8][9][10]、結果ゴシップ騒動に発展した後に同年2月12日付にてNHKを退職[11]。以後、セント・フォース業務提携して約半年間のブランクの後、同年10月に専属契約を結んだTBSテレビにて『筑紫哲也 NEWS23』のサブキャスターを担当。以後、2006年9月22日放送分迄同番組に出演。また、同じ期間内に同局の朝の情報番組を担当した。

番組降板以後、他局の夕方のワイド番組を担当[12]。2018年4月から、自身初のラジオ番組のメインパーソナリティを務めている[13]

また、アナウンサー以外の活動として2009年4月2日、法テラス理事[14]や2012年12月1日に文部科学省日本ユネスコ国内委員会委員[15]等の各種官公庁の有識者会議のメンバーを務めた。

人物[編集]

  • 母親が着物の着付けが出来たため、草野自身も着付け教室に通って習得し自身でも着付けが可能であり[16]、きものコンサルタントの資格も所持してるので、和装で公の場に出る事がある[17]。また、茶道を嗜んでおり、月1位で御稽古に通っている[18]。。
  • 初めて行った海外旅行は、大学3年のときのインドネパールである。またオリエント急行に乗って、ウィーンプラハブダペストブカレストに行き、名所や旧跡、美術館を巡った。その他、各種講演などもしている。また休日は家でワインを嗜んだり、陶磁器を収集している。

出演番組[編集]

現在[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

過去[編集]

NHK金沢放送局時代[編集]

ラジオ[編集]

NHK放送センター時代[編集]

TBSテレビ専属契約時代[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

著作[編集]

  • 『ニュースキャスターの本音』(小学館、2001年)ISBN 409403076X
  • 佐藤令宜・草野満代著、梅原猛監修『古寺巡礼京都.22』(淡交社、2008年)ISBN 9784473034922

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “岐阜新聞・岐阜放送懇談会 言葉に気持ち込めて(東濃新春例会) フリーアナウンサー・草野満代さん”. 岐阜新聞. (2018年1月26日). https://www.gifu-np.co.jp/tokusyu/seikon/20180126-20968.html 2018年12月1日閲覧。 
  2. ^ 専属契約扱い
  3. ^ a b “松本秀夫 プロ野球実況中継 松井秀喜氏を悩殺、原監督を指導!? 草野満代さん、おそるべし!”. 夕刊フジ. (2018年11月15日). http://www.zakzak.co.jp/spo/news/181115/spo1811150003-n1.html 2018年12月1日閲覧。 
  4. ^ 20代半ばの若かりし頃の草野満代“お宝写真””. ニッポン放送 (2018年10月23日). 2018年11月22日閲覧。
  5. ^ 原辰徳と松井秀喜が語る草野満代像とは?”. ニッポン放送 (2018年11月12日). 2018年11月22日閲覧。
  6. ^ 草野アナ浪人へ NHKとの正面衝突避けた? スポーツニッポン 1997年1月29日付け
  7. ^ サンデースポーツ・サタデースポーツ降板命令 草野アナ事実上の解雇通告 スポーツニッポン 1997年1月30日付け
  8. ^ 局の肩書もう使わせん!! NHK草野アナ講演も降板 中日スポーツ 1997年2月1日
  9. ^ 草野アナ なごやで12日講演 中日スポーツ 1997年2月2日付け
  10. ^ NHK斎藤放送総局長 草野アナ批判 公共放送に身を置く自覚がない!! 中日スポーツ 1997年2月4日付け
  11. ^ 未知の世界にチャレンジしたかった 草野アナ NHK退職会見 スポーツニッポン 1997年2月13日
  12. ^ 草野満代、6年ぶり帯番組司会に「細胞が活性化」と意欲”. オリコン (2012年9月24日). 2018年11月1日閲覧。
  13. ^ “草野満代アナ、ラジオ初のレギュラーパーソナリティーに「ありのままの50代を伝えていけたら」”. スポーツ報知. (2018年3月14日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180314-OHT1T50120.html 2018年3月14日閲覧。 
  14. ^ 法テラス理事に草野満代さん”. 法テラス (2009年6月17日). 2018年11月1日閲覧。
  15. ^ 日本ユネスコ国内委員会委員名簿”. 文部科学省 (2012年9月11日). 2018年11月1日閲覧。
  16. ^ #132 おなじ場所でも楽しまなきゃソンソン♪”. 草野満代 夕暮れWONDER4ニッポン放送) (2018年11月16日). 2018年12月1日閲覧。
  17. ^ 茶道裏千家淡交会青年部サマコンにパネラー参加”. 小宮山泰子 (2005年7月23日). 2018年12月1日閲覧。
  18. ^ Summer Conference 青年茶人よ 世直しの尖兵たれ! 7月23日(土)”. 一般社団法人 茶道裏千家淡交会 (2005年7月23日). 2018年12月1日閲覧。