荏田北

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荏田北
—  町丁  —
荏田北一丁目交差点
荏田北の位置(横浜市内)
荏田北
荏田北
荏田北の位置(神奈川県内)
荏田北
荏田北
荏田北の位置
座標: 北緯35度33分35.82秒 東経139度32分37.14秒 / 北緯35.5599500度 東経139.5436500度 / 35.5599500; 139.5436500
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
青葉区
面積[1]
 - 計 0.514km2 (0.2mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 5,204人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 225-0015[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

荏田北(えだきた)は、神奈川県横浜市青葉区の地名。現行行政地名は荏田北一丁目から荏田北三丁目。住居表示未実施区域。郵便番号は225-0015[3]

地理[編集]

青葉区東部に位置する。東は荏田町荏田西、西・南は市ケ尾町、北はあざみ野南みすずが丘と接している。全域が東急によって開発された東急多摩田園都市の住宅街となっており、旧荏田町の中でもやや高台の区域となっている。地域の東から南にかけて東急田園都市線が通り、荏田北三丁目に隣接して江田駅がある。また、荏田北二丁目は「荏田北二丁目まちづくり協定」により守られたレンガ作りの街並(通称:レンガ通り)が形成されている。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、荏田北2丁目16番32の地点で31万1000円/m2となっている。[5]

歴史[編集]

1977年に区域内にある大入公園付近で横浜米軍機墜落事件が発生している。

地名の由来[編集]

荏田町のうち東急電鉄田園都市線の北側に位置することから「荏田北」とした。また、荏田に関しては「エダ」という言葉が「湿田」を意味しており、それが由来と言われる。

沿革[編集]

  • 1868年慶応4年)6月17日 廃藩置県により神奈川府を設置。神奈川府都筑郡荏田村となる。
  • 1868年(明治元年)9月1日 神奈川府が神奈川県となり、神奈川県都筑郡荏田村となる。
  • 1889年(明治22年) 都筑郡石川村、黒須田村と合併し、都筑郡山内村大字荏田となる。
  • 1939年昭和14年)4月1日 横浜市に編入し、新市域の一部より港北区となる。また、大字が町となり、横浜市港北区荏田町となる。
  • 1969年(昭和44年)10月1日 港北区から緑区が分区。横浜市緑区荏田町となる。
  • 1978年(昭和53年)4月29日 横浜市緑区荏田町の一部より、横浜市緑区荏田北一丁目~荏田北三丁目を新設。
  • 1994年平成6年)11月6日 港北区と緑区の各一部を再編し、青葉区と都筑区を新設。横浜市青葉区荏田北一丁目~荏田北三丁目となる。

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前(各町名ともその一部)
荏田北一丁目 昭和53年4月29日 荏田町
荏田北二丁目
荏田北三丁目

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
荏田北一丁目 796世帯 1,969人
荏田北二丁目 737世帯 1,548人
荏田北三丁目 705世帯 1,687人
2,238世帯 5,204人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
荏田北一丁目 全域 横浜市立市ケ尾小学校 横浜市立もえぎ野中学校
荏田北二丁目 全域
荏田北三丁目 1番地の1〜11
2番地〜終り
1番地の14〜19 横浜市立山内小学校 横浜市立山内中学校
その他 横浜市立荏田小学校 横浜市立荏田南中学校

施設[編集]

保育
  • 荏田保育園
  • 荏田北保育園
公園
  • 小黒公園
  • 大入公園
  • 稲荷谷公園
  • 長谷第一公園
医療機関
  • SKメディカルプラザ
  • 青葉区メディカルセンター
商業施設

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

東急バスみすずが丘バス停(みすずが丘)が利用できる。
  • あ72系統あざみ野駅~みすずが丘~あざみ野ガーデンズ)※朝夕
  • あ73系統(あざみ野駅←みすずが丘←あざみ野ガーデンズ←黒須田←あざみ野駅)※日中
  • あ74系統(あざみ野駅→みすずが丘→あざみ野ガーデンズ→黒須田→あざみ野駅)※日中

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。