荏開津典生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

荏開津 典生(えがいつ ふみお、1935年4月 - )は、日本の農業経済学者東京大学千葉経済大学名誉教授岐阜県出身。

1959年東京大学農学部農業経済学科卒。1963年東京大学大学院社会科学研究科博士課程中退。経済企画庁勤務を経て、東京大学農学部教授となる。1970年、「農産物および工業製品の需要供給と価格」により農学博士(東京大学)。 1996年より千葉経済大学経済学部教授となり、経済学部長、第二代学長を務めた[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『農業統計学』(明文書房、1985年)
  • 『日本農業の経済分析:習慣形成・技術進歩・インフレーション』(大明堂、1985年)
  • 『農政の論理をただす』(農林統計協会、1987年)
  • 『日本人と牛肉』(岩波ブックレット、1988年)
  • 『「飢餓」と「飽食」:食料問題の十二章』(講談社選書メチエ、1994年)
  • 『農業経済学』(岩波書店、初版1997年、第2版2003年、第3版2008年)
  • 『明快ミクロ経済学』(日本評論社、2000年)
  • 『明快マクロ経済学』(日本評論社、2002年)

共著[編集]

  • 生源寺眞一)『こころ豊かなれ日本農業新論:21世紀の食と農と環境を考える』(家の光協会、1995年)
  • (時子山ひろみ)『フードシステムの経済学』(医歯薬出版、初版1998年、第2版2000年、第3版2005年、第4版2008年、第5版2013年)
  • (時子山ひろみ)『世界の食糧問題とフードシステム』(放送大学教育振興会、2003年)
  • 鈴木宣弘)『農業経済学』(岩波書店、第4版2015年)

編著[編集]

  • 加藤譲)『インフレーションと日本農業』(東京大学出版会、1978年)
  • 津端修一)『市民農園:クラインガルテンの提唱』(家の光協会、1987年)
  • (藤谷築次)『概説現代の日本農業』(家の光協会、1991年)
  • (樋口貞三)『アグリビジネスの産業組織』(東京大学出版会、1995年)
  • (中安定子)『農業経済研究の動向と展望』(富民協会、1996年)

訳書[編集]

  • ローズマリイ・フェネル『ECの共通農業政策』(柘植徳雄との共訳、大明堂、1989年)
  • ローズマリー・フェネル『EU共通農業政策の歴史と展望:ヨーロッパ統合の礎石』(監訳、食料・農業政策研究センター、1999年)

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『農業経済学』(岩波テキストブックス)の著者紹介