荒井香織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

荒井 香織(あらい かおり、1981年12月15日 - )は、日本舞台女優兵庫県宝塚市出身。所属は劇団四季→有限会社サウンドウェイ。

人物・略歴[編集]

  • 兵庫県宝塚市の出身である。
  • 4歳より地元の子供ミュージカル教室に通い、小学校の頃から本格的にクラシックバレエを始めた[1]
  • 桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業公演「おぐり・OGURI」ではヒロイン照手姫を演じた[2]
  • 2002年劇団四季研究所に第40期として入所した。
  • 入団以前に「オペラ座の怪人」を観てメグ・ジリー役に憧れて四季に入団し[3]、実際にメグ・ジリー役を2004-2009の5年にわたって演じ続けた。
  • 「オペラ座の怪人」メグ・ジリー役は2004年福岡公演で初登場以来、退団するまで、同福岡公演千秋楽、2005-2007年東京汐留公演 初日・千秋楽、2007-2009年大阪公演 初日・千秋楽、と主要な公演全てに登板する。
  • キャッツ」シラバブ役は2004年11月東京、五反田公演初日に初登場した。その際、ジェニエニドッツ役の故・服部良子と共に女性雑誌に30時間にわたる密着取材を受けた[4]

出演作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 劇団四季公演パンフレット、「La Harpe」2005.Jan“いつもここから”vol.10
  2. ^ 桐朋芸術短期大学芸術科演劇専攻三十五期卒業公演パンフレット
  3. ^ 日経BPムック「オペラ座の怪人 パーフェクトガイド」インタビュー
  4. ^ 女性セブン平成16年12月16日号