荒尾成尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
荒尾成尚
時代 江戸時代
生誕 明和3年(1766年
死没 文政6年1月2日1823年2月12日
改名 駒之助(幼名)→成高→成尚
別名 修理、近江、内匠介(通称
戒名 謙徳院殿俊翁大圓淨覺大居士
墓所 鳥取県米子市の了春寺
主君 池田治道斉邦斉稷
鳥取藩家老
氏族 荒尾氏
父母 父:荒尾成煕
兄弟 成尚、鵜殿長泰、津田元謨
正室:幸子(池田政喬の娘)
成緒、成韶、成孝

荒尾 成尚(あらお なりなお)は、江戸時代後期の鳥取藩家老。米子荒尾家8代。

経歴[編集]

明和3年(1766年)、鳥取藩家老荒尾成煕の長男として生まれる。

天明7年(1787年)9月、成熙の死去により家督相続し、米子城代となる。寛政元年(1793年)3月、幕府巡見使(石尾七郎兵衛、花房佐五郎、小浜平太夫)が米子を通過することなり、米子入りしてその供応にあたった。[1]

寛政6年(1794年)2月、岡山藩家老池田政喬の娘と結婚する。同年12月、御職家老(執政家老)となる。寛政7年(1795年)7月、嫡男の駒之助(成緒)が誕生する。寛政8年(1800年)、御根取となる。

寛政12年(1800年)2月、藩主池田斉邦が将軍徳川家斉の面前で元服した際に、ともに登城し将軍に拝謁する。文化4年(1807年)8月、藩主斉邦死去により江戸に出府する。10月、新藩主となった斉稷が将軍家斉の面前で元服した際、ともに登城し将軍に拝謁する。

文政元年(1818年)8月、隠居して家督を成緒に譲る。文政6年(1823年)1月2日死去、享年57。

脚注[編集]

  1. ^ 『因府年表 続篇下』

参考文献[編集]

  • 『因府年表』

関連項目[編集]