荒川友康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
荒川 友康 Football pictogram.svg
名前
カタカナ アラカワ ユウコウ
ラテン文字 ARAKAWA Yuko
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1970年5月2日(46歳)
出身地 千葉県
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

荒川 友康(あらかわ ゆうこう、1970年5月2日 - )は、千葉県出身のサッカー指導者。

来歴[編集]

1993年より、アルゼンチンへ渡り、2001年秋に帰国。翌年、2002日韓ワールドカップではアルゼンチン代表チームにリエゾンとして帯同する。その後、滝川第二高校での指導を経て、2005年からジェフユナイテッド千葉の下部組織などでコーチを歴任した。

2011年FC町田ゼルビアへ移り、2012年はトップチームのコーチを務めた。2013年京都サンガF.C.に移り、U-15監督を経て、翌2014年京都サンガF.C.トップチームのコーチに就任[1]。同年6月、バドゥ監督解任に伴い、トップチームを離れ普及部コーチに就任した。

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 荒川友康U-15監督 トップチームコーチ就任のお知らせ京都サンガF.C.オフィシャルサイト、2014年1月15日

関連項目[編集]