荒川水循環センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
荒川水循環センター

荒川水循環センター(あらかわすいじゅんかんセンター)は、埼玉県戸田市にある県営の下水処理場。流域下水道としては、日本最大規模の水循環センターとなっている。

概要[編集]

荒川左岸南部流域下水道が担当するさいたま市川口市戸田市蕨市上尾市の下水処理を行っている[1]埼玉県下水道公社が維持管理を行う。

新大宮バイパス直下に鴨川幹線、第二産業道路直下に芝川幹線、東京外環自動車道直下に南部幹線、その他荒川南幹線、南部北幹線、鴨川第三準幹線などが設置されている。

処理場の上部には2010年に荒川水循環センター上部公園がオープンした[2]。周辺には荒川第一調節池がある。

沿革[編集]

  • 1966年(昭和41年)3月 - 事業着手。
  • 1972年(昭和47年)10月 - 埼玉県初の流域下水道終末処理場として荒川処理センターが供用開始[1][3]
  • 2000年(平成12年) - さいたま新都心再生水利用施設が運用開始。
  • 2003年(平成15年) - 芝中継ポンプ場運転開始。
  • 2006年(平成18年) - 荒川水循環センターに改称。
  • 2018年(平成30年)7月10日 - 処理場上部の公園が全面オープン。

所在地[編集]

  • 戸田市笹目5丁目37番地の14

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯35度48分46.9秒 東経139度38分30.3秒