荒川湾岸橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
首都高速B号標識
荒川湾岸橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 東京都江東区江戸川区
交差物件 荒川
建設 -1975
構造諸元
形式 トラス橋
材料
全長 840 m
45.5 m
最大支間長 150 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

荒川湾岸橋(あらかわわんがんきょう)は東京都江東区新木場江戸川区臨海町の間の荒川(荒川放水路)に架かる首都高速湾岸線である。 両側に隣接して荒川河口橋が架かる。荒川河口橋開通直後の7月16日の交通量は212900台と1.8パーセント緩和してきている[1]

概要[編集]

東日本大震災での損傷[編集]

トラス部材が損傷し、2011年3月11日から21日まで補修工事のため通行止めとなった。 [4]

隣の橋[編集]

(上流) - 清砂大橋 - 荒川河口橋 - 荒川湾岸橋 - 荒川橋梁 - (下流)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “荒川河口橋の完成で葛西橋の渋滞3分の1に”. 日本経済新聞 地方経済面 東京 (日本経済新聞社): p. 15. (1996年7月31日) 
  2. ^ a b c 長大ゲルバートラス橋の耐震補強概要 (PDF) - 土木学会、2015年8月25日閲覧。
  3. ^ a b c 橋梁年鑑 荒川湾岸橋 詳細データ - 日本橋梁建設協会 橋梁年鑑データベース、2014年11月1日閲覧。
  4. ^ Car Watch 首都高、東日本大震災によって29個所の施設が被災 2011年6月8日閲覧

座標: 北緯35度38分50秒 東経139度50分44秒 / 北緯35.64722度 東経139.84556度 / 35.64722; 139.84556