荒川総合運動公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荒川総合運動公園

荒川総合運動公園(あらかわそうごううんどうこうえん)は、埼玉県さいたま市桜区在家にある運動場である。各種大会などに使用される。略称は荒総(あらそう)。旧称は浦和市・与野市荒川総合運動公園

概要[編集]

荒川の堤外地に建設された15ヘクタールの大規模な運動場である。旧浦和市の時代に市民の健康維持増進と、レクリエーション施設の充実を目的に与野市と共同で整備され、1989年(平成元年)4月に浦和市・与野市荒川総合運動公園として開設した。開設当初は公園の南側を浦和市、北側を与野市が使用していた。その後、浦和市が与野市・大宮市と合併したことに伴い、2001年さいたま市荒川総合運動公園に改称した。一時期さいたま市花火大会の会場になっていたが、スーパー堤防の築堤を始めたことから、現在は3会場に分かれている。 堤外地は地名が入り組んでおり、大部分が桜区宿にあり、在家五関などが飛び地として点在する。公園管理事務所は在家にある。

設備[編集]

  • サッカー場(芝生1面、他2面)
  • テニス場(南側に16面、北側に8面)
  • 野球場(南側に2面、北側に3面)
  • ソフトボール兼少年野球場(四面)
  • 多目的広場(芝生)
  • 駐車場750台(無料、利用時間午前9時~午後5時)

アクセス[編集]